あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
ブーリン家の姉妹
2008 アメリカ, イギリス  洋画 ラブロマンス 文芸・史劇
作品のイメージ:感動、おしゃれ、ためになる
出演:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ、ジム・スタージェス

ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナの3人の好演が必見、そしてテューダー朝の宮廷生活が絵画のように見事に描かれた作品。 16世紀のイングランド、ヘンリー八世(エリック・バナ)の最大の関心事は自分の世継をもうけることであった。そして、一族の出世のために自分の娘アン(ナタリー・ポートマン)を差し出す新興貴族のトーマス・ブーリン卿。しかし、ヘンリー八世の心を最初に射止めたのは、アンの妹のメアリー(スカーレット・ヨハンソン)の方。勝ち気なアンと清純な雰囲気が漂うメアリー、二人は姉妹でありながら「王の世継を産む」という一つの目的のために愛憎劇を繰り広げ、二人の運命は時代の流れに翻弄されていく・・といった感じのストーリー。そして、ヘンリー八世から王位を継承したのは・・。

原題は、”The Other Boleyn Girl”(もう一人のブーリン家の娘)。つまり、メアリーのこと。アン・ブーリンは歴史的にも有名であるが、妹のメアリーもヘンリー八世の寵愛を受けていたことはあまり知られていなかったことから、このタイトルがつけられたのだろう。史実に100%忠実というわけではなく多少の脚色はされているようだが、姉妹の確執と絆が光と影が交錯するような感じでよく映し出されている。女性の立場としては、世継を産むための道具のように扱われていた当時の女性たちを気の毒に思うと同時に、そんな厳しい時代を生きた二人の女性に双方から感情移入することができた。

ケイト・ブランシェットの「エリザベス」「エリザベス:ゴールデン・エイジ」に高評価をつけた私(女性)の評価は、★4.3。ドロドロとした覇権が渦巻く世界が感じとれるだけではなく、ラブ・ロマンスも盛り込まれ、二人の女性の微妙な心の動きが精緻に描写されているところも見どころ。本作も上記の2作品同様、史劇としてだけではなくドラマとしても奥深い逸品だと思う。エリック・バナは、どちらかというと今回は脇役であるヘンリー八世を、二人の女性を盛り立てる感じの程好いテンションで演じている。なので、作品のイメージは、このジャケットがそのまま表していると言えるだろう。欲を言えば、当時の時代背景である政治的要素はたっぷりなのだが、ヨーロッパ人ではない私には、宗教的な説明要素がもう少し必要だったような(でも、2時間以内に収められた作品だし、そこまで要求するとドラマのピントがボケてしまうかもしれませんね)。
レッドクリフ -Part I-

2008 アメリカ, 中国, 台湾, 韓国 洋画 アクション 文芸・史劇
作品のイメージ:カッコいい、ドキドキ・ハラハラ、スゴイ
出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン

(劇場で観ました。)製作費100億円を投じた、壮大なスケールの歴史アクション・スペクタクル。三国志「赤壁の戦い」のパートI。パートIIもあるので、本作で話は完結しない。作品のイメージは、一言で言えばいかにもジョン・ウー的な作品。アクションの部分は、「M:I-2」の後半を彷彿とさせるバトルのスロー・モーションが多用。お決まりの白い鳩も登場(余程好きなんでしょうね)。

ストーリーは、どちらかというと周瑜(トニー・レオン)と孔明(金城武)にスポットが当てられている。この描き方では、曹操ファンの方の中には不満を感じる方もおられるかもしれない。張飛は、思いっきり「張飛ぶり」を発揮(隣に座っていた人が張飛ファンだったらしく、笑いながらやたら盛り上がっていました)。趙雲役の人とトニー・レオンの顔が似ているので、武装するとどっちがどっちか見分けがつかなかった。孫権の妹である尚香はサバサバ・テキパキした聡明な女性で、とても魅力を感じた。周瑜の妻である小喬は「絶世の美女」と言われていたけど、フツーにきれいな感じ。中村獅童は、勇敢な武人(甘興)役を好演。

そもそも、パートIとパートIIに分ける必要はどこにあるのだろうか。パートIを観てしまったらパートIIも観るしかないけど、これでパートIIが何かの理由で公開にならなかったら大笑い。ストーリーはシンプルだから、しばらく間が空いてもすぐ入っていけると思うけど、誰がどの役だったか忘れてしまいそう(ちなみに、パートIIは2009年4月に劇場公開予定だそうです)。★3.3
ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝

2008 アメリカ 洋画 アクション アドベンチャー
作品のイメージ:カッコいい
出演:ブレンダン・フレイザー、ジェット・リー、マリア・ベロ、ルーク・フォード

前作の「黄金のピラミッド」はそこそこ楽しめたのだが、本作はやや残念
な感じ。エヴリン役がレイチェル・ワイズではない、ハムナプトラの舞台
はやはりエジプトじゃないと雰囲気が出ない、中国が舞台なのでアナクス
ナムン(今考えると彼女の存在感は大きかったと思います)が出ていな
い・・などなど(それを承知で劇場まで観に行ったわけですが)。

オコーネル夫妻の息子アレックスが中国で発掘調査に参加していて、皇帝
陵を発見。そして皇帝と兵馬俑が復活してしまう・・さてオコーネル・フ
ァミリーは・・といった感じのストーリー。皇帝(ジェット・リー)と皇
帝に自分の愛する人を殺されて復讐する呪術師(ミシェル・ヨー)のバト
ルも、あまりスゴさを感じなかった。

今回はミイラに兵馬俑を持ってきたというアイデアは、確かにおもしろい。
退屈はしなかったし、スケールの大きさは堪能できた。アクションは目が
回るほどスピード感がありすぎて・・もっと後ろの席に座ればよかったの
かなぁ。

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.