あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
ランド・オブ・ウーマン/優しい雨の降る街で

2006 アメリカ 洋画 ラブロマンス ドラマ
作品のイメージ:ほのぼの、切ない、おしゃれ
出演:アダム・ブロディ、クリステン・スチュワート、メグ・ライアン、オリンピア・デュカキス、マッケンジー・ヴェガ

内容も然ることながら、美しい映像と音楽に魅せられた作品。雄大な景色というわけではないが、日常の中にあるものが色彩豊かに撮られている。カーテンの柄、花が咲き乱れる庭、登場人物のカジュアルな服装などなど・・何気ないものの美しさが、映像の随所に感じられる。音楽も秀逸。サントラの購入も検討中(輸入盤しかないようですが)。

ストーリーは、ジャケットのイメージとは違い、地味なドラマ。しかし、その地味さの中にも緩やかな温かみが感じられる。新進の脚本家カーター(アダム・ブロディ)は、祖母の面倒を見るためにミシガン州の郊外の町へと引っ越す。そして、その町で美しい母娘(メグ・ライアン/クリステン・スチュワート)と出会う。カーターと祖母、カーターと隣人母娘の「心の対話」を描いたもののように思う。

メグ・ライアンは、こういう落ち着いた役が似合うようになってきた。クリステン・スチュワートは初めて見るが、カメラ映えする「きれいな子」という感じ。「The OCオー・シー」シリーズや「Mr.&Mrs.スミス」にも出演しているアダム・ブロディは、この作品でも好印象。

全体として、単調なリズムが少し気になるところではあるが、観て後悔しないというレベルには達している(ゆったりとした時間を過ごしたいときに、映像や音楽も含めて、しみじみと味わえる一篇です)。★2.8
スポンサーサイト
- | 06:56 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/99
JUGEMテーマ:映画 制作年:2006年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場未公開  上映時間:98分  原題:IN THE LAND OF WOMEN  配給:ワーナー・ホーム・ビデオ  監督:ジョン・カスダン  主演:アダム・ブロディ       クリステン・スチュワー
La.La.La | 2009/02/14 7:08 PM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.