あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
上海の伯爵夫人

2005 イギリス, アメリカ, ドイツ, 中国 洋画 ミステリー・サスペンス ラブロマンス
作品のイメージ:感動、切ない、おしゃれ
出演:レイフ・ファインズ、ナターシャ・リチャードソン、真田広之、ヴァネッサ・レッドブレイヴ

1930 年代の上海を背景に、ロシアから亡命してきた伯爵夫人ソフィア(ナターシャ・リチャードソン)と視力を失った元外交官ジャクソン(レイフ・ファインズ)の愛を静かなタッチで描いた作品。二人の心が結び付いていく様子が、身体的な触れ合いからではなく、二人の表情や言葉からひしひしと感じられる。原題の “The White Countess(白い伯爵夫人)”とは、ジャクソンが開店するナイトクラブの名前。

主演の二人にも勝るとも劣らない真田広之の好演が、印象に残る。中国政府から一目置かれた存在のマツダ(真田広之)の祖国日本を思う心とジャクソンとの友情が、この作品を渋い色合いにまとめ上げている(「恐れられる」というほど脅威的な感じはしませんでしたが・・)。また、ヴァネッサ・レッドグレイブとリン・レッドグレイブも姉妹で出演しているというキャスティングには、ちょっとビックリ(俳優一家なんですね)。

「ラスト、コーション」を思わせるような美しい音楽と上海の映像が、作品の格を上げている。また、煌びやかなドレスとナイトクラブが、退廃的なムードの中にも艶やかで魅惑的な雰囲気を醸し出している。当時の上海の多国籍なイメージもちゃんと織り込まれているところも、ぬかりがない。盛り上がりはあまりないし、「ラスト、コーション」ほどの濃密さもない。しかし、しっとりした落ち着いたトーンでの運びの中にもじんわりと心に迫ってくるものがある。さすがはジェームズ・アイヴォリー監督!・・と納得できる(彼の作品ではE.M.フォースターの小説を映画化した「ハワーズ・エンド」と「眺めのいい部屋」も好きです。あ、「モーリス」もそうでした)。泣けるほどの傑作ではないが、良作と呼べる範囲に入る作品ではないか。

日本人である真田広之が海外の映画でがんばっているのを見ると、なんだか嬉しい気分になってエールを送りたくなる(ますますご活躍くださいませ)。★3.5
スポンサーサイト
- | 15:22 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/97
{{{   ***STORY***      2005年  イギリス・アメリカ・ドイツ・中国 1936年、上海。ロシア革命によって、ロシアからの亡命を余儀なくされた美しき未亡人ソフィア・ベリンスカヤ伯爵夫人(ナターシャ・リチャードソン)は、家計を支えるため、ク
Cartouche | 2009/02/10 11:18 PM
17日、今年初の映画館での鑑賞です♪ 欲張って、二本立てです。
☆お気楽♪電影生活☆ | 2009/02/11 11:08 AM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.