あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
ユメ十夜

2006 日本 邦画 ドラマ ファンタジー
作品のイメージ:笑える、切ない、怖い、スゴイ
出演:松尾スズキ、小泉今日子、香椎由宇、阿部サダヲ、山本耕史

漱石の短編集「夢十夜」のオムニバス・ムービー。毎晩2夜ずつくらい鑑賞しようかと思っていたら、意外に引き込まれてしまい一気に観てしまった作品。独自の解釈や脚色が施されている部分も多いので、漱石ファンの方の中には違和感を感じる方もおられるかもしれない。しかし、これはこれとして楽しんでもいいのでは・・という気もする。原作の再読意欲をかき立ててくれる、不思議な世界にトリップできる、豪華なキャスト、いろんな監督の作品が楽しめる、という意味では、かなりお得な一本ではないか。

但し、それぞれ監督が違うだけに、良かったと思える作品とそうでないものとの開きが大きい。それぞれの評価・コメントは:

第1夜(★3):幻想的な世界に浸れるが、百年の愛の深さの演出がちょっと足りない感じ。「ツィゴイネルワイゼン」は良かった。
第2夜(★5):市川崑監督作品(モノクロ映像)。深いテーマがシンプルに表現されている。
第3夜(★2):怖さがあまり伝わってこない。原作では第3夜がいちばん気に入っているので、期待の方が大きかったか。
第4夜(★4):昔体験したことが夢に出てくるという懐かしい感覚が味わえる。
第5夜(★2):「天探女」のデフォルメがちゃちいような。
第6夜(★5)松尾スズキ監督作品(モノクロ映像)。テンポが良い。ダンスと音楽も楽しめる。
第7夜(★4):3Dアニメで、何故か英語。色彩が豊かで映像がすばらしい。
第8夜(★2):自由奔放なイメージが展開される。左脳ではなく右脳で感じてほしいということか。
第9夜(★3):ソツがない描き方だが、漱石の「夫婦」のコンセプトとは違うかも。
第10夜(★1):ほとんどお笑いの世界。お笑いは好きだけど、これはちょっとやり過ぎ。

・・というわけで、第2夜と第6夜が良かった。特に、第6夜がダントツ。第6夜でTOZAWAのダンスが観れたのは、(かなり個人的趣味になりますが)自分にとってボーナスだった。あと、プロローグ・エピローグは別に必要ないのではという気が。

総じて、評価は★3.6(上記平均+TOZAWAのダンスが楽しめた分のボーナス0.5)。
スポンサーサイト
- | 13:15 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/96
予告編からしてわけわかんなさそうだったけど、やっぱりそのまんまでした(笑)。でも、10人の監督が夏目漱石の短編集「夢十夜」の映像化に挑んだ意欲作?です。出演者も個性的な俳優さんたちが勢揃いなのでワタシ的にはこの映画を観たってだけでもけっこう満足度アリかな
カノンな日々 | 2009/02/04 10:04 AM
☆☆★(5点/10点満点中) 2007年日本映画 監督・実相寺昭雄、市川崑、清水崇、山下敦弘、ほか ネタバレあり
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] | 2009/02/04 4:09 PM
☆☆☆☆− (5段階評価で 4) 2月11日(祝・日) シネ・リーブル神戸 シネマ3にて 15:45の回を鑑賞。{%meteor_a%}
みはいる・BのB | 2009/02/05 12:03 AM
【鑑賞】試写会 【公開日】2007年2月3日 【製作年/製作国】2006/日本 【監督】実相寺昭雄/市川 /清水崇/清水厚/豊島圭介/松尾スズキ/天野喜孝・河原真明/山下 弘/西川美和/山口雄大 【出演】小泉今日子//うじきつよし/中村梅之助/堀部圭亮/香椎由
映画とキャラメル* | 2009/02/05 12:46 AM
こんな夢を見た  作家の百聞と妻のツグミは根津権現裏の家で平穏に暮らしていた。ツグミは土間の茶屋で働き、百聞は机に向かっているが、筆が一向に進まない。それどころか時間が遡っている感覚を覚える。やがてツグミは静かに着物を脱いで横たわり、こう話す。  「
CINECHANの映画感想 | 2009/02/06 1:21 AM
夢を題材にした夏目漱石の異色の短編小説「夢十夜」。漱石自らが「この作品が理解されるには100年かかる」と語ったこの作品を、10人の監督が10の短編映画としてかたちにした作品集。100年目のこの時、ついに夏目漱石のイマジネーションが解明される。 実
5125年映画の旅 | 2009/02/07 7:31 AM
Dreamと行く沖縄ツアー、最少人数に達せず中止。 公式サイト 「こんな夢を見た〜」で始まる、シュールな十夜の夢を描いた短編オムニバス小説、夏目漱石の『夢十夜』を、各夜ごとに別の監督が担当し、それぞれ同じ予算のもとで製作されたオムニバス映画。黒澤明の『
(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) | 2009/02/10 10:51 PM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.