あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
オペラ座の怪人

2004 アメリカ 洋画 演劇・ミュージカル ラブロマンス
作品のイメージ:感動、泣ける、切ない、おしゃれ、スゴイ
出演:ジェラルド・バトラー、エミー・ロッサム、パトリック・ウィルソン、ミランダ・リチャードソン

一言で言えば豪華絢爛。もう既にミュージカルで何度も観たという方でも楽しめる作品。「映画化する必要があるの?」という疑問に対しては、あると思う。ミュージカルでは、たとえ前の席で観たとしても、オーケストラなどが入っていて、遠目からの鑑賞になってしまう。映画だとカメラの力を借りて、自分がステージの上にいるような感覚で楽しむことができる。天才作曲家アンドリュー・ロイド・ウェバーが自ら作曲、脚本、プロデュースを手掛けているだけあって、音楽の質の高さも卓越している。

ミュージカルにはないエピソード(怪人の子供時代の話やクリスティーヌ(ヒロイン)とラウル(ヒロインの恋人)のその後の人生)も加えられている。個人的には、ミュージカルに忠実で良いのではないのかなとは思うが、別に脚色されていても悪くはない。

本作の字幕の誤訳については、結構ネットでも取り上げられているので既にご承知の方も多いと思うが、どうしても許し難いのが下記の点:

≪クリスティーヌが怪人に地下へと連れ去られて、ラウルがクリスティーヌを救うために駆けつけるシーン:怪人/クリスティーヌ/ラウルの三重唱≫で、ラウルは“Don’t throw your life away for my sake”と歌っている。「僕を救うために、君の人生を犠牲にするな」という意味。しかし、訳は「僕を見捨てないでくれ」になっている・・ってことは、ラウルが如何にも情けない男ってこと・・?と思える。「字幕改善委員会」というサイトを見つけたが、ぜひ参加したいと思うほど。

怪人役のジェラルド・バトラーの好演が際立つ。クリスティーヌ役のエミー・ロッサムもヒロインの清らかなイメージと合っている。ラウル役のパトリック・ウィルソンは、「リトル・チルドレン」の時と印象が違う(「ハード・キャンディ」にも出演しているようなので、「ハード・キャンディ」での演技も見てみたい)。3人とも吹替なしだなんて、すごい歌唱力!

哀しくも美しい愛の物語・・とびきりのラブ・ロマンス。★4.3
スポンサーサイト
- | 19:28 | - | - | - | - |
コメント
from: ミチ   2009/02/01 4:14 PM
こんにちは♪
たくさんのTBをありがとうございました。

いきなり歌いだすミュージカルってどうも苦手なジャンルなんですけど、数をこなすことによって随分慣れて楽しめるようになってきました。
ジェラルドがとってもセクシーでロックで、人気がブレイクしたのも分かりますね〜。
from: あず沙   2009/02/01 4:29 PM
ミチさん、こんにちは。こちらこそ、コメントありがとうございます。確かに、いきなり歌からの映画って、序盤は入りづらいですよね〜。おっしゃる通り、ジェラルドがとってもすてき☆ 最後の三重唱では画面に引き込まれるような感じがして、とても感動しました。DVDも購入しちゃいました。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/92
多くの方に愛されているこの映画、ず〜〜〜っと観たかったのやっと観られて嬉しいなってことで、今年初の映画感想は、魅惑のミュージカル映画で〜す^^・【story】19世紀のパリ、オペラ座に住む伝説の男ファントム(ジェラルド・バトラー)の仕業とされる怪事件が多発
★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2009/02/01 2:53 PM
 1919年のパリ。今や廃墟と化したオペラ座で、かつて栄華を極めた品々がオークションにかけられていた。そして、謎の惨劇に関わったといういわく付きのシャンデリアが紹介された瞬間、時代はその悲劇をもたらした1870年代へと舞い戻る――。当時、華やかな舞台でにぎわ
極私的映画論+α | 2009/02/01 4:05 PM
DVDてに「オペラ座の怪人」★★★★ 映画館で見るチャンスがなかったのだけれど、友人が「ぜひ見て頂戴!」とDVDを貸してくれた。彼女が貸してくれなかったらレンタルしてまで見ることはなかったから、彼女に心から感謝です。 さてさて、タモリと同じ理由でミュージカ
ミチの雑記帳 | 2009/02/01 4:10 PM
「オペラ座の怪人」って題名はよく聞いていたし、なんとなくのストーリーは知ってましたが、実はちゃんと見たことがなかったので、すごく楽しみにしてました。 が、この映画って、ほんと歌ばっかりなんですね。{/kaeru_shock1/} ミュージカル映画だとは聞いてましたが
Yuhiの読書日記+α | 2009/02/01 10:56 PM
オペラ座の怪人 通常版2004年度・米・143分 The Phantom of the Opera ■監督:ジョエル・シュマッカー ■製作/脚本/音楽:アンドリュー・ロイド=ウェバー ■出演:ジェラルド・バトラー/エミー・ロッサム/パトリック・ウィルソン/ミランダ・リチャードソン これ
シェイクで乾杯! | 2009/02/01 11:39 PM
「映画の日」2本目。 テーマ音楽は文字にすると、 「ジャーーーン、ジャジャジャジャ・ジャーーーン・・・・」でしょうか。 先週1/29に公開したばかり。 6:30の回で450名くらいのスクリーンで7割くらいの入り。 隣に座った客がマクドナルド買ってきやがってて、ア
★☆ひらりん的映画ブログ☆★ | 2009/02/01 11:44 PM
超有名なロイドウェバー版の「オペラ座の怪人」の映画化。豪華絢爛でした。ファントム役のジェラルド・バトラーの歌声も一般には不評だったようだけれど私はあれで全然おk。むしろあの少しかすれた感じがとっても情感豊かに聞こえる(肉感的で情熱的!)〜…のはCD
いやいやえん | 2009/02/13 2:11 AM
も〜初めに、謝っちゃいます[:悲しい:] ごめんなさ〜い・・・    ・・・申し訳ない・・・ ほんまにすんませ〜んm(_)m 本作のファンの方、多いのですよね・・・[:たらーっ:] ファントムファンも多いのですよね・・・[:ムニョムニョ:] 残念ながら・
UkiUkiれいんぼーデイ | 2009/02/18 4:23 PM
オペラ座の怪人 THE PHANTOM OF THE OPERA 出演: ジェラルド・バトラー, エミー・ロッサム, パトリック・ウィルソン 監督: ジョエル・シュマッカー 舞台版を手掛けた作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバー自身による製作。 オペラ座の絢爛たる舞台を映像化し
MneMe fragments | 2009/02/19 7:35 PM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.