あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
ある愛の風景

2004 デンマーク 洋画 ドラマ ラブロマンス
作品のイメージ:切ない
出演:コニー・ニールセン、ウルリッヒ・トムセン、ニコライ・リー・コス、ベント・マイニング

邦題からは懸け離れた重たい作品(原題はBrodre/Brothers/兄弟)。ハリウッドでリメイクの企画が進んでいるらしい。リメイク版を観る前にオリジナル版を観てみようと思いレンタル。しかし、あまりの「切なさ」「やるせなさ」に、リメイク版を観るべきかと躊躇するほど。敢えてまた胸が締め付けられるような思いを味わうこともないかな・・なんて(でも、結局観てしまうと思います)。

アフガニスタンで夫ミカエルが戦死したと聞かされたサラ(コニー・ニールセン・・「グラディエーター」の時と変わらない美しさです)。サラは、いつしか夫の弟であるヤニックと心を交わすように。子供たちもヤニックに懐いている。その後ミカエルは実は捕虜として生きていていることがわかり、帰還する。しかし、ミカエルは完全に人が変わったようになっていた。戦地でいったい何があったのか・・。

戦地から戻った後のミカエルの凍りついたような表情が、その体験の凄まじさを物語っている。神経をピリピリさせるミカエルにヤニックとの関係を問い詰められて、「何もないのよ。寂しくてキスしてしまっただけ」とつい言ってしまうサラ。(それは言うべきではないですよね。言ってしまったら、ミカエルをさらに追い詰めるだけ。墓場まで持って行くべきだと思いました)。これも、人間の弱さ故ということなのか。

夫婦、家族や兄弟の関係が、戦死の誤報と戦争による心的外傷という要因によって浸食されていく・・そんな様子が映像から効果的に伝わってきて、ずっしりと心に響く。心の奥深いところまで入り込んでくるような入念な描出は、デンマークの鬼才スサンネ・ビア監督の技が光るところ。

一度壊された人間関係は、愛の力により再生できるのか・・と問いかけられているようで、観終わった後にしばし考え込んでしまった。ハリウッドの方では、その辺りに明るい光を照らしてくれることを願う(ちなみに、リメイク版でのサラ役は、ナタリー・ポートマンだそうです)。★3.7
スポンサーサイト
- | 12:48 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/89
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.