あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
4ヶ月、3週と2日

2007 ルーマニア 洋画 ドラマ
出演:アナマリア・マリンカ、ローラ・ヴァシリウ、ヴラド・イヴァノフ、ルミニツァ・ゲオルジウ

果てしなく訳のわからない作品。当時のルーマニアでは中絶手術は違法という状況下で、オティリアがルームメイトのガビツァの中絶手術を手助けするといったストーリー。堕胎した胎児や堕胎のプロセスなど、見たくないものや聞きたくないことで観る者に強烈なショックを与えておきながら、そのショック以上の意味なんて何も無い。チャウシェスク独裁政権という社会的背景も全く関係ない。最後まで我慢して観たが、ただただガビツァに怒りを感じただけ。

何も清廉潔白でいろとは言わない。誰しも過ちを犯す。しかし、しかしである。自分の行動は、自分で責任をとってほしい!周りの人間をこれだけ巻き込んでおきながら「お腹がペコペコ」と言って一人でレストランにいた彼女は、いったいどういう神経をしているのか。どうせなら、オティリアが怒りを爆発させて終幕してほしかった。

それに、音楽が無いのは想定範囲内だが、全体として無駄な会話や無駄な沈黙の時間が多すぎる。これをリアリズムと呼んだらフローベールが泣くであろう。劇場で観なかったことが、せめてもの救いだ。劇場で観ていたら、チケット代をキャッシュバックしてほしいところであった。★0.3
スポンサーサイト
- | 19:52 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/82
あらすじ1987年の冬のある日、チャウシェスク政権下のルーマニアで、大学生のオティリアは寮のルームメイトのガビツァとせわしくなく動き回っていた。寮を出たオティリアはホテルへ行くが、予約が入っていない事を知り、仕方なく別のホテルを取る。またガビツァの代
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2009/02/19 11:12 PM
=== あのナイフの使い道が気になったけど・・・ 『4ヶ月、3週と2日』 === {{{: 【4ヶ月、3週と2日】 4 LUNI, 3 SAPTAMANI SI 2 ZILE 2007 ルーマニア '''監督・製作・脚本''' クリスティアン・ムンジウ   ''
Kaz.Log ☞ Loft Cinema | 2009/02/19 11:48 PM
映画[ 4ヶ月、3週と2日 ]をユーロスペースで鑑賞。 2007年カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞している本作は、前向きに生きた、ひとりの女性の物語。個人の自由が圧倒的に制限されていた社会で、彼女は人として生きるためにある決断をする。 リアリズムに徹し
アロハ坊主の日がな一日 | 2009/02/20 2:03 AM
原題:4LUNI,3SAPTAMANISI2ZILE/4MONTHS,3WEEKSAND2DAYS/4MOIS,3SEMAINES,2JOURS監督・脚本:クリスティアン・ムンジウ出演:アナマリア・マリンカ、ローラ・ヴァシリウ、ヴラド・イヴァノフ、ルミニツァ・ゲオルジウ鑑賞劇場 : 銀座テアトルシネマ公式サイトはこち
NiceOne!! | 2009/02/21 8:01 AM
「3、1、2とノックせよ」という小説があるが、全く関係ないです。 ★以下、ネタバレあります。メインとなる事は妊娠中絶です。このこと自体が映画自体では序盤には伏せている進め方なので、こう触れた文章でもってしてネタバレです。予期せぬというか望んでいない妊娠
しぇんて的風来坊ブログ | 2009/06/28 9:24 PM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.