あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
レベッカ
1940 アメリカ 洋画 ミステリー・サスペンス クラシック
作品のイメージ:ドキドキ・ハラハラ、怖い
出演:ローレンス・オリヴィエ、ジョーン・フォンテイン、ジョージ・サンダース、ジュディス・アンダーソン

レベッカというのはヒロインの名前ではなく、前妻の名前・・というとこ
ろにまず意外性あり。英国の富豪マキシム(ローレンス・オリヴィエ)と
結婚したヒロイン(ジョーン・フォンテイン)だったが、何かにつけて前
妻のレベッカが引き合いに出され、その影に怯えるという前半。しかし、
そのレベッカは・・。

ジョーン・フォンテインが、すばらしく美しい。そして、前妻のレベッカ
をずっと慕い続けているダンヴァース夫人(ジュディス・アンダーソン)が
不気味さを醸し出している。広い屋敷の中のダンヴァース夫人の存在・・こ
れはヒロインの不安感や恐怖の象徴なのか。モノクロの映像が、それを引
き立てている。影の使い方が実にうまい。

後半は、急展開してヒッチコックらしさが出てくるといった感じ。思いっ
きりミステリー・サスペンス色が出てきて、テンポも速くなる。(ヒッチコ
ックのファンの方は、後半になってから一挙に引き込まれるように感じら
れるかもしれません)。

そういえば、ヒロインの名前は一度も出て来なかった。始終「わたし」で
語られていた。この辺は、原作に忠実に・・ということなのか。文学作品
とミステリー・サスペンスをいっぺんに楽しめる・・ヒッチコック・ファ
ンの方はもちろん、そうでない方も一度観ておいて損はない世界名作映画
の一つ。
スポンサーサイト
- | 01:31 | - | - | - | - |
コメント
from: じゅり   2009/02/14 2:03 PM
サスペンスとして傑作ですね。
ジョーン・フォンテインは本当に綺麗で魅力的でしたね。
ダンヴァース夫人、怖すぎます(笑)
前妻レベッカの存在感(?)は、凄かった。
こちらからもトラバさせてくださいね♪
from: あず沙   2009/02/14 2:56 PM
じゅりさん>「レベッカってどんな人なんだろう」って思いながらダンヴァース夫人に怯えるヒロインに、感情移入できすぎました☆ 世界名作映画の別のヒッチコックの作品、「白い恐怖」も今度観てみようと思ってます。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/59
'''【Cinema de しりとり】 8回目''' '''[http://blogs.yahoo.co.jp/jully_ppppp/44517668.html 【現金に体を張れ】]''' ⇒ {{{『'''れ'''』}}}から始まる作品。 前回に
じゅり好み☆ | 2009/02/14 2:03 PM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.