あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
NEW ENTRIES
ブックマーク
あし@
おきてがみ
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
Shall we ダンス?

1996 日本 邦画 コメディ ドラマ
作品のイメージ:感動、泣ける、笑える、ほのぼの、癒される、カッコいい、おしゃれ、ためになる
出演:役所広司、草刈民代、竹中直人、渡辺えり子

邦画よりも洋画を観ることが多いが、なぜか本作については、ハリウッド
のリメイク版よりも周防監督のこのオリジナル版の方が楽しめた。竹中直
人がラテン・ダンスで盛り上げるし(相当笑えます)、渡辺えり子が脇役
としていい味を出している。

何気なく始めた社交ダンスにどんどんのめり込んでいくサラリーマン役
の役所広司と、先生役の(日本バレエ界を代表する)草刈民代。二人がダ
ンスする姿はとても絵になる(草刈民代さんが美しいです・・女優さんじ
ゃないので、演技の方は目をつぶることにしましょう)。本作は社交ダン
ス・ブームの火付け役になった作品でもあるし、これがご縁で周防監督と
草刈民代は目出度くご結婚・・縁起の良い作品なのかも。

タイトルの「Shall We ダンス?」のダンスだけがカタカナになっている
のも、なんとなくほのぼのとしていて微笑ましい。「感動」「泣ける」「笑
える」「ほのぼの」「癒される」「カッコいい」「おしゃれ」「ためになる」・・
これだけチェックを入れられる作品はあまりないのではないだろうか。
(ちなみに「ためになる」は、姿勢を正すよう気をつける・・という意味
で有益でした。)
スポンサーサイト
- | 01:28 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/58
平凡な家庭を持ち、単調な毎日を送るサラリーマン杉山(役所広司)は、ある日電車の中から、ビルの窓際にたたずむ美女(草刈民代)を目にする。杉山は彼女に会いたい気持ちを抑えられず、彼女のいた場所へ向かう。が、そこは杉山にはまったく縁のない社交ダンス教室だっ
コレ、いいかも☆ | 2009/02/14 10:23 PM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.