あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
茶々-天涯の貴妃(おんな)

2007 日本 邦画 ドラマ 時代劇
作品のイメージ:笑える
出演:和央ようか、寺島しのぶ、富田靖子、高島礼子

浅井長政とお市の方の娘で、豊臣秀吉の側室の淀君。戦乱の時代に生きた
女性の一生を描いた歴史絵巻・・と、言いたいところだが・・。

予想を裏切らない酷さ。観終わってみて、やはり:
―和央ようかのための作品になってしまっている
―家康にもかしずかない凛とした淀君のカッコよさが感じられない
―みんな真剣に演技をしているのかと疑いたくなる
―和央ようかが「あずみ」のような格好で出てきて兵士が「エイエイオー」
と叫ぶシーンは、笑うしかない
―脚本も女性の神経を逆撫でするようなものになっている

と、不満な点を挙げるとキリがないない(ので、これくらいにしておきま
す)。製作費をかけただけあって、衣装が豪華なので映像は華やか(見ど
ころはそれくらいです)。★1.3
スポンサーサイト
- | 01:18 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/54
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.