あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
NEW ENTRIES
ブックマーク
あし@
おきてがみ
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
マンダレイ

2005 デンマーク 洋画 ミステリー・サスペンス ドラマ
作品のイメージ:切ない、ためになる
出演:ブライス・ダラス・ハワード、ウィレム・デフォー、ダニー・グローバー、クロエ・セヴィニー、イザーク・ド・バンコレ、ローレン・バコール

テーマは違うものの「ドッグヴィル」の続編で、ヒロインも同じグレース
(なので、「ドッグヴィル」を観てからの方が入っていきやすいと
思います)。但し、「ドッグヴィル」との違いは、ヒロインの感情がかなり
細やかに描かれていること。また、自己主張する意思の強いグレースにな
ったという印象を受けるのは、ニコール・キッドマンがブライス・ダラス・
ハワードになったせいだけではない。なぜなら、黒人社会をマンダレイが
象徴していて、グレースは奴隷制度の解放から自由を与え民主主義社会へ
導く孤独な白人のリーダーを象徴しているから。

奴隷制度からの解放、自由、民主主義(多数決や正義の裁き)・・白人社
会が黒人社会を受け入れることができるのか・・テーマは相変わらず、か
なり深い。砂嵐に象徴される「共通の敵」を見出すことにより、お互い共
同体になろうとするのだが、果たして心を開いてお互いを信用することは
できるのか・・?そして、マンダレイの「ママの法律」とは・・?

それにしても、エンドロールの写真は衝撃的。睡魔との闘いの2時間の後
のエンドロールで目が醒めた感じ。エンドロールで流れる音楽は、「ドッ
グヴィル」
と同じような気がしたのだが。あと、この作品の場合は、南部
の綺麗な景色を背景にしてほしかった(ちなみに、「ドッグヴィル」の場
合は、どこにでもある「村」ということで、あのセットに意味はあると思
うが)。

作品全体のインパクトは、「ドッグヴィル」程ではない。
スポンサーサイト
- | 00:49 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/46
日比谷・シャンテシネにて、ラース・フォン・トリアー監督。 グレース(ブライス・ダラス・ハワード)は新たな居住地を求めるうちに、アメリカ南部の奥深く、荒野に広がる大農園へとたどり着く。 厚い鎖と南京錠で閉ざされたこの農園の名はマンダレイといい、70年も昔に
マガジンひとり | 2009/01/31 8:15 PM
 『美しき救世主があらわれ、 そして、自由が消えた。』  コチラの「マンダレイ」は、「ドッグヴィル」に続く「アメリカ三部作」の第2弾となったR-18指定のヒューマン・ドラマです。スタジオの床に白線を引き最低限のセットのみという舞台形式は前作同様だったん
☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/01/31 8:18 PM
ラース・フォン・トリアー監督の描くアメリカ3部作。ものによっては「ダンサー・イン・ザ・ダーク」が第一作で、これが最終章。いや、「ドッグヴィル」が一章。どっちが本当なんでしょう。 「ダンサー・・」がどうしても私の相性と合わず、苦痛のもと見て、しばらくい
迷宮映画館 | 2009/01/31 8:26 PM
彼女は解放者、それとも新たな支配者?  ラース・フォントリアー監督のアメリカ3部作の第2弾。難解で、もしかすると退屈するのでは? と危惧しながら鑑賞した。  新たな居住地を目指していたグレースたち一行は、アメリカ南部の荒野に広がる大農園マンダレイに辿
CINECHANの映画感想 | 2009/02/01 1:35 AM
『ダンサー・イン・ザ・ダーク』の鬼才ラース・フォン・トリアーが、アメリカをテーマに描き物議を醸している“アメリカ3部作”の第2弾。第1弾『ドッグヴィル』の主演女優ニコール・キッドマンに代わり、『ヴィレッジ』のブライス・ダラス・ハワードが主人公グレースを
サーカスな日々 | 2009/02/01 2:05 AM
床に線を引いただけで、必要以上のセットは使わないと言うシンプルな作りで評判になった {{{'''『ドッグヴィル』'''}}} に続く、'''ラース・フォン・トリアー監督'''による {{{"アメリカ3部作"}}} の第2弾
Kaz.Log ☞ Loft Cinema | 2009/02/01 3:10 AM
ラース・フォン・トリアー監督が描くアメリカ三部作の第二章。 前作『ドッグヴィル』がかなり凄い映画だったので、今回も期待して観に行ったのですが、今回は少々肩透かし気味。やっぱり人種差別問題は日本人には解かりづらいものがあるんでしょうか。 前作に引き
5125年映画の旅 | 2009/02/02 7:04 AM
主演がニコールキッドマンからブライス・ダラス・ハワードへ。もしかすると、ドッグヴィルの告白は、キャスト変更への伏線だったのかも。ニコール他、もうトリアーのこの舞台的映画には出演したくないということで。ブライス・ダラス・ハワードはヴィレッジやレディ・イ
しーの映画たわごと | 2009/02/02 9:42 AM
マンダレイ オフィシャルサイト 2005デンマーク/スウェーデン/オランダ/フランス/ドイツ/アメリカ 監督・脚本:ラース・フォン・トリアー ナレーション: ジョン・ハート 出演: ブライス・ダラス・ハワード、イザック・ド・バンコレ、ダニー・グローヴァ
Mani_Mani | 2009/02/03 9:11 PM
西部の閉鎖的な町『ドッグヴィル』を焼き払ったグレースは、今度は南部の町『マンダレイ』の農園にたどり着く。そこには廃止されて久しい奴隷制度が存続しており・・・。 脚本・監督=ラース・フォン・トリアーによるアメリカ3部作の第2弾。 Manderlay☆☆
ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre! | 2009/02/15 6:50 AM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.