あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
アバウト・シュミット

2002 アメリカ 洋画 ドラマ
作品のイメージ:泣ける、ほのぼの、切ない
出演:ジャック・ニコルソン、キャシー・ベイツ、ダーモット・マローニー、ホープ・デイヴィス

劇場で鑑賞。定年退職後に妻に先立たれ、どう生きていったらいいのかわからない男性の悲哀をユーモラスに描いた作品。途中若干間延びした感じで、もう少し短い時間にまとめた方がジャック・ニコルソンの渋い演技がピリッと生きたと思うが、ラストにホロっとさせられたということで、ちょっと甘めの評価(★2.5 くらいかと)。

男性は、いつか直面するかもしれないことが立て続けに起こった場合、何に自分の主軸を置いて生きていったらいいのかわからなくなる場合もあるだろう。仕事一筋に生きてきた人ならなおさら。

シュミットが退職後に会社を訪問してみると、自分が退職まで一生懸命仕事をしてきた証である書類のファイルが段ボールにまとめて入れられ、段ボールにはマジックで“ABOUT SCHMIDT”(シュミット氏関連の書類)と乱暴な字で書かれて倉庫に積まれているのを発見する。それを見たときのシュミットの表情が忘れられない。

涙を誘うラストだったが、なぜだかほのぼのとした気分にさせてくれた。それにしても、キャシー・ベイツの役がもっと筋に絡んでくるものだったら良かったのに。
スポンサーサイト
- | 00:04 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/39
 『すべてを失くした日、人生最高の贈りものが届いた。』  コチラの映画は、ルイス・ビグレーの同名小説が原作って事なんですが、内容はかなり異なるそうです。コチラの原作も家にあるけど、読んでないシリーズですヽ(;´Д`)ノ  設定もストーリーも登場人物の
☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/01/30 9:16 AM
原題:ABOUT SCHMIDTあらすじウォーレン・シュミットは保険会社に勤めていたが定年退職となった。一人娘は既に家を出ており、夫婦二人で暮らしている。そんな矢先、妻が他界する。悲しみに暮れるも、妻と親友が昔に浮気していた事を知る。親友と妻に怒りを爆発させ、残
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2009/01/30 11:00 PM
定年退職した男が自分自身を見つめ直すヒューマン・ドラマ。キャストは、ジャック・ニコルソン、キャシー・ベイツ、ダーモット・マローニー、ホープ・デイヴィス、ハワード・ヘスマン他。 <あらすじ> 保険会社を定年退職したウォーレン・シュミット(ジャック・ニコル
Yuhiの読書日記+α | 2009/01/30 11:08 PM
ジャック・ニコルソンさま〜 あなた、上手すぎます! ウチの夫は、もし私が先に逝ったら・・・私のことを想って涙するだろうか・・・? 私の父は、母より先に逝って良かったのかも・・・。 妻に先立たれた男は、見ていて辛そうだ。 ウォーレン・シュミッ
UkiUkiれいんぼーデイ | 2009/01/31 3:26 PM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.