あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
嫌われ松子の一生

2006 日本 邦画 ドラマ コメディ
作品のイメージ:かわいい
出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之

悲哀・・?それとも、ブラック・ユーモア・・?
コメディーと聞いて鑑賞したが、笑えなかった作品。かなり消化不良な感じ(なので、敢えてこの評価です)。

純粋だが浅はかなヒロイン松子(中谷美紀)が、それ故に不幸な目に遭いながらもそのピュアさを失わないというストーリー。実際にこういう人にはお目にかかったことがないので、かなり現実離れしているような。

幸せは人が決めるものではなく、自分の気持ちを持ちようということなのか。人を恨むことなく夢を見続ける松子は、不幸そうに見えても実は幸せなのか。松子の内面的なファンタジーがポップな色の演出で表わされているのは、確かにおもしろい。

映像、音楽、ストーリー、脚本・・・すべてビックリ箱の中にある珍しいおもちゃ・・みたいな感じで楽しめばよかったのか。
スポンサーサイト
- | 23:48 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/33
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.