あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
NEW ENTRIES
ブックマーク
あし@
おきてがみ
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
THE ダイエット!
評価:
コメント:2007 オーストラリア 洋画 その他 出演:関口祐加

夏に向けて自分も少しダイエットしなきゃと思い、借りてみました。ダイエットを考えている方には、「ためになる」作品だと思います。23歳のときにオーストラリアに移り住んだ関口さんが、減量に取り組む様子を自ら映したドキュメンタリーです。エステやジム、精神科医、美容整形外科などを訪ね歩き、その一部始終が収録されています。原題の”Fat Chance”は、「見込み薄」っていう意味のようですね。ちょっと自虐的(?)なタイトルだけど、関口さんのユーモアのセンスが光ってます。

 

関口さんは、日本よりも太めの人が多いオーストラリアという環境、そして結婚生活の破綻などの原因から90キロ以上に太ってしまいダイエットを決意するわけですが、まず監督でありヒロインである関口さんが前向きでとても明るいのです。全然自分を飾ることをせず、まさにあるがままの自分を映し、体当たりでダイエットに臨む姿に非常に好感が持てます。また、ダイエットに取り組む人に、勇気を与えてくれます。なので、「切なさ」や「滑稽さ」は、まるで感じられませんでした。

 

但し、精神科医の言葉には、かなり引いてしまいました。「君の場合は太っている原因は、君の人生そのものにある。君はいったい何をしたいのか?日本人でありながらオーストラリアに住んでいて、離婚経験もある。それに亡くなった父親のことが、肥満に深く関係しているようだ」みたいなことを言われるのですが、おおらかな関口さんもさすがにこのセラピーの後は、落ち込んでいた様子…当然です!

 

90キロ以上あるわけだから、「痩せて何をしたいのか」なんて考える必要はないと思うんですよね〜。だって、それだけで体に負担がかかっているわけだから、「健康と美容のために痩せる」…それで十分だと思いますよ。というわけで、「ためになる」と思うのはあくまでも関口さんの前向きなダイエット生活であり、「自分の人生を見つめ直す」ことでダイエットするというのには、どうもわたしにはしっくり来ない感じです。

 

結局約16キロ痩せることに成功されましたが、やはりいちばん効果があったのは、)戎はやめる 筋トレと有酸素運動を続ける なのではないでしょうか?でも、急激なダイエットは危険ですから、ある程度の時間をかけることと(実際何カ月もかけられています)、食事も極端に減らしたり抜いたりしないことが、長い目で健康的なダイエットを成功させる秘訣である気がします。それに、関口さんの場合、やはり和食に切り替えたことも大きいでしょうね。ピザやチョコレートが大好きだった彼女ですが、それを我慢して家で和食をつくることでかなり摂取カロリーが少なくなったようです。

 

自らが被写体となり食について考えさせてくれるという意味では、『スーパーサイズ・ミー』とどこか似ている部分があります。ダイエット前に借りるか家に一枚買っておいて、食べたくなったときにこれを観るだけで効果がありそうです。関口さんの自分をさらけ出す勇気とポジティブな姿勢については★4なのですが、心理的アプローチについては★2くらいなので、総じて★3ということに。

スポンサーサイト
- | 10:04 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/242
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.