あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
NEW ENTRIES
ブックマーク
あし@
おきてがみ
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
エスター
評価:
コメント:2009 アメリカ 洋画 ミステリー・サスペンス ホラー 出演:ベラ・ファーミガ、ピーター・サースガード、イザベル・ファーマン、CCH・パウンダー

このジャケの怖さからホラーと思われる方もいるかもしれませんが、ホラー・タッチのサイコ・サスペンスです。三人目の子供を死産したケイトと夫のジョン は、その子へ注ぐはずだった愛情を誰かに注ぐため、孤児院から養子を受け入れることにします。それには、難聴の娘のマックスが、新しい家族を待ち望んでい たという理由もあります。二人が孤児院に行ったところ、みんなと離れたところで静かに絵を描いている女の子を見つけます。それが、エスター。エスターは品 が良く、聡明で、かわいらしい…そんな彼女を養女として迎え入れることにしました。最初は家族に馴染んでいった彼女でしたが、しばらくして事件が次々に起 こるようになり…という展開です。

結局のところ、エスターという子は人格障害なんですね〜。それで終われば、よくあるストーリーなんですが、「エー!!」とのけぞるようなオチがあります (いや〜、こんなオチは初めてです)。このオチだけでも凄いんですが、エスターを演じたイザベル・ファーマンの怪演のインパクトが強烈です。もともとかわ いい子なのですが、この役のイメージが強すぎて、次の仕事のオファーが来ないのでは…と、他人事ながら心配になってしまうほど。

彼女の演技はみなさんが絶賛している通りなのですが、実子の二人の子供もかわいいですし、ケイトとジョンを演じた俳優さんたちの演技も地味に良いですね。 鈍感で物事をあまり深く考えない夫と情緒不安定の妻、そんな家族がエスターのせいで次第にバラバラになっていくのが見事に画面から溢れてきます。

低予算で制作された雰囲気があり、そういう意味ではB級に分類されるのかもしれませんが、そのアラが見えないし探す気にもなれないくらいの秀作です。エン ディングが二つあり、別エンディングも特典として収録されていますので、両方観ることをおススメします。本編のエンディングは、どちらかというとケイトに 主眼を置いた感じ、ボーナス特典の方はエスターに主眼を置いた感じ。結局のところ、ケイトとエスターは、過去に受けた心の傷と闘いながら、自分なりに必死 に生きようともがいている点においては、紙一重なんですね。なんだか、ケイトもエスターも、とても切なく感じられました。あと、邦題より本題 の"Orphan(孤児)"の方が、しっくりくるような気もします。
スポンサーサイト
- | 17:25 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/214
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.