あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
千の風になって「ゾウのはな子」
2007  日本  国内TVドラマ  
作品のイメージ:泣ける、切ない
出演:反町隆史、北村一輝、甲本雅裕、純名りさ

フジテレビで放送の「生と死と命」を描いたスペシャルドラマ「千の風になって」シリーズの第二弾。太平洋戦争中、戦争で動物園が破壊され猛獣たちが園外に出て人々を襲う可能性を考え、上野恩賜動物園は猛獣たちの毒殺を決行。しかし、「花子」を含む賢い象たちは、毒入りの餌を食べなかった。近隣の住民に不安を与えることから、銃殺という方法は避けた。そして、水と食べ物を与えないという「餓死させる」方法を選ぶことに。そんな残酷なことはできないと反発するゾウの飼育係(反町隆史)。しかし、空襲を受けている状況を考え、それに従うより他はなかった。この話は、有名な物語。しかし、このドラマは、もう一匹のゾウの「はな子」にも焦点を当てて描かれている。花子の死から二年後に終戦を迎え、再びタイから子象を迎え入れることに。そのゾウの名前を一般募集したところ、「はな子」という名前に集中する。しかし、はな子は・・。

 

花子の飼育係(反町隆史)からゾウの飼育を引き継いだ新しい飼育係(北村一輝)。北村一輝は、はな子に精一杯の愛情をもって接し自分の人生をはな子に捧げる飼育係を、好演している。「動物は人間の都合はわからない」・・もっともだと思う。人間の都合で日本に連れて来られ、ある意味見せ物にされ、戦争になって手に負えなくなったから殺されてしまう・・それも最も残酷な方法で。そんな花子の前例があり、前任者の花子への想いを引き継いでいたからこそ、新しい飼育係は全身全霊ではな子に向き合うことができたのではないだろうか。

 

戦時中どうしても猛獣を殺す必要があるのなら、近隣住民に事情を説明して銃殺するという方法はとれなかったのだろうか。銃殺なら苦しむ時間も短い。毒殺では、20分以上ももがき苦しんだ動物もいれば、もがき苦しんだ上に死なない動物もいて結局ワイヤーで首を絞めたというのを観て、あまりにもかわいそうで居た堪れなかった。銃殺がだめなら、安楽死という方法はなかったのだろうか(医学的にまだそういう時代ではなかったのか)。どうしても殺さないといけないのなら、なるべく苦しまない方法をとって欲しかった。動物を愛していれば、苦しむ姿を観るほど辛いことはないのだから。

 

動物も(植物も)愛情をかけて育ててやれば、それが絶対に通じる。井の頭公園の動物園で今もなお元気でいるはな子(60歳)。飼育係の人に愛情いっぱいに育てられたお陰で、こうして長生きをしているのだろう。しかし、自分自身は動物園にはあまり行かない。檻の中に閉じ込められて、人間の都合で見せ物にされている動物たちを見て、なんとなくかわいそうになってしまうから。動物たちは何を思っているのだろう。野原を駆けたいと思っているのではないか・・。人に見られるのを嫌だと思っているのではないか・・・人に管理される自分の生活を嫌に思っているのではないか・・などと考えてしまうのだ。その点、サファリ・パークなどはなんとなく救われるのだが、やはり町の中につくろうとすると普通の動物園になってしまうのだろう。その中にあって、一生懸命に自分に向き合ってくれる飼育係に巡り合えた動物たち(花子もはな子も)は、まだ幸せなのかもしれない。ラストに出る字幕「動物園は平和な国にしかありません」というメッセージが、心に刻み込まれた。★3.3

スポンサーサイト
- | 10:19 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/211
内容昭和18年、本土決戦が予想された東京では、上野動物園に、猛獣処分の命令が下る。クロヒョウ、ツキノワグマ、トラ、ライオン。。。そして、ゾウ。公式HPhttp://wwwz.fujitv.co.jp/sen/index.htmlhttp://wwwz.fujitv.co.jp/hanako/index.html細かいことは、書く
レベル999のマニアな講義 | 2009/07/23 5:35 PM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.