あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
歩いても歩いても
2007  日本  邦画  ドラマ  
作品のイメージ:ほのぼの、切ない
出演:阿部寛、夏川結衣、YOU、樹木希林

夏のある日、横山良多(阿部寛)は、妻のゆかり(夏川結衣)と息子のあつしと共に実家へと向かっていた。この日は、15年前に他界した兄の純平の命日。しかし、失業していることを口に出せない良多にとって、両親(原田芳雄/樹木希林)との再会は、ある意味苦痛であった。また、ゆかりも不安を抱えていた。あつしは死別した前夫との間に出来た息子で、結婚して良多の実家へ連れて行くのは初めてだったのだ。その頃横山家の台所では、母親と亮多の姉のちなみ(YOU)が昼食の支度をしていた・・。

 

取り立てて、何か大きな出来事が起こる訳ではない。ある夏の日の24時間を描いたドラマだが、樹木希林をはじめとする俳優たちの熱演により、観る者もその場に同席しているような臨場感が生まれている。映画の撮り方で新鮮なのが、カメラのフレームの外から登場人物の声を重ねている点。これは、カメラのフレームが、観客の視線の先であり、観客の周りでいろんな会話がなされているような錯覚を生む仕掛けになっている。また、家族たちが交わす言葉の端々に過去の記憶を甦らせ、今の思いを語らせている。そして、人間模様の機微が、あうんの呼吸で語られているところが凄い。特に、樹木希林とYOUの掛け合いなどは、あまりに自然で、演技ではなく素ではないかと想わせるほど。良多と父親との確執、良多が母親に対して抱く疎ましさ、ゆかりの不安と焦燥感、ちなみの気遣い・・ぎこちない人間模様から生まれる空気が痛いほどに観る者に伝わってくる。同席している観客が、その場から逃げだしたくなるほどだ。

 

タイトルの「歩いても歩いても」は、母親がよく聴いていた曲(いしだあゆみの「ブルー・ライト・ヨコハマ」)の一節。ここからもわかるように、また台所の様子(冷蔵庫にいっぱい買い置きの食品が入っていたり)や料理(とうもろこしのかきあげ天ぷらや枝豆と茗荷のごはん、白玉ぜんざい・・などなど)からも感じられるように、老夫婦の生活のディテイルが、事細かに織り込まれている。何気ないリアリティを追及しているようでいて、ある種の辛辣さも感じられる。純平は他の子を海で助けて死んだ。純平のお陰で生き残った子が成長し、毎年仏壇に線香をあげにやって来る。その人が帰った後に発する両親の言葉には、恐ろしいくらいの恨みが感じられるのである。なので、けっしてほんわかしたホーム・ドラマだけでは、終わっていない。

 

白いモンシロ蝶が越冬して黄色のモンシロ蝶になるという小話が、ある種のメタファーとなっているのだが、家に迷い込んだ黄色のモンシロ蝶を見て「純平が帰ってきた」と言って蝶を追いかける母親には、切なさを感じてしまった。また、「子供の墓参りをするなんて、これほど辛いことはない」というセリフにも子供を亡くした母親の心情が凝縮されている。しかし、このすべての状況を観客が掌握するのは、ドラマが後半部分にさしかかってから。最初は良多一家の帰省から始まるのだが、どういうシチュエーションなのかは後半になるまで語られないのである。そういう意味でも、奥行きを感じさせるドラマである。

 

映像の色もヴィヴィッド。スイカの赤、とうもろこしの黄色、モンシロ蝶の黄色、さるすべりのピンク、枝豆の緑色・・。淡々とした日常にある中の美しさを捕えつつも、一つ一つの中に深みをはめ込んである構図が見事である。また、タイトルにあるように、本作には歩くシーンが多い。人は、多くの悲しみをかかえながらも、淡々と人生を歩いていくものだと言わんばかり・・。いつの間にか自分の両親に重ねて観てしまい、邦画の佳作を堪能した充実感がある。★3.6

スポンサーサイト
- | 13:38 | - | - | - | - |
コメント
from: hal   2009/07/21 8:34 AM
TBありがとうございました。
この映画のタイトルがいしだあゆみのブルーライトヨコハマにかけてあるとは映画を見るまで知りませんでした。
from: あず沙   2009/07/21 9:03 AM
halさん>いらっしゃいませ☆ コメント、ありがとうございます。私もです。映画を観て、歌の歌詞がタイトルになっていることを、知りました。映画を観てから、歌のその部分をなんとなく口ずさんでしまっています。
from: hyoutan2005   2009/10/04 8:00 PM
今日はTBお返し作業に励んでいます(笑
こちらにもTBいただきありがとうございました。
とてもよく作品を表現されたレビューで読み入ってしまいました。
是枝裕和監督の作品は、この作品も含め好きな傾向にあったのですが、公開中の「空気人形」も素晴らしかったです。
監督の女性的ともいえるほど細やかな視点にいつも感心させられます。
from: あず沙   2012/04/03 12:18 PM
hyoutan2005さん>TBのお返し、ありがとうございます。いや、長文駄文でお恥ずかしい限りです。「空気人形」…これから観るリストに入れておきますね。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/210
「歩いても 歩いても」 「たみおのしあわせ」 
Akira's VOICE | 2009/07/20 2:15 PM
歩いても歩いても(DVD)◆20%OFF! 映画の話 ある夏の終わり。横山良多は妻・ゆかりと息子・あつしを連れて実家を訪れた。開業医だった父と昔からそりの合わない良多は現在失業中ということもあり、気の重い帰郷だ。姉・ちなみの一家も来て、楽しく語らいながら、母は
masalaの辛口映画館 | 2009/07/20 2:33 PM
この映画は是非お盆までに見ていただきたい、できれば夏休みに入ったばかりのこの時期に是非!そう言いたくなるような、見終わった後にじわじわと心に入ってくるような映画でした。静かで地味で何も起こらない映画なんですが、死というものを直接描かずに雰囲気として匂
めでぃあみっくす | 2009/07/20 2:41 PM
冒頭、母(樹々希林)が娘(YOU)と料理の仕度をする場面。皮を剥かれるにんじんや、包丁で切られるミョウガ、ざるで水を切られる枝豆が瑞々しく、「パフューム」を思い出した。海辺に続く階段も、家の内も外も、強すぎない光と影が微妙に交錯して、つつましい何気
シネマ大好き | 2009/07/20 4:05 PM
監督・原作・脚本・編集:是枝裕和出演:阿部寛、夏川結衣、YOU、高橋和也、田中祥平、樹木希林、原田芳雄鑑賞劇場 : CINECITTA'公式サイトはこちら。<Story>ある夏の終わり。横山良多(阿部寛)は妻・ゆかり(夏川結衣)と息子・あつし(田中祥平)を連れ
NiceOne!! | 2009/07/20 5:42 PM
是枝監督の『誰も知らない』は衝撃的な作品で、その後も社会派な路線で進むのかと思いきや一転『花よりもなほ』は人情劇で楽しませてくれたんですよね。今作はある家族の日常をとらえたホームドラマという事なんだけど、やっぱりYOUさんには期待デス。 出演はその他
カノンな日々 | 2009/07/20 6:15 PM
《歩いても 歩いても》 2008年 日本映画 長男の命日に久しぶりに実家に集まっ
Diarydiary! | 2009/07/20 7:49 PM
映画に関係ない一言なんでそんなに追い詰めるのかなあ〜〜。相手に負けを認めさせて、どうする気だろう?さて、映画は☆歩いても、歩いても☆(2007)是枝裕和監督阿部寛夏川結衣YOU樹木希林原田芳雄ストーリー 夏の終わりの季節。高台に建つ横山家。開業医だった恭
ぷち てんてん | 2009/07/20 8:02 PM
是枝裕和監督 ある夏の日。横山家では長男の15年目の命日を迎え、長女、次男が家族をつれて帰省していた。父・恭平は引退したものの医師という職業にプライドを持っている。母・とし子は家族思いだがその気持ちが時に身勝手でもある。長女・ちなみは夫や子どもとと
BUNPITUノHIBI | 2009/07/20 8:20 PM
15年目の長男の命日に、両親の家へ子供達が家族を伴って集まった夏の終わりの横山家の一日を描く。尊敬されているが、いつも不機嫌な父はすでに開業医を引退し、母は台所で精力的に議論に余地がなく、そして風呂場のタイルが削げ落ちていたりと、全てはゆっくりと年を
Mooovingな日々 | 2009/07/20 9:29 PM
監督 是枝裕和少しあらすじ 横山家では母(樹木希林)と娘ちなみ(YOU)が料理をしていた。ちなみは家族と一緒に両親と同居することを申し出ていた。 そこへ横山良太(阿部寛)が妻(夏川結衣)と子どもを伴って帰省する。この日は良太の兄で後継ぎとして期待されてい
ももたろうサブライ | 2009/07/20 10:46 PM
是枝監督の最新作。時代劇があまり好きでなく「花よりもなほ」を観てないので、「誰も知らない」以来の是枝監督作品に期待が高まる。15年前に海で溺れた子供を助けて亡くなった長男純平の命日に、実家に集まる横山家の姉弟。冒頭は、ちなみを演じるYOUとおばあちゃん
まてぃの徒然映画+雑記 | 2009/07/20 10:57 PM
 百日紅。剥がれたタイル。おばあちゃんち。
悠雅的生活 | 2009/07/20 11:20 PM
歩いても 歩いても [DVD]ディテールの丁寧さが光る秀作ホームドラマ。長男の命日に集まった家族の一日を描く物語だ。食事、お墓参り、昔話と、特別なことは何もないが、それぞれの心のわだかまりを絶妙な会話で描く。特にどっしりと存在する母親役の樹木希林の、辛らつ
映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP | 2009/07/20 11:35 PM
「誰も知らない」「幻の光」の是枝裕和監督が、年老いた両親の元に久々に集った家族の情景を静かなタッチで切り取り、人生の喜びと悲しみを浮かび上がらせたホームドラマ。 物語:季節は夏の終わり。元開業医の横山恭平とその妻とし子が2人きりで暮らす家に、次男の
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2009/07/21 5:09 AM
公式サイト。是枝裕和原作、監督。京浜急行三浦海岸駅前の不二家で一息つく横山良多(阿部寛)、妻ゆかり(夏川結衣)、息子あつし(田中祥平)。普通なら一気に実家へのはずだが、心の準備ができず、いつまでもうだうだ状態なのが痛い。
佐藤秀の徒然幻視録 | 2009/07/22 10:53 AM
JUGEMテーマ:映画「夏休み中は映画館で観たい映画を観る時間などないわよね〜」&nbsp;なんて、思っていたのですが、友人に誘われて観たかった「歩いても歩いても」を観に行ってきました♪今日は、映画館の入っているビル(cocoti)でランチ。chef’s Vで野菜
ちこひろ日記 | 2009/07/23 4:05 PM
街の明かりがとても綺麗ね♪ヨコハマ〜ブルーライト・ヨコハマ〜♪もしかしたらタイトルはこの曲からだったの?っと思ったワンシーン『歩いても歩いても』観てきました。長男の命日に実家に集まった家族の2日間のおはなし実家は町の内科医院・・・久しぶりに訪れる次男
黒猫のうたた寝 | 2009/07/23 8:36 PM
「誰も知らない」「花よりもなほ」の是枝裕和監督の最新作は、ある家族の1日の物語。 15年前、海の事故で亡くなった兄の命日のため、久々の帰郷をする弟一家。 いつも来ている姉の賑やかな一家も加わり、両親の家には、笑い声が響く。 いい映画でした。 た
愛猫レオンとシネマな毎日 | 2009/08/03 12:23 AM
「観たかった!」 の本日2本目。 このところ日本映画を続いて観ていますが、よくある身近の何気ない“毒”だったり。またこれも自分の日常に重ねたりして。。。世間話が映画になったような、そんな感覚がしました。.。゚+..。゚+.  .。゚+..。゚+(C)2008『歩いて
ANNE'SHOUSE-since1990- | 2009/08/13 8:21 AM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.