あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
チェンジリング
2008  アメリカ  洋画  ミステリー・サスペンス  ドラマ  
作品のイメージ:泣ける、切ない、ドキドキ・ハラハラ
出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール

こんなことってあるのかなと思って観ていたら、真実のお話ということで驚いてしまった作品。1928年、ロサンゼルスで電話交換手主任として働くクリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)の9歳の息子ウォルターが、クリスティンの勤務中に失踪してしまう。そして、5か月後に警察から息子が発見されたとの朗報を聞き、クリスティンは念願の再会を果たす。だが、彼女の前に現れたのは、最愛のウォルターではなく、彼によく似た見知らぬ少年だった。クリスティンは再会した子が息子ではないと主張するが、警察は取り合わず、逆にクリスティンを精神病院に送り込むのだった・・。

 

タイトルの「チェンジリング(Changeling)」とは、「すり替えられた子」という意味。タイトル自体がネタバレになっている感はあるが、本作はミステリーではなく社会派ドラマなので、特に問題ないと思う。まず、当時の様子を細部にわたり再現しているところに、本作の映画としてのクオリティーの高さが感じられる(当時はローラースケートで移動しながら、電話交換台の人を監督していたんですね〜)。市電が走る戦前のロサンゼルスの街や当時人々の様子も忠実に描出されていて、クリント・イーストウッド監督の本作への意気込みが随所に散りばめられているかのよう。ストーリー展開も直進的で、複数回観なくても一度の鑑賞で作品のほとんどの部分が吸収できる内容となっている。

 

アンジェリーナ・ジョリーの起用は意外ではあったが、鑑賞後には納得させられた。子供を失った苦痛、自分が嘘つきの精神障害者だと非難される孤独感、それでも子供を取り戻したいと願う母の強さ・・すべてを演じ切っていると思う。彼女の演技力の幅を証明していると言えるのでは。また、「恋愛依存症」から気になっていたジェフリー・ドノヴァンの魅力を再確認した作品でもある。今回は悪役で、不正と汚職の組織の中でその代表格みたいな警部を演じているのだが、存在感はたっぷり。最近日本でも人気が急上昇しているジェフリー。彼はどちらかというと、アメリカのTVドラマを中心に活躍しているようだが、これからはハリウッドからのオファーも受けて映画中心に頑張ってもらいたい。

 

本作は事実に忠実に描いているので、特に捻りはない。伏線が張ってあるわけでもない。あくまでも社会派ドラマなので、それはそれでいいのであろう。市長を後ろ盾に捜査の間違いを認めず保身に走る組織と、その言いなりになる医師・・暗く重くなりがちなテーマではあるが、子を思う母親の気持ちを前面に押し出した演出が効いている。社会的弱者がだんだんと社会に認められるプロセスが力強く描かれており、観る者を勇気付けてくれる。しかし、エンドロール前に「その後」について字幕で語られるのだが、クリスティン自身は希望を捨てないといいつつも、結構切ない気持になってしまった。息子の死が確定するよりも、ある意味残酷なのかもしれない。

 

親子の感涙のドラマでもあり、20人もの児童が監禁虐殺されたという犯罪ドラマでもあり、権力構造の腐敗ぶりを暴いた告発ものでもある本作の完成度が高いことは、言うまでもない。余分な贅肉を落とし切り、緊迫感溢れるドラマに仕上げているのは、イーストウッド監督の手腕が光るところ。イーストウッド監督自身が手掛けた悲哀感と悲壮感が漂う音楽も、作品に見事にマッチしている。今年78歳になるイーストウッド監督は、4月公開の監督&主演映画「グラン・トリノ」で俳優からの引退を表明した。今後は、監督業に専念するとのこと(これからも、良い映画を撮り続けてください)★3.8。
スポンサーサイト
- | 17:30 | - | - | - | - |
コメント
from:   2009/07/18 7:15 PM
アンジェリーナ・ジョリーの演技がすばらしく、彼女が演じるクリスティンの子供を思う母の気持ちが痛かったです。
子供が生きていることを信じて、生涯、探していたようですが、それがとても切なかったです。
from: あず沙   2009/07/19 3:52 PM
花さん>いらっしゃいませ☆ アンジーの熱演が活きた作品ですよね〜。息子が生きていることを信じて生涯探し続けたというのが、あまりにも切ないですね。また、真実のお話というだけに、さらに胸が締め付けられるような思いがしました。
from: hyoutan2005   2009/10/04 7:48 PM
TBありがとうございました。
お返しがいつも遅くて申し訳ありません。
クリント・イーストウッド監督の作品はどれも外したことがないのですが、脚本に加えアンジーの演技は本当に素晴らしかったです。
アカデミー賞惜しかったですね。
from: あず沙   2012/04/03 12:33 PM
hyoutan2005さん>こちらこそ、コメントのお返しが遅くなり、申し訳ありません。いつも、ご丁寧にTBのお礼をありがとうございます。アンジーの演技は、本当に目を見張るものがありましたね。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/209
子は鎹(かすがい)。 永遠に!!  
Akira's VOICE | 2009/07/18 5:50 PM
衝撃の傑作。しかも3度も衝撃を味あわせてくれる骨太な傑作。アカデミーでの評価が3部門だけというのも、過小評価されすぎでは?作品賞にノミネートされていてもおかしくないのでは?と思えるほどに素晴らしい映画でした。そして改めてクリント・イーストウッドという
めでぃあみっくす | 2009/07/18 6:00 PM
予告編だけで物語を想像すると「幼い息子が失踪→数ヶ月後、無事発見、解決→この子は私の子供じゃない!?」というミステリー作品かなぁと思っちゃったりするんですけど、コレって実話に基づいた作品なんだそうですね。ということは謎は謎じゃなく既に明らかになってる
カノンな日々 | 2009/07/18 6:16 PM
内容電話会社に勤めるクリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は、女手ひとつで、9歳になる息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と平和な日常を送っていた。ある日。同僚の頼みで、休みを取りやめたクリスティン。息子ウォルターに約束のお出かけが果た
レベル999のマニアな講義 | 2009/07/18 6:28 PM
- ある日突然、消えた息子。 5ヶ月後に帰ってきた彼は別人だった -。 『チェンジリング』を観てきました! 実際に起こった事件がベースです。…真実の重みは違いますね。今年に入ってから劇場鑑賞した作品はまだ数本ですけれど、一番よかったかも!!
Peaceナ、ワタシ! | 2009/07/18 6:40 PM
監督・製作・音楽: クリント・イーストウッド 【キャスト】 クリスティン・コリンズ☆アンジェリーナ・ジョリー ウォルター・コリンズ☆ガトリン・グリフィス グスタブ・マルコヴィッチ☆ジョン・マルコヴィッチ ジェームズ・E・デイヴィス警察本部長☆コル
あーうぃ だにぇっと | 2009/07/18 7:00 PM
今日ね、ずっと気になってたチェンジリングを観てきました。アンジーの母性愛には圧巻。自分の身が危険にさらされても、ロス市警と戦います。本人には戦ってる意思は全くなく、正しいことを追求してるだけなのですが・・・。我が子を探すために人生を費やしました。目を
楽しい時間:*:・゚'☆♪ | 2009/07/18 7:14 PM
 『どれだけ祈れば、 あの子は帰ってくるの─? ある日突然、消えた息子。 5ヵ月後に帰ってきた彼は別人だった─。 1928年、ロサンゼルス。 魂で泣く本当にあった物語。』  コチラの「チェンジリング」は、クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジ
☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/07/18 7:17 PM
=== "母親" としての、魂の叫び&骨太ミステリー 『チェンジリング』 === {{{: 【チェンジリング】 CHANGELING 2008 '''監督・製作・音楽''' クリント・イーストウッド  '''製作'''
Kaz.Log Cinema | 2009/07/18 7:57 PM
息子失踪の5か月後に見知らぬ少年を押し付けられた母親の物語。「チェンジリング」公式サイトクリント・イーストウッド監督なので覚悟してたつもりでしたが・・やっぱり し、しんどかったデス〜〜会社帰りにフンフーンて観にいくにはテーマが重かったどう見ても他人の
かいコ。の気ままに生活 | 2009/07/18 8:29 PM
以前なら「この監督の作品は必ず観よう」と思えた巨匠、名匠が大勢いたのだが、最近はそう思える監督が随分減ってしまった。クリント・イーストウッドはそんな中にあって数少ない内の一人である。それどころかクリント・イーストウッドだけは観逃せないくらいの強い思い
古今東西座 | 2009/07/18 9:39 PM
『チェンジリング』公式サイト 監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー 、ジョン・マルコヴィッチ 、ジェフリー・ドノヴァン    コルム・フィオール 、ジェイソン・バトラー・ハーナー 2008年/アメリカ/142分
Rabiovsky計画 | 2009/07/18 9:40 PM
2009年61本目映画「チェンジリング」どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるのー?ストーリー1928年、ロサンゼルス。ある突然、クリスティン・コリンズの息子ウォルターが、姿を消す。5ヵ月後にイリノイ州で発見され、警察が連れてきた少年は別人だった。息子だと言い張る
腹黒い白猫は見た!! | 2009/07/18 11:02 PM
原題:CHANGELING公開:2009/02/20製作国・年度:アメリカ、2008年上映時間:142分鑑賞日:2009/02/21監督:クリント・イーストウッド出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハ
映画鑑賞★日記・・・ | 2009/07/18 11:12 PM
チェンジリング (アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ 出演) [DVD]◆プチレビュー◆古典の風格を持つ秀作。子供を捜し続ける母の強い愛が感動を呼ぶトゥルーストーリーだ。 【80点】 1928年のロサンゼルス。クリスティン・コリンズの9歳の息子ウォル
映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP | 2009/07/18 11:19 PM
『チェンジリング』を観ましたクリント・イーストウッド監督がアンジェリーナ・ジョリーを主演に迎えた感動のミステリー・ドラマです>>『チェンジリング』関連原題: CHANGELINGジャンル: ミステリー/ドラマ製作年・製作国: 2008年・アメリカ上映時間: 142分監
おきらく楽天 映画生活 | 2009/07/18 11:43 PM
原題:CHANGELING監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー公式サイトはこちら。<Story>1928年。ロサンゼルスの郊外で
NiceOne!! | 2009/07/18 11:52 PM
 今回の試写は映画「チェンジリング」をブログで応援するブロガー50名程が集められた試写だ。客席は満席で椅子に座れないお客さんまで出てしまう大盛況だ。 映画の話 1928年。ロサンゼルスの郊外で、9歳の息子・ウォルターと幸せな毎日を送る、シングル・マザーの
masalaの辛口映画館 | 2009/07/18 11:58 PM
クリント・イーストウッドの監督する作品のテーマになる曲が・・・いつも心に残るんですよね。。。それも、かなり切なさを募らせる・・・『チェンジリング』は実話を元にした物語でした。電話交換の仕事にローラースケートが使われているのって、びっくりしました。あぁ
黒猫のうたた寝 | 2009/07/19 12:01 AM
 久々に、たぶん1年以上ぶりに銀座で映画を観ることに・・・。知らない間に日劇がTOHOシネマズになっていて、14日だったので、TOHOの日ということで1,000円で鑑賞。最近はちょっとした繁華街に映画館が乱立されているので銀座で観る人って減っているのかと思い
よしなしごと | 2009/07/19 1:10 AM
オーストラリアからアメリカに帰って来て最初に映画館で観た映画は、 『Changeling』だった。監督は、ClintEastwood(クリント・イーストウッド)で、制作者の1人でもあり、音楽も担当している。主演は、Angelina Jolie(アンジェリーナ・ジョリー)で、1920年代
犬連れ国際結婚 | 2009/07/19 8:16 AM
「チェンジリング」 監督   クリント・イーストウッド 出演   アンジェリーナ・ジョリー  ジョン・マルコビッチ  ガトリン・グリフィス
純愛シネマ | 2009/07/19 10:40 AM
「チェンジリング」をブロガー試写会にて鑑賞 ヤプログさんからのプレゼントです ありがとうございます!!! (同行者:以前からコレ見たいと言ってたBちゃん) (こちら、ブログ用素材に頂きました) 公式サイトはこちら♪ 今回、東宝東和の試写室での
The Deepest DEPP | 2009/07/19 12:24 PM
面倒を排斥しようとする愚かさは現代にも通じる。これが事実に基づいた話というのだから驚きだ。昔は良かったという人がいるがとんでもない。ひとたび権力に楯突けば、人を人と思わない仕打ちが待っていた時代である。長い作品であるが、別の子供が息子を語って現れたあ
☆ EL JARDIN SECRETO ☆ | 2009/07/19 2:18 PM
明るい光が見えたかと思えば、すぐに奈落の底につき落とされる。 イーストウッド監督の作品は、常に緊張を強いられる。
シェイクで乾杯! | 2009/07/19 2:56 PM
{/映画/}息子が行方不明になり、発見の知らせを警察から受けて会いに行くとそれは見知らぬ少年だった。ロス警察の保身のために、次々と非道な目に遭わされる母は……。これは真実の物語だという。{/映画/} 「ミリオンダラー・ベイビー」。「ミスティック・リバー」。..
筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ | 2009/07/19 6:28 PM
《チェンジリング》 2008年 アメリカ映画 − 原題 − CHANGELING
Diarydiary! | 2009/07/19 7:28 PM
チェンジリング True Stary 本当にあった話。 1928年シングルマザーのクリスティン、ある日、休日出勤を頼まれ仕事を終えて戻ってくると、息子のウォルターが消えていた。警察に届け出るが「朝には帰ってくる」の一点張りで、取り合ってもらえない。 5ヶ月後に「息子
犬・ときどき映画 | 2009/07/19 8:48 PM
超話題作{%キラリwebry%} ようやく見てきました{%右矢印webry%}
白ブタさん | 2009/07/19 11:21 PM
ただ1人のわが子を求めて
悠雅的生活 | 2009/07/19 11:52 PM
ある日突然、消えた息子。5ヵ月後に帰ってきた彼は別人だった__。 物語:舞台は1928年のロサンジェルス郊外。電話会社に務めるクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は9歳の息子ウォルターと暮らすシングルマザー。息子と過ごす時間が一番大切な時間だ。
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2009/07/20 12:46 AM
最後にはケリをつける  1928年、ロサンゼルス。シングルマザーのクリスティン・コリンズは、9歳の息子ウォルターを女手一つで育てる傍ら電話会社に勤め、せわしない日々を送っていた。  そんな彼女はある日、休暇を返上してウォルターをひとり家に残したまま出勤す
CINECHANの映画感想 | 2009/07/20 12:57 AM
登場の半分くらいは泣いているのではないか。母は弱い。息子という弱みの前ではあまりにも無防備である。監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン
再出発日記 | 2009/07/20 5:47 PM
2月22日(日) 18:55〜 TOHOシネマズ日劇3 料金:1250円(チケットフナキで前売り券購入) パンフレット:600円(買っていない) 『チェンジリング』公式サイト 巨匠クリント・イーストウッド先生の新作は、事実を元にした取り替え子の話。チェンジリングという
ダイターンクラッシュ!! | 2009/07/20 11:32 PM
ひとことで言ってしまえばさすがイーストウッドです。映画の全てを知り尽くした男ですね。安定感抜群。崩れることがありません。盛り上げて引いて盛り上げて引いて。巧いです。
しーの映画たわごと | 2009/07/21 9:56 AM
JUGEMテーマ:映画&nbsp; クリント・イーストウッド監督作品。今回のオスカーにアンジェリーナ・ジョリーが主演女優賞にノミネートされている本作品を、オスカーナイト前に観ておこうと、公開初日に劇場へ足を運びました。誘拐された息子が5ヶ月後に発見される
ハピネス道 | 2009/07/21 8:50 PM
CHANGELINGどれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの──?ある日突然、きえた息子。5ヵ月後に帰ってきた彼は別人だったー。1928年、ロサンゼルス。魂で泣く本当にあった物語。上映時間142分製作国アメリカ公開情報劇場公開(東宝東和)初公開年月2009/02/20ジャンルミ
CinemaCollection | 2009/07/21 10:49 PM
1928年。ロサンゼルスに暮らすシングルマザー・クリスティンの息子・ウォルターが行方不明となる。5ヶ月後に警察がウォルターを発見するが、クリスティンの前に現れた少年は全くの別人だった。しかし少年は自分が息子のウォルターであると言い、警察も本人に間
5125年映画の旅 | 2009/07/23 7:30 AM
 母親と言うのは、凄い生き物だと思います。子供のためなら自分の全てを差し出せる、その覚悟と、毅然とした態度。感情的だとか常軌を逸しているとか評されがちです(本編でもそういう扱いを受ける場面が多々ありました)が、それこそが母たる者の本能・直感、寧ろ備わ
首都クロム | 2009/07/24 9:18 PM
クリント・イーストウッド監督の最新作です。 1928年、アメリカで実際に起こった事件を元に作られてます。 シングルマザーの主人公の息子が行方不明になり 五ヶ月後に戻ってきた息子は 別人だった・・・ 自分の本当の息子は、どこに消えたのか・・・ 当時の
愛猫レオンとシネマな毎日 | 2009/08/03 12:22 AM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.