あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
星新一 ショートショート 02 ダークサイド・エディション
2008  日本  国内TVドラマ  ドラマ  
出演:小路勇介、宮崎吐夢


不思議な世界に浸れる奇妙なテイストの大人の童話集。NHKが毎夜3話ずつ10分レギュラー番組として放送した「星新一ショートショート劇場」の中から、10話をピックアップしたもの(星新一が生涯に残したショートショート作品は、なんと1,000篇以上もあるのだそうです)。放送時には、アニメ2話と実写1話の組み合わせだった。「ダークサイド・エディション」とあるので怖いのかと思いきや、全然怖くはなく、ほとんどがシニカルな展開。「夢」と「悪魔」がモチーフになっているものが多い。

 

  「夢と対策」(アニメ):話は面白い。ナレーションの滑舌があまり良くないせいか、聞き取りづらい部分がある。★4

  「逃走の道」(ドラマ):原作がかなり前のものなので仕方がないが、尼崎の脱線事故を思い出してしまうテーマ。★2

  「鏡」(アニメ):大正ロマンを思わせるアニメ。サディスティックな内容。★2

  「椅子」(ドラマ):オーソドックスな皮肉。演技がパッとしない。★2

  「買収に応じます」(人形劇):環境問題がテーマとなっていて、時代を考えるとかなり先を見据えたものと言えるのかも。★3

  「アフターサービス」(モノクロ・アニメ):ありがちな話ではあるが、セールスマンの最後の笑顔が不気味でゾッとする。★4

  「欲望の城」(ドラマ):人間の欲望をよく表わしていると思う。こんな夢を毎日見れると楽しいだろう。★4

  「よごれている本」(アニメ):アニメの精度が高い。ストーリー自体はどこかで読んだことがあるようなおとぎ話風。★3

  「神」(アニメ):デッサン調のアニメ。「神とは・・」というテーマのわりには、こじんまりとまとまりすぎている。★2

  「悪夢」(ドラマ):コメディ・タッチ。音楽のノリがよい。★3

 

軽く鑑賞できてよいのだが、35分とあまりにも短すぎる。せめて倍の20話くらいにはして欲しい。上記10話の中では、最初の「夢と対策」がいちばん気に入ったのだが、ラストのナレーションが聞き取れなかったので(何度も再生してヘッドホンでもトライしてみたのですが)、すごく惜しい(誰か聞き取れた方がいらっしゃったら、ぜひおしえてください)。一つ一つの話の密度は濃いので、一気に鑑賞するより3-4話ぐらいずつに分けて観た方が、それぞれの不思議な世界を吟味できるのではないかと思う。そういう意味でもNHK3話ずつ放送したというのは、観る者のことをよく考えているなぁ・・という感じが。

 

10話観た感じでは、話のパターンみたいなのがあって、必ず一つのオチがあって終わる。おそらく他のエディションでも、そうなのであろう。だが、パターンがわかっていたとしても、しばらくするとこの世界に浸りたくなくような気がする。次は、「プレミアム・エディション」か、「シュール・エディション」か(シリーズ作品として、今のところ5つあるようですが、それぞれ独立した童話集なので、特にシリーズ01から番号順に観る必要はないです)。作品に対する印象は、「皮肉が効いている(スパイシーな感じ)」。上記平均★2.9から、35分という物足りなさ▲0.3を引いて、★2.6
スポンサーサイト
- | 11:00 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/208
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.