あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
Sweet Rain 死神の精度
2007  日本  邦画  ドラマ  ファンタジー  
作品のイメージ:ほのぼの、癒される
出演:金城武、小西真奈美、富司純子、石田卓也

伊坂幸太郎のベストセラー小説「死神の精度」を映画化した作品。原作を読んでから観た方がよりわかりやすかったのでは・・と感じた。その男千葉(金城武)が地上に現れる時は、いつも雨。彼の任務は、人間を七日間観察し、生か死の判定を下すこと。ミュージックを愛するその男は、死神。今回の対象者は:(第一話)27OLの藤木一恵(小西真奈美)。電気メーカーの苦情処理係で、最近同じ顧客から彼女を指名して苦情の電話が入ってきて困っている;(第二話)40歳のヤクザの藤田敏之(光石研)。藤田の弟分は、昔気質の任侠世界に生きる藤田の運命を心配している;(第三話)海辺でひっそりと暮らす70歳の美容師のかずえ(富司純子)。かずえは、死ぬまでに孫に一目会いたいと願っている。ということで、全三話で構成されている。

 

原作未読のため、第一話が1985年、第二話が2007年、第三話が2028年という設定であることを、鑑賞時には知らなかった。第一話については、女性のファッションから80年代であることを感じさせられる。それにしても、この時代にCD屋にあるCD試聴装置なんてあったかしら・・。第三話については、竹子というロボットが出てきたので、そのあたりは近未来的な要素・・ということになるのだろうか。原作は、全部で六話あるらしい。なぜこの三話がピックアップされたのかは、原作を読んでみないとわからない。

 

死神が、「死ぬことについてどう思うか」と観客に尋ねかけて来るような内容となっている。時と共に過ぎる幾千もの命・・どこにでもある人間の死。人はどういう人生を歩いてきたかで死に対する考えは異なるであろうが、誰しも生きている限り死から逃れることはできない。止まない雨は無いと言うけれど、いつか良いことがあるというけれど、死は確実にやってくるものだ。三話それぞれにおいて、死に対する考え方が、ぼんやりと語られているよう。特に第三話では、遠からず死を意識しても、それは今を生きることの意味や目的を際立たせるためのものである、というメッセージが伝わってきて心に響いた。なので、第三話のエピソードが一番良かったと思う。死神が特別じゃない青空を見て感動するように、自分の近くにある当たり前のものや人々の大切さを改めて認識させられるようなエピソードである。

 

エンドロールの後、セルDVDのプロモーションが入っている。セルDVDにはメイキングや出演者のインタヴューが収録されている云々を、黒い犬(ディア)に語らせている。このなんとも押し付けがましい商法には、ちょっと引いてしまった(日テレさん、DVDを売ろうとするあざとい戦略は、逆効果ですよ)。宣伝でしゃべれるなら、劇中のセリフを字幕にするのではなく、しゃべったらどうだ・・とツッコミたくなった。千葉と黒い犬との会話において、千葉は普通にしゃべっているのに黒い犬のセリフだけが字幕となっている。そうすると、会話のテンポが悪くなるし、片方だけ字幕を読むというのも疲れてしまうのだ。

 

キャスティングについては、金城武の起用が活きている。彼の語りの独特のアクセントが、人間離れした死神のエキセントリックな雰囲気を作り出している。平凡なOLの小西真奈美や落ち着いた美しい老婆の富士純子も、それぞれ役にはまっている。キャスティングも含め、第二話の印象が薄かった。思い切って第二話を割愛して、第一話と第三話にもっと説明を入れることにより、膨らませてもよかったのではないだろうか(ジャケットのイメージのように)。全体として、ほのぼのと心を包み込んでくれる作品ではあったが、原作が未読でもすんなりと入って行けるような脚本にして欲しかった。ということで、やや惜しい。★2.6

スポンサーサイト
- | 07:14 | - | - | - | - |
コメント
from: chikat   2009/08/03 8:10 PM
金城君すきなので…。
音楽を聴きながら体を揺らす姿が可愛くて印象的でした。
彼は最近いい仕事たくさんしていてうれしいです。
from: あず沙   2012/04/03 12:52 PM
chikatさん>金城君、ステキですね☆ 彼が出ていると、パッと華やかな感じになりますね。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/205
公式サイト。伊坂幸太郎原作、筧昌也監督、金城武、小西真奈美、富司純子。不幸な運命を生きる自分を唯一理解し、愛してくれた男性を人生の最後まで拠り所にした女性の半生を描いた悲恋――と表現するよりも、死神を介してカムフラージュしなければ、その悲しみは伝わら
佐藤秀の徒然幻視録 | 2009/07/14 7:49 AM
なんて書いたらいいのか迷ってしまう・・・・ 金城 武だから、すごい期待しちゃったし。 期待しすぎたからいけないのか、ツメの甘いところがいけないのか・・・・ でも、期待通り金城 武はすごかった。 彼の見せる全く違う様々な人物像に、もうメロメロになってし
ノルウェー暮らし・イン・London | 2009/07/14 8:56 AM
※ネタバレは、公式サイトレベルでございます。3/25に映画「SweetRain死神の精度」を観て参りました。  原作は伊坂幸太郎の「死神の精度」でございます。金城武演じる死神が、対象者を観察して7日のうちに「死」か否かの判定をする。その判定をすこし覆したときに起
お習字帳(ヲシュウジチョウ) | 2009/07/14 9:29 AM
ワタシ的に相性が良くて験担ぎでいまだにあえて読んでいない伊坂幸太郎さん原作小説の映画化です。しかもしかも主演が私の好きな金城くんとくればこれは見逃せないってことで初日最優先での鑑賞です。期待値も当然高いんですけど同時に贔屓度も高いかも(笑)。 出演は
カノンな日々 | 2009/07/14 9:45 AM
【Sweet Rain 死神の精度】2008/03/22年公開(03/22鑑賞)製作国:日本監督:筧昌也原作:伊坂幸太郎  『死神の精度』(文藝春秋刊) 出演:金城武、小西真奈美、富司純子、光石研、石田卓也、村上淳、奥田恵梨華、吹越満今時の死神は、ミュージック大好き天然イケ
映画鑑賞★日記・・・ | 2009/07/14 10:05 AM
試写会で 観てきました。「SweetRain死神の精度」公式サイト金城=死神(千葉)です。どくろでカマもった死神のイメージと 全く違う死神。この話の 死神とは・・仕事:亡くなる予定のヒトを7日間観察し、    実行=死か、見送り=生かすかを判定する。    病
かいコ。の気ままに生活 | 2009/07/14 1:45 PM
2007年/ワーナー/113分/'08年8月27日DVDリリース 【オフィシャルサイト】 監督:筧昌也 出演:金城武、小西真奈美、富司純子、光石研、石田卓也、村上淳、奥田恵梨華、吹越満
kuemama。の<ウェブリブログのへや> | 2009/07/14 2:24 PM
《Sweet Rain 死神の精度》 2007年 日本映画 ミュージクが大好きな
Diarydiary! | 2009/07/14 7:49 PM
☆☆☆★− (5段階評価で 3.5) 3月22日(土) 109シネマズHAT神戸シアター10にて 13:25の回を鑑賞。{%雨webry%}
みはいる・BのB | 2009/07/14 8:38 PM
 今までの記録に挑戦!1日4本観るぞ〜!と決心した、その2本目は、Sweet Rain 死神の精度を観ることにしました。
よしなしごと | 2009/07/14 11:27 PM
『アヒルと鴨のコインロッカー』の原作者、伊坂幸太郎ということで、見たくなったこの作品。金城武の日本語が不得意な感じがとってもキュートなこの作品♪
レザボアCATs | 2009/07/15 12:39 AM
生き方はお任せします。最期はお任せください。映時間113分製作国日本公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2008/03/22ジャンルファンタジー/ドラマ【解説】人気ミステリー作家・伊坂幸太郎のベストセラーを金城武主演で映画化したハートフル・ファンタジー。人間の感
CinemaCollection | 2009/07/15 12:39 AM
Sweet Rain 死神の精度 スタンダード・エディション [DVD]  (2007/日本) 死神の千葉の仕事は、不慮の事故で亡くなる予定の人物のところに7日前に現れ、その人を1週間観察し、その生死を判断すること。雨男の彼はその日も雨の中、7日後に死を迎えるはずの27歳の
みかんのReading Diary♪ | 2009/07/15 12:49 AM
幾千万の命のそばに7日間だけ寄り添う気まぐれなその死神は、あなたの最後の日にもきっと、この世で一番優しい雨を降らせてくれる。 死神=千葉が現れるのは、人が不慮の死を迎える7日前。7日間の観察期間の後、「実行」=「死」か「見送り」=「生かす」かを判断
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2009/07/15 1:52 AM
オフィシャルサイト 2007 日本 監督:筧昌也 出演:金城武/小西真奈美/富司純子/光石研/石田卓也 ストーリー:千葉(金城武)が現れるのは、人間が不慮の死を迎える7日前。7日間の観察期間の後“実行=死”か、“見送り=生かす”かを判定するのが彼の仕事。仕事は
SSKS* | 2009/07/15 10:08 PM
「Sweet Rain 死神の精度」は死神がターゲットにする相手を1週間観察し、その生死を1週間で判定するストーリーである。死神は登場するものの、怖い死神ではなくごく普通の人間として表れ、人生の生き方について観て行く事でその心境が少しずつ変わっていく。
オールマイティにコメンテート | 2009/07/15 11:29 PM
始まりはいつも雨  不慮の死が予定されている人間の下に現れ、7日間行動を共にし、?実行=死?か?見送り=生かす?を決定する死神。その一人が千葉であった。彼が現れる時は決まっていつも雨。?人類最大の発明品?と賞賛するミュージックを聴きながら、仕事をこなしてい
CINECHANの映画感想 | 2009/07/16 12:33 AM
映画[ Sweet Rain 死神の精度 ]を新宿トーアで鑑賞。 伊坂幸太郎・原作、金城武主演の本作。監督は、本田隆一監督、山下敦弘監督とほぼ同年代の若きクリエイター、漫画家、脚本家と様々な顔を持つ筧昌也が、初の劇場用長編として挑む。筧監督は、最近では昨年上映
アロハ坊主の日がな一日 | 2009/07/17 12:22 AM
監督:筧昌也原作:伊坂幸太郎出演:金城武、小西真奈美、富司純子、光石研、石田卓也、村上淳、奥田恵梨華、吹越満公式サイトはこちら。<Story>死神(金城武)が現れるのは、人が不慮の死を迎える7日前。観察期間の後、「実行」か「見送り」かを判断するのが仕
NiceOne!! | 2009/07/18 12:22 AM
只今、東京生活満喫中♪なんて、遊びに来てるのならよいのですがお仕事で出張です。あ、でも、夕方、早いときは17時には終われるし、出張先は渋谷だし(笑)ある意味、いい環境なんだわ♪ってことで、『死神の精度』観てきました。金城武が死神演じています。相棒の黒い犬
黒猫のうたた寝 | 2009/07/18 11:54 PM
DVD『Sweet Rain死神の精度』を見たよぉ〜 メディア 映画 上映時間 113分 製作国 日本 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2008/03/22 ジャンル ファンタジー/ドラマ 解説・・・ 人気ミステリー作家・伊坂幸太郎のベストセラーを
オタマ・レベルアップ | 2009/07/26 10:09 PM
 3回目の鑑賞です...正確に言うと2.5回目の鑑賞な感じ(笑)詳しくは 初日舞台挨拶の日記へ  1回目  2回目伊坂幸太郎さんの原作が60万部突破の売上 内、一冊にワタクシも貢献武ちゃん らぶぅなワタクシですが、そんなワタクシでも 過去、リターナー
HAPPYMANIA | 2009/08/15 2:41 AM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.