あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
百万円と苦虫女
2008  日本  邦画  ドラマ  ラブロマンス  
作品のイメージ:ほのぼの、ためになる
出演:蒼井優、森山未來、ピエール瀧、竹財輝之助

まるで自分のことを言われているように感じた作品。フリーターの鈴子(蒼井優)は、友達からルームシェアの話を持ちかけられ、それに応じる。すると、なんとギリギリになって、友達の彼氏と三人でルームシェアと言われたのだった。鈴子は、それを断ることができずに、嫌々ながら承知してしまう。いざ入居してみると、友達とその彼氏は別れていて、なぜか鈴子と友達の彼氏が二人っきりでルームシェアすることに。そして、鈴子は、そのことからトラブルに巻き込まれる。警察沙汰になり、前科者になってしまう鈴子。近所の笑い者になり、家族に迷惑がかかると思って「百万円貯まったら出て行きます」と家族に宣言する。それから、海へ山へ町へと百万円貯まるごとに、住処を変えていく鈴子だったが・・。

 

彼女が住処を転々とする理由なのだが、前科者でそれを人に知られるのが嫌だという理由だけではないと思う。最初はみんな初対面の人であっても、そこにしばらく関わっていると、厄介なことに巻き込まれたり複雑な人間関係に絡まって、だんだんと疲れてきてしまう。人とのコミュニケーションという点で、不器用なのかもしれない。パーティーや飲み会に誘われたりすると、鈴子は苦虫をかみつぶしたような笑みを浮かべて仕様がなく応じる。親しい友達もいない。いないのではない、自分からつくらないようにしているのだ。人は、みんな最初は人と仲良くしたいと思う。でも、親しくなりすぎると何かしら面倒なことになり人間関係がこじれたり、義理に縛られたり・・要するに、自由がなくなってしまう。血縁・地縁・仕事のつながり・・人間社会の鬱陶しさをすべてシャットアウトして生きて行こうとする鈴子の姿を見て、かなり共感と羨望の念を抱いてしまった。

 

しかし、鈴子の生き方とは対照的に、どんなに虐められてもそこから逃げない弟がいた。そんな弟から手紙が届き、彼女は「人間関係から逃げないこと」を学んだと思いきや・・。ラストを迎えた後、彼女はそれを悟り、最後の町に戻ってくるのではないだろうか。彼女が最後に呟く言葉がそれを予感させる(これ以上は、ネタバレになりますね)。観る人の想像に任せるという感じのラストが良かった。もし、これがありがちなハッピー・エンドに持って行ったり、適当なオチをつけて終わっていたら、かなり安っぽい感じの作品に仕上がっていたと思う。

 

誰しも、人間関係を構築していき、うまくいかないことがあるとそれをリセットしたいと感じる。しかし、自分にとって特別な人が出来た場合はどうであろうか?鈴子にとっては、中島君(森山未來)のような存在である。自分の思うようにならない、あるいは自分の見方だけで相手を誤解し、それでさっさと断念してしまったら、特別な人との関係はいつになっても長続きはしない。次の土地に行っても、同じことの繰り返しなのである。なので、社会との隔意という点で鈴子に共感してしまう自分にとっては、自戒という意味で「ためになる」作品であった。恋人だけではない。自分にとって中島君のような存在の人を沢山つくっていくには、リセットに頼っていてはダメ・・ということかな。人の悪意に触れる時もあれば、優しさや温かさに触れる時もある。桃園での手土産の桃が人の善意を象徴しているようで、とてもおいしそうに見えた。★3.7

スポンサーサイト
- | 03:25 | - | - | - | - |
コメント
from: keyakiya   2009/07/12 7:14 AM
この映画でタナダユキ監督の名前を知りました。ちょっと注目!
蒼井優ちゃん、CMに出るたびに、この映画を思い出します。
ちょっと大人になったかぁ。

若い女の子の旅から旅へ。といってもリセットの旅ですけど。
ボクらの人生もそれなりにリセットの連続です。
from: あず沙   2009/07/12 12:22 PM
keyakiyaさん>いらっしゃいませ☆ 私は、タナダユキ監督の作品は本作が初めてですが、他作品も観てみたいような気になりました。「赤い文化住宅の初子」とか・・。蒼井優ちゃんかわいかったですね。演技もしっかりしてたような気がします。私も、何かを一生懸命構築しては、全部リセットしたくなる衝動に駆られることが多いです。そして、次にまたゼロからスタート、というのを繰り返してしまいます。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/202
監督・脚本:タナダユキ出演:蒼井優、森山未來、ピエール瀧、竹財輝之助、齋藤隆成公式サイトはこちら。<Story>短大を卒業後、フリーターをしている鈴子(蒼井優)は、バイト仲間からルームシェアを持ちかけられて実家を出る事にした。しかしひょんな事から事件
NiceOne!! | 2009/07/12 4:57 AM
百万円と苦虫女 HP http://www.nigamushi.com/index.html ちょっと最近「コスプレ的に陥っているな」と自嘲的になりながら、堂々と観に行く。この映画を観るんだ、蒼井優を観るんだと。
Art- Mill | 2009/07/12 7:16 AM
公式サイト。 タナダユキ監督、蒼井優、森山未來、ピエール瀧、竹財輝之介、齋藤隆成、笹野高史、嶋田久作、モロ師岡、石田太郎、キムラ緑子、矢島健一、斎藤歩、堀部圭亮、江口のりこ。昔の深夜番組11PMのメロディが流れる。シャバダバシャバダバという随分なオヤジギ
佐藤秀の徒然幻視録 | 2009/07/12 7:30 AM
 『自分探しなんてしたくない。 むしろ逃げてるんです。 百万円貯めて、誰も知らない場所―― 海へ、山へ、そして地方の町へ。』  コチラの「百万円と苦虫女」は、あたしも大好きな蒼井優ちゃんの3年ぶりの映画主演作となったオムニバス風ヒューマン・コメディ
☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/07/12 7:50 AM
あらすじ短大を卒業後、フリーターをしている鈴子はバイト仲間からルームシェアを持ちかけられて実家を出る事にしたが、ひょんな事から警察沙汰になり・・・。感想百万円貯まるごとに町を転々とする苦虫女のお話です。でも、苦虫女って感じちゃうかったな蒼井優演じる主
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2009/07/12 9:00 AM
タナダユキ監督 佐藤鈴子は、百万円を貯めては次の土地に移るという生活を続けている。それというのも、ある理由から実家に居辛くなってしまったからだ。その理由のせいもあり、地味で人付き合いの苦手な鈴子はますます人嫌いになっている。まずは海に、そして山に、
BUNPITUノHIBI | 2009/07/12 9:31 AM
シャバダバダ、シャバダバダ [:るんるん:]  娑婆だばだ、娑婆だばだ、、、、[:るんるん:]   まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:右斜め上:]    【あらすじ】 就職できずにフリーター生活を送る21歳の佐藤鈴子(蒼井優)。親
じゅずじの旦那 | 2009/07/12 9:51 AM
監督のタナダユキさんといえば『赤い文化住宅の初子』の印象が鮮烈でしたけど、あの作品は全国的には観た人は少ないでしょうから、この映画が彼女にとってはメジャーデビューとなる監督作品といえそうですね。お金絡みのガーリームービーという共通点は彼女のこだわり?
カノンな日々 | 2009/07/12 10:10 AM
「百万円と苦虫女」 「山桜」 
Akira's VOICE | 2009/07/12 11:07 AM
9月30日(火) 19:25〜 キネカ大森2 料金:0円(キネカ大森スタンプカード利用) プログラム:700円(買っていない) 『百万円と苦虫女』公式サイト 百万円貯まったら、住む場所を変えて生活し、また百万円貯まったら他に移動して生活をやり直すことにした若い娘
ダイターンクラッシュ!! | 2009/07/12 1:12 PM
☆☆★−− (5段階評価で 2.5) 7月19日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター1にて 13:05の回を鑑賞。{%現金webry%}
みはいる・BのB | 2009/07/12 3:27 PM
蒼井優主演映画「百万円と苦虫女」観て来ました。
またり、すばるくん。 | 2009/07/12 3:35 PM
話題の蒼井優ちゃん主演作{%クローバーwebry%}
白ブタさん | 2009/07/12 11:15 PM
百万円と苦虫女 [DVD]ほろ苦いこの青春映画の地味な蒼井優は、圧倒的に魅力がある。ひょんなことから前科者になった鈴子が、各地を転々としながら徐々に成長する姿を描く物語だ。不器用な女の子がポツリと言う「自分を探したくない。探さなくてもいやでもここにいるから
映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP | 2009/07/12 11:43 PM
友達と今年16本目の映画「百万円と苦虫女」を見に行った。 元(?)はWOWOWドラマだし、サクッと見られる映画かなと勝手に思っていたら、なんと2時間。でも主人公鈴子を演じる蒼井優がほとんど笑顔も無いのにひどく魅力的で、ついつい引き込まれてしまった。 鈴子
まきまきにっき | 2009/07/13 12:35 AM
自分を探したくないんです  短大を卒業したものの、就職できずにアルバイト生活を送る21歳の女性、佐藤鈴子。ある事件から実家に居づらくなった彼女は、家族の前で「百万円貯まったら出て行きます」と宣言、以来バイトを掛け持ちして懸命に働く日々が続く。そして百万
CINECHANの映画感想 | 2009/07/13 1:14 AM
2009年97本目DVD『百万円と苦虫女』ストーリー短大を卒業してフリーターになった鈴子は、バイト先の仲間からルームシェアを持ちかけられる。しかし、あることがきっかけで警察の御厄介になってしまい前科が付いてしまった。家族から責められた鈴子は決意する。百万円
腹黒い白猫は見た!! | 2009/07/13 10:06 PM
映画『百万円と苦虫女』公式サイト 監督・脚本:タナダユキ 出演:蒼井優、森山未來、ピエール瀧、竹財輝之助、佐々木すみ江 2008年/日本/121分 おはなし Yahoo!映画 就職浪人中の鈴子(蒼井優)は、アルバイトをしながら実家で暮らしていた。彼
Rabiovsky計画 | 2009/07/13 11:58 PM
蒼井優主演の映画は久しぶりでしょうか?『百万円と苦虫女』観てきました。微妙に嫌々そうにひきつって笑ってる蒼井優の笑顔そーいうあいまいはよくないんだよーーー(笑)最初のつまづきはルームシェア・・・女の子二人のはずがなんで男がついてくる?しかも引っ越し当日
黒猫のうたた寝 | 2009/07/14 1:04 AM
《百万円と苦虫女》 2008年 日本映画 些細なことから警察のお世話になった鈴子
Diarydiary! | 2009/07/14 7:24 PM
自分探しなんてしたくない。むしろ逃げてるんです。百万円貯めて、誰も知らない場所__海へ、山へ、そして地方の町へ。くすっと笑って、ほろりと涙、人生が愛しくなるちょっとビターで憎めない女の子の旅物語。 物語:短大を卒業後、就職もできずにアルバイト生活
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2009/07/15 12:35 AM
DVDにて鑑賞。 「嫌な同居人に拾った猫を捨てられてしまい、腹いせに彼の持ち物すべて捨ててしまった鈴子。刑事訴訟を起こされて有罪。前科者になってしまう。実家に居ずらくなり、100万円貯めて家を出る。辿り着いた土地で100万円を貯めたら次の土地に移るという生
・*・ etoile ・*・ | 2009/07/15 12:42 AM
40℃という気温を記録した去年の真夏に、エキストラとして撮影に参加した蒼井優・森山未來・あんぱんち出演『百万円と苦虫女』がついに本日公開さぁ〜て今回は、どのくらい映っているのだろう???胸を高鳴らせて、初日舞台挨拶へ向かったのであった(爆)|あんぱ的
|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο | 2009/07/16 11:13 AM
映画[ 百万円と苦虫女 ]をシネセゾン渋谷で鑑賞。 1か月ぐらい前から『赤い文化住宅の初子』での検索と、TBをいただくことが多くなったのは、たぶんこの作品のせい、いやおかげだろう。蒼井優主演、そしてタナダユキ監督作品の[ 百万円と苦虫女 ]。紋切型な展開で
アロハ坊主の日がな一日 | 2009/07/17 12:25 AM
─ 人間関係もまんざらでないと思える救い ─ 最近CMなどでもよく目にする蒼井優が主演するこの作品『 百万円と苦虫女 』(2008年/日本)。現代ならではの人間関係の問題を、ドロドロしすぎない程度で、かつブラックユーモアも交えたシニカルな感じに描いているのがと
Prototypeシネマレビュー | 2009/07/18 9:16 AM
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2008年日本映画 監督タナダユキ ネタバレあり
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] | 2009/07/20 2:39 PM
【夏の買い物応援セール★5%OFF!】☆蒼井優さんに持ってもらいたいバッグ♪Dakota(ダコタ)〔ハント〕ショルダーバッグ(小) ブラック【送料無料】【希望者のみラッピング無料】【プレゼントにも最適♪】【ポイント2倍!】【02P21Jul09】商品価格:23,000円レビュー
重要政治・経済・国際ニュースダイジェスト | 2009/07/24 2:31 AM
海の家から、緑の山中、どこにでもある風景の地方都市。佐藤さんちの鈴子さんは、100万円と共に風に吹かれて流れてゆく。 素っ気無くて不器用な女の子のアンニュイなガーリー映画。わが道を行く、ように見えて脆いヒロインの自分探しならぬ、自分逃亡のものがたり。
knockin' on heaven's door | 2009/07/26 11:38 PM
蒼井優を映画で何度も見てるのに、この作品が待望の主演作とは、意外でした。 監督は、タナダユキ。「さくらん」の脚本で注目された33歳の女性監督です。 この作品は、蒼井優をイメージして、脚本を書いたそうです。 見終わってみると・・・確かにそうです!
愛猫レオンとシネマな毎日 | 2009/08/03 12:15 AM
本日2本目。 蒼井優ちゃんで〜す(^^)1本目の上映時間が、早かったので、2本鑑賞しても、おやつの時間には帰宅OK!!昨夜、遅くまで作業した疲れも吹っ飛ぶというものです(^^)vお抱えの作業に追われるというか。。。ドンぐさいから、ちょっと間あいちゃいました。.
ANNE'SHOUSE-since1990- | 2009/08/13 8:37 AM
【鑑賞】シネセゾン渋谷 【公開日】2008年7月19日 【製作年/製作国】2008/日本 【監督】タナダユキ 【出演】蒼井優/森山未來/ピエール瀧/竹財輝之助/齋藤隆成/佐々木すみ江 短大卒業後、就職もできずにアルバイト生活を送っている鈴子。ひょんな事件に巻
caramelの映画日記 | 2009/09/05 10:53 PM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.