あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
アイリス
2001  イギリス  洋画  ラブロマンス  
作品のイメージ:ほのぼの、切ない
出演:ジュディ・デンチ、ジム・ブロードベント、ケイト・ウィンスレット、ヒュー・ボナヴィル

アイルランド出身の英国の哲学者・作家・詩人であるアイリス・マードックの半生を夫のジョン・ベイリーの目線で描いた物語。若き日のアイリス(ケイト・ウィンスレット)とジョン(ヒュー・ボナヴィル)は、オックスフォード大学時代に知り合う。恋愛経験豊富なアイリスは、複数の男性と同時に交際していたが、ジョンの直向きさと純粋さに惹かれていき、やがて二人は結婚する。仕事で成功を収め老人となったアイリス(ジュディ・デンチ)とジョン(ジム・ブロードベント)は静かに老後の日々を送っていた。しかし、アイリスはアルツハイマーを発病する。ジョンは、戸惑いながらも、どんどん病気が進行していくアイリスを温かく見守るのだった・・。

 

若き日の自由奔放なアイリス、仕事で活躍するアイリス、そして記憶がどんどん無くなっていくアイリスを包み込むような優しいジョンの愛に心打たれた。若き日と年老いた日が交錯するようなかたちでストーリーは展開するが、ジョンのアイリスに対する一貫した献身的な愛情が三次元の世界で花開いているような感じ。地味なドラマではあるが、ジョンの静かな愛が、叙情的かつ耽美的に描かれている。アイリスが踊るように川の中で泳ぐシーンは、印象的。しかし、一般論になってしまうが、夫婦のどちらか一方がアルツハイマーを発病したとしても、ジョンのような男性の愛が、必ずしも最後の最後まで支え切れるとは限らない。アルツハイマーは単なる老人性痴呆症とは違い、人格が変化したり、徘徊したり、精神の荒廃状態に陥ることもあるという。そうなった場合、個人レベルの愛だけで救うことは、果たして可能なのだろうか。

 

誰でも年をとり、夫婦であればどちらかに面倒を見てもらうことになる。それができなければ、施設に入る。たとえ子供がいたとしても、子供には子供の生活があるため、あてにはできない。若き日のアイリスがあんなに自由奔放できらきらと輝いていたのに、言葉をどんどん忘れて行ってしまうという現実。ジョンのような男性に愛されていても、その愛に100%頼り切ってしまうわけにはいかない。その現実の部分が描かれているようでいて、ジョンの愛情によって若干目隠しされているようでもあり、厳しいリアリティが描ききれていないような気もした。なので、リアリズムを追及している作品ではなく、アイリス・マードックの半生とジョンの愛を描いたドラマなのだと思うことに。

 

ジョンを演じたジム・ブロードベントは、アカデミー助演男優賞を受賞。ジュディ・デンチの存在感は言うまでもなく、またいきいきとしたアイリスを演じたケイト・ウィンスレットの演技も「タイタニック」の時とは一味違う一面を見せてくれていて、ファンにとっては嬉しい。但し、本作全体を考えた場合、まず娯楽性はゼロ、と言って、アルツハイマー患者の問題を深く掘り下げているわけでもない。だけど、やはり観客としては、自分の場合に当てはめて考えてしまうのである。自分が、もしアイリスだったら・・。また、ジョンであったら・・。その部分は、意図的かどうかはわからないが、作品から抜け落ちているような気がしてならない。「自分ならどうするのか」と観客が考えた場合、誰もが夫婦愛だけでは解決しない問題であることを悟る。それに対する観客へのレスポンスがないのである。ますます深刻化する高齢化社会と社会保障の問題まで連想してしまうのは、本作の鑑賞のしかたが間違っているからか。★3.2

スポンサーサイト
- | 10:23 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/199
病が彼女を変えても、愛おしさは変わらない
悠雅的生活 | 2009/07/09 11:31 PM
NHK-BS2で観ました♪
☆お気楽♪電影生活☆ | 2009/07/10 11:18 AM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.