あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
ステップ・アップ2 ザ・ストリート
2008  アメリカ  洋画  青春  
作品のイメージ:カッコいい、スゴイ
出演:ブリアナ・エヴィガン、ロバート・ホフマン、アダム・G・セバリ、ウィル・ケンプ

日本では未公開の作品ながら、全米では興行収入6,000万ドルを稼ぎ出し、世界40ヶ国で大ヒットした作品。亡き母の親友サラに面倒を見てもらっているアンディは、仲間たちとストリート・ダンスのチームを組んでいた。しかし、学校をさぼってばかりのアンディ。サラはアンディに怒り、テキサスへ行くかダンス学校に真剣に通うかの選択を迫る。ダンス学校のオーディションに何とか合格するも、基礎が全く出来ていないアンディは授業について行くのがやっとの状態。ストリート・チームの練習にちゃんと参加できないアンディは、チームの仲間との関係が悪化する。そんな矢先・・。


「ステップ・アップ」の続編ということになるのだが(チャニング・テイタムがワンシーン出演しているというだけで続編扱いになっているようですが、特に前作のストーリーを引き継いでいるわけではありません・・でも、ボルチモアにある芸術学校が舞台となっているという点では同じです)、今回はストリート・ダンス。ストーリー自体は、前作と同様どうってことないような内容だけれど、ダンスが凄く良い。主人公のアンディ役のブリアナ・エヴィガン以外のダンス・パフォーマンスは相当なもの(ブリアナのファンの方がいらっしゃったら、スミマセン)。冒頭に出てくるチャニングのダンスもステキ。音楽や振り付けも、申し分なし。ストリートでのダンス・バトルが中心になっているが、おそらくそれが全米のダンス・ファンに支持されているのではないかと思われる。全米では爆発的人気だったということもあり、どうやら既に次回作「ステップ・アップ3D」が予定されていて、アンディがまたもや主演だとか(でも、また日本未公開ということになるのでしょうね)。


とにかくストリート・ダンス好きの方には、おススメの作品。ダンスに興味のない方で、青春映画的なものを期待している方には、ちょっとキビシイかも。あくまでもダンス・ムービーなので、あまり深いものを期待してはいけない。私個人としては、ストリート・ダンスやヒップホップが大好きなので、かなり楽しめた。チーム・メンバーのダンス・パフォーマンスはもちろんのこと、ダンス・バトルに参加するダンサーたちのレベルが半端じゃないので、ダンス自体を観ているだけでワクワクしてくる感じ。 ラストの雨の中でのダンスも盛り上がるし、エンドロールではダンサーたちのパフォーマンスをオムニバス形式で流しているが、これも見応え十分(繰り返し鑑賞してしまいました)。そう言えば、パーティーでサルサを踊るシーンなんかも入っていたりして・・。


前作と比べて恋愛のストーリー性が弱いので、二人が惹かれあっていく過程がもう少し詳しく描かれていてもいいのではないかと。でも、アンディの相手役のロバート・ホフマンは、MTV Movie Award 2008でベスト・キス賞を受賞したんだとか。ロバート・ホフマンは、個人的にはタイプなので、次回作にも出てほしい。ちょっと気になったので、どんな他作品に出演しているのか調べてみると、「デス・トリップ」、「ダンシング・ハバナ」や「アメリカン・ピーチパイ」とある。主演ではないだろうけど、いずれ機会があれば鑑賞してみたい。★3.3

スポンサーサイト
- | 10:45 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/190
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.