あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
クロエ 無垢な娼婦
1996  フランス  ベルギー  洋画  エロス  
作品のイメージ:切ない
出演:マリオン・コティヤール、アンナ・カリーナ、ジャン=クロード・アドラン、ノーツァ・クーアドラ

見ていて痛々しいくらい無垢というか純真な16歳の女の子が堕落していくお話。失恋した上に母親と折り合いが悪く、家出をしたクロエ(マリオン・コティヤール)。路頭に迷う彼女に手を差し伸べたのは、危険な香りのする年上の男だった。彼の優しさに惹かれていくクロエは、彼にすっかり夢中に。やがて、男は自分の借金を返すためにクロエに体を売ることを強要する。愛する男を助けるために、自らの体を犠牲にすることを選ぶクロエ。無垢な少女は、男たちの欲望にまみれていくのだった・・。

 

マリオン・コティヤールは相変わらず魅力的なのだが、さすがに16歳の設定には無理があるような・・。娼婦に成り下がって行く過程でのクロエの顔つきが、どんどん変貌していくのが印象的。初めははじけるような笑顔を見せていた彼女だったが、だんだん凍りついたような顔つきになり、何をすることも厭わなくなっていく姿が切ない。しかし、ある日「私は心も体も汚れている」といってシャワーでゴシゴシ体を洗ったり、鏡の中の自分の姿を見て「これが娼婦のワタシ」と茫然としたり・・。彼女の感覚は愛する男のために麻痺しながらも、堕落していく自分を自覚しては、「愛のため」と自分を必死でごまかしていたのだった。

 

人を疑うことを知らないクロエは、愛する人に騙され信頼していた友人にも裏切られるのだが、唯一クロエのことを本当に想ってくれていている人がいて、救われた思いがする。絶望的なストーリーかと思いきや、少し救われる部分はあったのと、エンディングに流れる曲がクロエの未来に明るい光を灯してくれているかのよう。但し、全体のストーリーは、陳腐な感じがする。若さ故の無垢、無垢故の浅はかさ、そして人を疑わない心・・そんな心が踏み躙られた彼女は・・といった感じの作品は他にも多々ありそうな・・。

 

但し、陳腐なストーリーの中にも、マリオンの魅力が溢れている。相変わらず、体当たりの演技は大したもの。そして、今回は脇役であるアンナ・カリーナの存在感もたっぷり。アンナが演じるカティアは、なぜそんなにクロエにこだわるのか・・?カティアもクロエを食いものにする男たちとつながりがあるのか・・?ゴダールの作品に出演しコケティッシュな魅力でファンの心をつかんだ彼女だったが、本作ではクロエに対して成熟した女性の象徴という存在だ。大人の女性と大人に未だ成りきっていない女性が、まるで本当の母娘のようにしっかりと心でつながる・・となんとも普通の作品なら平凡な持って行き様になってしまうところが、本作ではそうはなっていない。マリオンとアンナの演技の息がピッタリで、ある意味新鮮味を見せてくれている。二大女優の腕前が、光っているところであろう。

 

内容的には官能的で過激ということになるのだろうが、個人的には二人の女優の魅力を堪能したのと、傷ついても希望を捨てない女性の強さを痛感した。本作は、当然のように日本未公開。マリオン・コティヤールと言えば「エディット・ピアフ 愛の賛歌」が代表作のように語られるが、「美しい妹」など彼女主演の秀逸な作品があることが、もっと浸透すればよいと思う。本作についても、あまりブログで感想を書いている方がおられないことが残念。やはり「エロス」というカテゴライズだけをして官能性を求める人たちだけをターゲットにしているマーケティングが、間違っているような・・。★3.2

スポンサーサイト
- | 14:19 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/189
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.