あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
NEW ENTRIES
ブックマーク
あし@
おきてがみ
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
ライフ・オブ・デビッド・ゲイル
2003  アメリカ  洋画  ミステリー・サスペンス  ドラマ  
作品のイメージ:感動、切ない、ドキドキ・ハラハラ、ためになる
出演:ケヴィン・スペイシー、ケイト・ウィンスレット、ローラ・リニー、ガブリエル・マン、マット・クレイブン

死刑執行に対するアラン・パーカー監督の思い、そして死刑執行に反対する人々の思いが鋭く描かれた衝撃のサスペンス。舞台は、アメリカの死刑論争の中心地であるテキサス。大学の哲学科で教鞭を執る人気教授デビッド・ゲイル(ケヴィン・スペイシー)は、家庭では良き父親であり、死刑制度反対運動に熱心に取り組む活動家でもあった。しかし、活動団体の同僚の女性を強姦・殺害した罪に問われ、死刑執行目前の状況。デビッドに単独インタビューすることになった女性記者ビッツィー(ケイト・ウィンスレット)は、処刑まであと数日に迫った彼を取材するうちに、彼がそんな罪を犯した人間のようには思えず、冤罪の可能性を探る。やがて、一本のビデオテープが、ビッツィーのもとに送り付けられてくる。果たして、デビッドは本当に罪を犯したのか? それとも、冤罪で処刑されそうになっているのか・・?

 

テキサスでの死刑の執行回数は全米第一位であることから、選挙の年には特に、死刑制度についての政見が議論の的になることが多いと言う。また、注目度の高い死刑囚の死刑執行に際しては、映像ロケにあるように、多くの人が集まり反対する人たちがデモを繰り広げることも少なくないとか。ロケ地であるハンツヴィルという地域には、死刑囚の棟も含め七つの刑務所があり、「世界一の処刑地」と呼ばれている。2002年においては、米国での処刑の半数は、このテキサスで行われたよう。アラン・パーカー監督は、おそらく死刑執行に反対であるのだろう。死刑制度反対運動の活動家の演説を通して、監督の思いが押し付けがましくなく語られているように思える。

 

しかし、本作はそんな社会派サスペンスではあるが、単なる小難しい作品で終わっていないところが凄い。ストーリーが二転三転し、観客を飽きさせない。また、死刑制度という問題を提起していると同時に、父親の子供への想いが痛いほど感じられる。その父親の思いを強調するという意味で、三つ目の未公開シーンが本作の重要なカギになっているように思え、このシーンについては本編に含めてもよかったのではという気がした。

 

ビッツィーに過去に何があったのかを伝えるデビッドの表情、死刑制度反対運動の活動家としてのデビッドの表情、息子のことを思うデビッドの表情・・そして、驚愕のラストのデビッドの表情。ここまで演じ分けられるのは、ケヴィン・スペイシーをおいて他にはいないであろう。ケイト・ウィンスレットの熱演(よく走りましたね〜)もさることながら、やはりケヴィン・スペイシーなくして本作は成り立たなかったと言えるのではないだろうか。

 

ビッツィーの存在は観客の視点で描かれていて、観客は自然にビッツィーに感情移入できるような絶妙な構成となっている(もちろんケイトの演技力の賜物でもありますが)。ラストまで観てから、全体として上手く練れた作品だなぁ〜、とあらためて感心。無駄なシーンがなく(一つだけありました・・元奥さんに出した学生からの現金とハガキのシーン・・この意味がよく解らない)、脚本もよく計算された上で書かれたという印象。冒頭のビッツィーが全力疾走するシーン、そして観る者に強烈な余韻を残すラストのシーン・・上質なドラマの幕開けと終幕にふさわしいものとなっている。

 

私自身はアラン・パーカー監督とは別の考え方を持っていて死刑廃絶論反対派なのだが、冤罪で死刑になることは絶対あってはならないと思う。死刑制度そのものと冤罪で死刑になることは、また別問題ではないか・・というのが唯一疑問に感じた点。冤罪で死刑になる人がいないようにするためには、法制度のありかたや刑事訴訟のありかたが問われるべきであり、死刑制度の問題とはまた一線を画する。しかしながら、死刑制度そのものを考えた場合、死刑制度自体に常に賛成反対の議論が付きまとうのは、そうあるべきだと思っている。本作では、真剣に死刑制度という社会問題と対峙しようとする真摯な姿勢が感じられた(但し、重たく濃い作品なので、比較的体調の良いときにご覧になることをおススメします)。★4.0

スポンサーサイト
- | 14:13 | - | - | - | - |
コメント
from: 森と海   2009/07/27 8:39 PM
初めまして。
>元奥さんに出した学生からの現金とハガキのシーン・・この意味がよく解らない
ここは、電話にも出てくれない元奥さんに対して「最初のレイプ疑惑は謀られたことだ」という弁明と、子供の養育費と、テンガロンハットは金で動いたのではないという少なくとも3つの事柄を描いているんでしょう。

通りすがり失礼しました。
from: あず沙   2012/04/03 12:29 PM
森と海さん>なるほど、納得がいきました。どうもありがとうございました。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/186
 『あなたはこの結末に納得できますか・・・』  活字中毒と言うワケじゃないんだけど、常に何か読みかけみたいな感じで、本を読み漁っています。で、いっぱい読みたい本もあるんだけど、お家にはまだ読んでいない本もいっぱいあります。そして、その中の1冊にコチ
☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/06/29 7:15 PM
もともとニコラス・ケイジが趣味で持っていた脚本を映画化しようということでアラン・パーカー監督に話が舞い込んだ経緯で作られたこの映画。実際見てみると社会派作品らしく重くパンチの効いた作品でしたが、こういう脚本を趣味で集めているニコラス・ケイジはやっぱり
めでぃあみっくす | 2009/06/29 8:20 PM
1人の死が、未来の数千人を救うとは言っても、その1人の命だって、かけがえのない命なのだ。死刑囚デビッド・ゲイルが強い信念を胸に秘めて、自分から進んでああいうことをしていたんだと。全部、分かってやっていたんだと明かされたとき、その生き様に、心を揺さぶら
こぶたのベイブウ映画日記 | 2009/06/29 8:25 PM
『ライフ・オブ・デビッド・ゲイル』を観ました同僚の女性を強○・殺害した罪で死刑目前の元大学教授に単独インタビューすることになった女性記者が、やがて彼の冤罪を信じ、独自の調査に乗り出す過程を二転三転する巧みなプロットで描く社会派サスペンス・ドラマです>>
おきらく楽天 映画生活 | 2009/06/29 9:17 PM
JUGEMテーマ:映画 制作年:2003年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:131分  原題:THE LIFE OF DAVID GALE  配給:ソニー・ピクチャーズ  監督:アラン・パーカー  主演:ケビン・スペイシー      ケイト・ウィンスレット
La.La.La | 2009/06/30 9:09 PM
原題:THE LIFE OF DAVID GALE監督は『バーディ』のアラン・パーカーAlan Parkerキャストは死刑廃止論者の教授ゲイルにケビン・スペイシーKevin Spacey彼を取材する記者にケイト・ウィンスレットKate Winsletその助手にガブリエル・マンGabriel Mannゲイルの同
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2009/06/30 10:52 PM
やはりアランパーカーは大きくハズさないね。 個人的にはホント好きな監督さん。 バーディで起用したニコラスケイジが制作ですか。ニコラスケイジがね。ふーん。 いかにも的なケビンスペイシーの死刑囚役に、痩せて見やすくなったケイト・ウィンスレット(タイタ
しーの映画たわごと | 2009/07/01 9:04 AM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.