あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
長い長い殺人
2007  日本  国内TVドラマ  ドラマ  ミステリー・サスペンス  
作品のイメージ:ドキドキ・ハラハラ
出演:長塚京三、仲村トオル、谷原章介、平山あや

登場人物たちの財布が語り手となり事件の真相を徐々に解き明かしていくという点においては、斬新な作品。ひき逃げ事件で死亡した男には、妻を受取人とした28千万円もの保険金がかけられていた。妻法子には愛人がいて、その愛人である塚田(谷原章介)の婚約者にも保険金が掛けられやがて殺害される。見るからに怪しすぎる塚田と法子は、一躍ワイドショーを賑わすようになる。だが、二つの事件当時、彼らには鉄壁のアリバイがあった・・。

 

ドラマWで、しかもキャストも豪華。しかし、パッとしないにも程がある。まず登場人物が多すぎて、作品全体が散漫になっている感がある。登場人物のつながりが徐々に見え、ある一つの真実へと導かれていくところはなかなか面白いと思ったが、その過程があまりにも長過ぎる(タイトル通り・・ということで)。そして、その分内容も希薄になっている。正統派ミステリーに分類されるのであろうが、語り手が財布であるということ意外には、これといった特徴があげられない凡庸なミステリーに留まっている。これは、原作を映像化することが、難しかったのではないだろうか。宮部みゆきの原作自体は(未読ですが)、それなりの作品なのかもしれない。

 

財布が語り手になっているということで、「お金」に絡んだエピソードが添えられているのだが、事件を追う響刑事(長塚京三)が住宅ローンに困っている事などは、事件捜査の展開とは特に関係がない。すべての登場人物に「お金」に纏わるエピソードを添えるというのであればそれも独創的かもしれないが、必ずしもそうなってはいない。なので、どうも中途半端感がぬぐえないのである。また、近年加熱するマスコミのワイドショーなどへの風刺になっているととれる点もあるのだが、それも尻切れトンボで終わってしまっている。

 

「旧友の財布」の章においては背筋がゾクっとした。が、それが谷原章介の怪演へとつながっていない。確かに、塚田の底知れない不気味さは伝わってくるが、残念ながら怪演とまでは言い難い。長塚京三のベテラン刑事役が渋いのと、仲村トオルの私立探偵役が好い味を出している。妻に死なれて生きる意欲も無くした私立探偵が、事件に関わることにより再び仕事をする意欲を取り戻すといったプロットが、上手い具合に作品に収まっている。登場人物の一人一人が丁寧に描かれているので、群像劇としてのレベルは低くはない。だが、ミステリーとしては・・。特に、ドラマWはどれもクオリティーが高いということと、これだけ豪華なキャストを揃えておきながら・・という点を考えると、やや残念な出来栄えである。

 

また、現実離れしすぎているというか、実際こんなことがあるのかなぁ〜、という疑問も持ってしまった。動機にイマイチ説得力がないのである(ネタバレになるので、これ以上具体的には書かないことにします)。ミステリー故にリアリズムを追及する必要はないが、ストーリーの持って行き方が強引というか突飛なところが、ちょっと気になる。普通のTVドラマとしては及第点であるが、ドラマWであるという期待が大きかっただけに、ちょっとキビシめの評価の★2.3
スポンサーサイト
- | 17:28 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/185
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 宮部みゆきのこの作品は 刑事、犯人、事件関係者それぞれの”サイフ“が語り手となって物語が進む。 それぞれ人格をもっていて考えもするが、サイフなので自分では動けないしポケットやバックに入ってたら見えない。 これをどう映像化するの
NOHOHONブログ | 2009/06/28 6:35 PM
2007/11/04放送(11/12鑑賞)製作国:日本、WOWOW監督:麻生学原作:宮部みゆき出演:長塚京三、朝加真由美、金子賢、伊藤裕子、谷原章介、西田尚美、仲村トオル、平山あや、窪塚俊介、酒井美紀、石井正則財布は知っている・・・
映画鑑賞★日記・・・ | 2009/06/28 10:52 PM
長い長い殺人 [DVD] (2007/日本) 東京近郊でひき逃げ事件が発生。死体には頭部を殴打されたあとがあり、被害者に3億円の保険金をかけていた妻、法子と愛人の塚田に殺人容疑がかけられる。しかし、完ぺきなアリバイがある2人に、刑事の響も探偵の河野も翻弄され…
みかんのReading Diary♪ | 2009/06/28 11:44 PM
財布が語るその主人  刑事部・部長の響武史は、会社員・森本隆一の轢き逃げ事件の捜査をしていた。妻の法子は夫の死を悲しむ様子もなく、犯人かと疑ったが、彼女にはその日のアリバイがあった。その後森本隆一には2億8千万円もの保険金がかけられていたことが判明す
CINECHANの映画感想 | 2009/07/02 12:12 AM
映画[ 長い長い殺人 ]をシネマート六本木で鑑賞。 麻生学監督。どこかで目にしたと思ったら、TVドラマ[ 帰ってきた時効警察 ]だ。本作は、シリアスなのか、コメディなのか。今回は、全くの予習なしで観ることに。 ちなみに、このパンフ観音開きの8P構成で
アロハ坊主の日がな一日 | 2009/07/03 10:53 AM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.