あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
出口のない海
2006  日本  邦画  ドラマ  戦争  
作品のイメージ:泣ける、切ない
出演:市川海老蔵、伊勢谷友介、上野樹里、塩谷瞬
 

横山秀夫原作ということで鑑賞したが、「半落ち」「クライマーズ・ハイ」「ルパンの消息」「震度0と作風がまるっきり違った作品。「静かな戦争映画」といった印象。時代は太平洋戦争末期、海の特攻兵器と呼ばれた人間魚雷「回天」に乗って敵艦に激突するという極秘任務を志願した青年たちの姿が、切なく等身大に描かれている。甲子園の優勝投手であった並木浩二(市川海老蔵)も、その中の一人。並木は、野球に熱中していた頃や、戦争に行くと決めた日々を思い出しながら、艦長の出撃命令を待っていた・・。

 

回天の操縦方法の学習する青年たちの姿、潜水艦内の熱さや空気の薄さに耐え忍ぶ姿や自分が出撃する前に仲間が出撃していくのを目の当たりにする姿が、生々しくリアルに描出されている。操縦方法が結構難しいこと、出撃しても海底に激突して失敗に終わることもあること、また回天が故障しやすいものであることまで、丁寧に説明されている。

 

艦長(香川照之)が敵船を見つけ発進させるシーン、爆発音を聞いた時に整備員たちが目をつぶって合掌するシーンでは、涙が溢れた。後半はこのように心に迫るシーンが多かったのだが、前半はやや冗長な感じが。リアリズムにこだわりすぎたのかもしれない。主人公の行く末(ネタバレ自粛のため書けませんが)も、本当にあった話がベースになっているのだとか。

 

夢を追い続けた青年たちは、なぜ二度と戻れぬ作戦に身を投じたのか・・。愛する人を守れると信じ、お国のためと信じ、人間魚雷なるものが存在したことを自らの命で後世に伝えようとした青年たち。派手に「反戦」を掲げた作品ではないが、静かな流れに、自ら志願して散って行った青年たちの姿を通じて戦争の悲惨さが物語られているような気がする。

 

生きて帰れば卑怯者と蔑まれ、お国のために散って行くことが立派とされたこの時代・・死への恐怖と死ねないことへの恥辱の間で葛藤する並木という青年を描いている点では、組織の中で葛藤する人間の姿を描いた横山秀夫の他の作品と共通する部分がある。個人と「国家という組織」の間で揺れる一人の人間の心が、しっかりと見えるのである。並木が父親に「国家とはなんですか?」「敵とは誰ですか?」と尋ねるシーンがある。

 

当たり前の話だが、戦争とは国と国との戦いである。戦争の相手国の個人個人にも家族があり、戦争がもたらす悲しみはどの国の個人にとっても一緒のはずである。個人で考えた場合、「戦争はよくない」ということになっても、国と国になった場合なぜ争いは起きてしまうのだろうか?個人としては、皆が幸せに生きることを祈っていても、国という組織になった場合「お国のために死ぬ」ことを尊いとし、死ぬことを運命づけられる青年たちが実際存在したわけだ。脱出不能の海底の人間魚雷に閉じ込められる恐怖に晒された青年たち・・その不条理さに、控え目なトーンではあるが観る者にこくこくと迫ってくるような感じで、圧倒された。エンドロールに流れる竹内まりやが歌う主題歌「返信」自体は良い曲なのだが、作品のイメージに合っていないような。原作者横山秀夫の観客へのせっかくの問いかけが、このエンドロールの曲によって掻き消されたような印象を受けた。★3.4

スポンサーサイト
- | 11:42 | - | - | - | - |
コメント
from: hyoutan2005   2009/08/02 1:16 AM
こちらにもTBありがとうございました。
>「静かな戦争映画」といった印象。
そうですね、私もこの作品には静かに、けれども強く訴えかけられるものを感じました。
将来への夢を全て犠牲にして戦場に向かい散っていった若い命。
彼らの住んだ世界の未来に生きる私たちは、その生き方を今彼らに誇ることが出来ないかも知れない・・・。
特攻隊以外にも、戦う機会すら得ることなく失われていった命があることに悲しみを覚えました。


コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/181
反戦という言葉が浮かび上がらない戦争映画。
Akira's VOICE | 2009/06/25 12:13 PM
この映画は実はすごく楽しみにしていたんです。楽しみというのはちょっと違うかな。別に海老蔵が好きなわけでも佐々部監督作品が好きなわけでもありません。それはこの作品が『人間魚雷「回天」』を題材に描いているからです。終戦間近の第二次世界大戦において日本には
カノンな日々 | 2009/06/25 12:25 PM
映画 「出口のない海」 を観ました。
ようこそMr.G | 2009/06/25 1:15 PM
 コチラの「出口のない海」は、横山秀夫の同名小説を「半落ち」に続き佐々部清監督が映画化した戦争映画です。公開されている時に、実はちょっと気になっていたのですが、あんまり評判が良くなかったし、公開も結構小さめでしたよね。  「男たちの大和/YAMATO」と
☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/06/25 2:07 PM
☆☆☆(6点/10点満点中) 2006年日本映画 監督・佐々部清 ネタバレあり
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] | 2009/06/25 3:30 PM
《出口のない海》 2006年 日本映画 1945年、日本の最終兵器だった回天に乗
Diarydiary! | 2009/06/25 7:45 PM
「出口のない海」は太平洋戦争末期に日本が潜水艦特攻を敢行して命を散らした将兵のそれぞれの思いが綴られた映画である。戦争は何時も上の決定と利害によって始まるが、その為に多くの尊い命を散らした事と愚かな発想に辿り着いた日本の上層部の愚かさを改めて知る作品
オールマイティにコメンテート | 2009/06/25 11:13 PM
「出口のない海」は、戦争によって希望に満ちた輝く未来を断ち切ちれた青年が、二度と帰れない壮絶な使命に向かって突き進みながらも、最後の瞬間まで夢を捨てず、生きるとは何か、何のために死ぬのかを問い続ける姿を描く感動の物語です。 現代の若者と何ら変わる
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2009/06/26 12:46 AM
 かって、お国のためという美名の下に、多くの若者達を無為に死の旅路に送り出していた時代があった。今から僅か60年ちょっと前のことである。空は「神風」、海は「回天」。しかし、神風などは吹きはしなかったし、ましてや、天が回りなどしなかった。 先日、テレビ
時空の流離人(さすらいびと) (風と雲の郷本館) | 2009/06/26 10:42 PM
人気作家・横山秀夫の同名原作を、「半落ち」に続いて佐々部清監督が再び映画化した感動の人間ドラマ。人間魚雷“回天”の乗員に志願した若者たちに焦点を当て、様々な葛藤の末に重い決断へと至る心の軌跡を丁寧な筆致で描き出す。主演は、本作が記念すべきスクリーン・
Extremelife | 2009/06/28 12:12 AM
第2次大戦末期。かつて甲子園で優勝投手にもなった大学生・並木は、同期生の北が夢を捨て、軍に入ったのをきっかけに、自分も軍に志願する事を決意する。そして彼らが志願した任務は、人間魚雷「回天」による特攻だった。彼らはなぜ、自らの命を捨ててまで戦おうと
5125年映画の旅 | 2009/06/28 10:28 PM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.