あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
NEW ENTRIES
ブックマーク
あし@
おきてがみ
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
ブレイカウェイ
2000  デンマーク  洋画  アクション  
作品のイメージ:笑える、ほのぼの
出演:イーべン・ヤイレ、ソーレン・ピルマーク、ウーリック・トムセン、マッツ・ミケルセン

マッツ・ミケルセン目当てでレンタルした作品。40歳の誕生日を迎えた冴えないギャングのトーキッド(ソーレン・ピルマーク)は、子供の頃からの腐れ縁であるアーニー(マッツ・ミケルセン)、ステファン(ニコライ・リー・カース)やピーター(ウーリック・トムセン)と共に、四億円もの大金強奪を画策する。アーニーはガン・マニア、ステファンは大食漢でおっとり者、ピーターは負傷していてヤク中という面々。それに、酔っ払いの医者カールや、猟オタクのアルフレッド、ステファンの彼女など、個性的な脇役が絶妙に絡んでくる。子供の頃のトラウマを抱えた四人は、不条理な人生が抜け出して、新しい人生を切り開きたいと願っていた。強奪の計画は一応成功するも、バルセロナに向かう途中の国境付近で車が故障。とりあえず、廃墟となったレストランに身を隠すことに。バルセロナに行くはずだった四人に、思いもよらない人生が待っていた・・。

 

主人公の四人はギャングということで銃撃戦もあり、ジャケットからはハードボイルドなドラマを連想させられるが、本作はコメディタッチのヒューマンドラマ。四人とも、自分の本当に求めていたものが心安らげる生活と友情であったことに気付き、ほのぼのとしたハッピー・エンドを迎えるというもの。最初はバルセロナ行きを止めるトーキッドに反対していた三人だったが、徐々にみんなでトーキッドの思いを実現させようと心に一つにしていくところが、心温まる。アナス・トーマス・イェンセン監督の作品と言えば、「フレッシュ・デリ」もそうだが、途中はいろいろあっても結局ほのぼのと終わってしまう・・というところがミソ。

 

画面は少し暗めだが、デンマークのドグマ作風からは懸け離れている。全体としては地味だが、面白いシーンがたくさん隠されている(卵を吹くシーンは笑えます)。そんなシーンを観ていると、だんだん主人公の四人に愛着が沸いてきてしまうから不思議。英題の“Flickering Lights”とは「瞬く光」という意味で、新しいレストランの名前(なかなか良い名前のレストランですね)であり、この四人の行く末を暗示しているような。但し、残念なのが、主人公が四人いるわけなので、それぞれのトラウマについての描写がやはり四つに分散されてしまい、やや散漫になってしまっている点。

 

(以下は、マッツ・ファンとしての感想になっています。)今回のこのマッツの髪型(ワンレン)が不評のようだが、個人的にはこの髪型のマッツもなかなか良いではないだろうか、と思う。それに、タンクトップ姿のマッツは、肉体美が強調されて相変わらずステキ。マッツを含めた三人が海岸で裸体ではしゃぐシーンがあるが、これはまさにお宝映像。役柄は、ちょっと凶暴で短気でキレやすいギャングなんだけど、ときおり見せてくれる笑顔にマッツの人柄の良さがにじみ出ている。

 

本作は、マッツが幅広くいろんな役をこなせるという実力を証明し、デンマーク映画界において頭角を現す作品となったとも言えるのでは。007 カジノ・ロワイヤル」「アフター・ウェディング」はもちろんのこと、「フレッシュ・デリ」「しあわせな孤独」よりも前の作品なので、マッツが完全主役を張っているわけではないが、存在感はたっぷり。一つ気になったのは、タバコをくわえながら料理をしていて、タバコの灰が料理の中に入るんじゃないかと、ハラハラ(そう言えば、マッツはもともとへヴィー・スモーカーなんですよね)。私は、へヴィー・スモーカーや胸毛のある人はNGなんだけど、マッツならば許せる(なんか作品とは関係ない話題になってしまいました)。なお、本作は、現在廃盤になっているとのこと・・DVDレンタルできて、本当によかった。★3.2

スポンサーサイト
- | 01:22 | - | - | - | - |
コメント
from:   2009/06/24 6:24 PM
こんにちわ。おじゃまします!
そうそう、タンクトップのため胸毛が見えないのがポイント高いんですよね〜!(^_^)v
ホントに国民性の違いで、感性が異なるので・・・ちょっと理解しづらい部分もありますが、楽しめますしほのぼの出来ますね〜。
え〜?このDVD廃盤になっているのですか?知りませんでした。これだけはアマゾンに置いて無い訳が解りました。

拙宅でもお復習い企画をアップしました〜。
from: rinzu   2009/06/25 12:08 AM
↑ 上のコメント・・・。
名前を入れたはずですのに、投稿したら消えていました。
スミマセン。m(_ _)m
お判りかとは思いますがrinzuです。
from: あず沙   2009/06/25 12:42 AM
rinzuさん>いらっしゃいませ☆ タンクトップでビミョ〜に隠されていますね(笑)。「フレッシュ・デリ」とも共通するイェンセン監督の独特なテイストを味わったような気がします。ほのぼの終わるんですよね。イェンセン監督って、いつもマッツに細工をしますよね。「フレッシュ・デリ」では半ハゲにしたり、本作では「キレ」役にしたり・・。今後の作品は、どうなるんでしょうか・・(楽しみかつ心配・・)。またまた、そちらにもお伺いさせていただきます〜。
from: rinzu   2009/06/25 8:00 AM
おはようございます。

>今後の作品は、どうなるんでしょうか・・

 ↑ 鼻を折られ、眼を撃ち抜かれます・・・。(-_-;)

次のイェンセン作品「Adams &AElig;bler」ではヴィジュアルも性格も・・・もっと大変な事になります・・・。(涙)
from: rinzu   2009/06/25 8:03 AM
↑ 何度もスミマセン。
上のデン文字、投稿したら文字が指定記号に化けてしまいました。「Aebler」(=Apple)です。m(_ _)m
from: あず沙   2009/06/25 11:38 AM
rinzuさん>あら、そ、そんな大変なことに・・。“ADAMS AEBLER”って日本ではリリースされていないんでしたっけ。輸入版でご覧になったのですね。それにしても、「鼻を折られ、眼を撃ち抜かれる」ってかわいそすぎ。イェンセン監督、お手柔らかにお願いします。マッツをもっと丁寧に扱ってください!
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/179
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.