あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
コアラ課長
2005  日本  邦画  コメディ  ミステリー・サスペンス  
出演:野村宏伸、エリローズ、イ・ホ、黒田アーサー

まず結論から言うと、本作の評価は★0.2(観る前から、こんな評価になることは予想していました)。というのも、ある方のブログに「人生最悪の映画」というフォルダがあって、その中の一つだったわけで・・(マニア受けするものなのか、どんなものなのか、怖いもの観たさでレンタルしたものの、凡人の私はやはりこれ以上の評価は付け難いです)。漬物会社の敏腕課長の田村は、なんとコアラだった。で、なぜか社長がウサギで、コンビニ店員がカエル(もうこの段階でついて行けず)。韓国のキムチ業者との契約を控え仕事も順調だった田村に、悲劇が起こる。恋人の洋子が惨殺されたのだ。刑事の小野(野村宏伸 は田村の前妻の由加梨が6年前に謎の失踪を遂げていることを知り、田村を容疑者としてマークする。田村は由加梨の失踪前後の記憶を失っていて、精神科医の野中(黒田アーサー)のカウンセリングを受けている。果たして、彼は猟奇的連続殺人コアラなのか・・?

 

ビジネスの話で始まったはずなのに、いきなりサイコ・ホラーになり、誰もが予想しない法廷ミュージカルへと発展。刑務所ドラマ、脱獄、格闘技アクションあり、そしてラストは驚愕のクライマックスが待っている。「それにしても、韓国古武術蘇生術っていったい何よ?」とか思いながらも、「彼はシロでもクロでもないグレーだ。コアラなだけにな」という刑事のセリフにも背筋に寒さを覚えながらも、「なんじゃこりゃ」とほとんど呆れながらも最後まで観てしまった。一言で言えば、「意味不明」な作品。そう言えば、「100年前のコアラ大量虐殺」というのも、訳がわからない。映像が安っぽい、出演者の演技も見ていられない、シーンも全部ぶつ切れになっている、登場するコアラ課長がパッケージのコアラと全然違う・・とか、まぁそんな細かいことまで気にならないほど、最初からトンデモな作品なわけだけど。そう言えば、「しょこたん」こと中川翔子も一瞬出演するんだけど、みんなが最初から思っているツッコミをKYな感じでしてしまって、「それを言っちゃあ、おしまいよ」とトホホ・・な感じ。

 

では、本作を観て、笑えるかどうか・・?個人的には、全く笑えないどころか、あまりのくだらなさいにムカついてしまった。この監督は「いかレスラー」「兜王ビートル」を制作したことで有名らしいが、はっきり言って他の二つも観る気が失せてしまった。観る順番を間違えたのか・・?自分にはユーモアを解するセンスが欠如しているのか・・?いや、やはり「人生最悪の映画」と評されていた方がいるくらいだから、そんなに自分のセンスは、人と比べて偏っているとも思えない・・ということにしておこう(当然、おススメはできません)。しかし、こんな作品でも淡々と演技する役者さんたち・・かなり気の毒に思えてしかたがない。前妻の由加梨の名前ってユーカリから来ているのかしら・・これも笑えない。
スポンサーサイト
- | 18:12 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/177
「ヴェニスの商人」の劇場に、こんな映画のチラシが置いてありました・・・。
毎日が映画記念日 | 2009/07/13 8:18 PM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.