あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
オーストラリア
2008  オーストラリア  洋画  ラブロマンス  アドベンチャー  
作品のイメージ:笑える、カッコいい、ドキドキ・ハラハラ、おしゃれ、スゴイ
出演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブライアン・ブラウン

観る前は166分の長尺というのが気になったが、アクション、アドベンチャー、ウェスタン、戦争、ファンタジーにラブ・ロマンスと、てんこ盛りでお腹がいっぱいになった作品。第二次世界大戦を目前に控えたオーストラリア。イギリスからオーストラリアにやってきた英国貴族レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は、旅立ったまま一年も帰ってこない夫を訪ねるため、ロンドンから初めてオーストラリアへと向かう。現地に到着すると、夫ではなくドローヴァー(牛追い)という名の無骨なカウボーイ(ヒュー・ジャックマン)に出迎えられる。夫が何者かに殺されたことを知った彼女に残されたのは、広大な牧場と1,500頭の牛だった。牧場を立て直すため牛を売ることを決心したサラは、ドローヴァーの力を借りて牛を引き連れ出発する。最初は反目しあう二人だったが、長旅やアボリジニの少年との出会いを通し、徐々に魅かれ合っていくのだった・・。

 

一言で言えば、オージー・ビーフ的な大味な作品。あれもこれもたくさんの要素を詰め込んでいるので、史実の考証云々を言い出したらキリがない。日本軍進行(日本軍はオーストラリアに上陸していないのでは?)や当時のオーストラリアにおける非道極まりない先住民族政策(こんな生温いものではないんじゃない?)などの史実を、ご都合主義でうまく捻じ曲げているといった感じ。そんな細かいところは、目をつぶるしかない(何せ娯楽映画ですから)。そう言えば、コミカルなシーンも、ちょこっと入っている。ニコールとヒューのファンの方、そしてオーストラリアの雄大な景色を堪能したいという方には、間違いなくおススメできる(それぞれのPVとして観たら、これ以上豪華なものはないでしょう)。

 

ニコールは本当に「場違いな貴族の奥様」という役がピッタリ・・人間離れした体型とつるつるお肌のお人形さんみたいなルックス・・おぉ、なんと美しいことか。ヒューのか野性味溢れるオージーぶりもステキ(ヒューの水浴びのシーンは、どうもご馳走さまでした)。また、先住民族と白人とのハーフの男の子の瞳が神秘的な輝きを持っていて、この作品にファンタジーの色合いを加えている。ニコールの衣装の華やかさ、そしてヒューの白の正装姿も見逃せない。衣装を手掛けているのは、「ムーラン・ルージュ」をはじめラーマン作品を支え続ける監督の妻キャサリン・マーティンだそう。

 

しかし、あらためてストーリーを振り返ると、何か得るものがあるかどうかはすごく疑問・・というか、はっきり言ってない(楽しめれば、それでOKな作品なわけです)。パンフからして、昔の名作の雰囲気を真似て作っているっていう感じなので、斬新さもあまりない。唯一目新しいのが、アボリジニの存在が映画をミステリアスにしているということ。この部分をもっと膨らませて戦争の部分を割愛すれば、もう少し評価は上がったかもしれない。

 

貴族ならではの価値観で生きてきたサラが、未知なる土地で粗野だが人間味たっぷりの男性ドローヴァーと出逢い、アボリジニの少年に母性愛を抱くようになるという変貌ぶりが、本作のキモになっているのだと思う。ここは、昔の名作のコピーと言われようがなんと言われようが、観る者をスクリーンの中に引きずり込むような魅力とパワーがある。世界を代表するオーストラリア出身のスターであるお二人と脇を固めるオーストラリア出身の俳優たちや制作スタッフが、自国オーストラリアを世界に誇るための一大叙事詩を大胆な構図で創り上げていると言えるのではないか。★3.6

スポンサーサイト
- | 11:21 | - | - | - | - |
コメント
from: chikat   2009/06/11 9:34 AM
公開前に大げさに騒いでいた大作なのに、思ったほど当たらなかったみたいですね。
でも、美しいニコールと、男らしいヒューのラブストーリーということでビジュアル的には楽しめたような気がします。
荒々しい男っぽさがいいですよね、ヒュー。
from: あず沙   2009/06/11 10:54 AM
chikatさん>おっしゃる通り、内容的には何か得るものもないし、まさに娯楽映画という感じでしたよね☆ お人形さんみたいなニコールと荒々しくも人間味溢れるヒューを観れたので、よかったですけど。美男美女のラブ・ストーリーと、オーストラリアの風景が堪能できました。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/158
公式サイト。バズ・ラーマン監督、ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トンプソン。舞台のダーウィンには20年近く前行ったことがある。はっきり言って小さな田舎の港町。乾季で日差しはきついが日陰
佐藤秀の徒然幻視録 | 2009/06/08 11:49 AM
【AUSTRALIA】 2008年/濠/FOX/165分 【オフィシャルサイト】 監督:バズ・ラーマン 出演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トンプソン
kuemama。の<ウェブリブログのへや> | 2009/06/08 11:59 AM
- 本当の自分に出会える場所-。 ニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンの話題作『オーストラリア』の試写会へ行ってきました。監督は『ロミオ+ジュリエット』『ムーランルージュ』のバズ・ラーマン! 上映時間が2時間45分という長丁場だったんですが、内容が2
Peaceナ、ワタシ! | 2009/06/08 12:10 PM
  映画の話 第二次世界大戦直後にオーストラリアを訪れたイギリス人貴族レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)。サラは死んだ夫が残した広大な土地と1,500頭の牛を相続し、土地を守るために粗暴な現地のカウボーイ(ヒュー・ジャックマン)と手を組み、
masalaの辛口映画館 | 2009/06/08 12:10 PM
 『前に進むための涙もある』  コチラの「オーストラリア」は、あたしの大好きな「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマン監督と二コール・キッドマンが再びコンビを組み、2人の祖国である「オーストラリア」を舞台に繰り広げられる2/28公開のエピック・アドベンチ
☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/06/08 1:39 PM
AUSTRALIA前に進むための涙もある。目を覆うほどに壮大で、空想をかきたてる叙事詩のようなオーストラリアの大自然が1人のイギリス人女性の人生を一変させる・・・。上映時間165分製作国オーストラリア公開情報劇場公開(FOX)初公開年月2009/02/28ジャンルドラマ/ロ
CinemaCollection | 2009/06/08 1:53 PM
依り所が弱くて,心に響かない・・・。  
Akira's VOICE | 2009/06/08 4:56 PM
{{{   ***STORY*** 第二次世界大戦前夜のオーストラリア。イギリス人貴族のレディ、サラ・アシュレイは、夫を捜しに北部の町・ダーウィンにやって来た。彼女を迎えたのは無骨なカウボーイ、ドローヴァー。夫の領地に着いたサラは、夫が何者かに殺された
Cartouche | 2009/06/08 5:08 PM
ハリウッドで活躍するオーストラリア人監督が同じくハリウッドで活躍するオーストラリア人俳優2人を主演に迎えて送る、文字通り壮大なラブロマンス作品!というよりはタイトル通り「これがオーストラリアだ!」というアイデンティティを大いに感じる映画でした。 ラブ
めでぃあみっくす | 2009/06/08 5:30 PM
監督・原案・脚本:バズ・ラーマン出演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トンプソンシネコンの中でも割と小さめの部屋で見ました。公開一週間目にしてこれですから、後の推移は知れたものです。
再出発日記 | 2009/06/08 6:55 PM
映画を観に行く直前に「笑っていいとも増刊号」を見てたらヒュー・ジャックマンがゲストで登場。レギュラーメンバーがジャパンプレミアムでの挨拶で客の心を掴む一発芸をヒューに伝授するというコーナーをやっていたんだけどめちゃめちゃ面白かったです。アカデミー賞で
カノンな日々 | 2009/06/08 7:48 PM
2009年72本目映画「オーストラリア」前に進むための涙もある。ストーリー1年も帰ってこない夫を訪ねて、ロンドンから数千キロの長旅をものともせずエキゾチックな未知の地オーストラリアに乗り込んだレディ・サラ・アシュレイ。夫の広大な領地に着いたサラは、衝撃の事
腹黒い白猫は見た!! | 2009/06/08 8:24 PM
☆☆☆☆− (5段階評価で 4) 2月28日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 14:00の回を鑑賞。
みはいる・BのB | 2009/06/08 8:40 PM
3月1日のファーストデーに映画「オーストラリア」を鑑賞。
FREE TIME | 2009/06/08 8:59 PM
 「壮大なオーストラリアの自然を舞台に描く運命的な愛の物語」というには、やや疑問を感じる。前半のヤマ場、牛の暴走シーンで火をつける場面やその飲み水に毒を入れるなど非常にうそ臭い。よほど条件が揃わなければあんなにもの凄い火が沸き起こったり、相当な量の毒
After the Pleistocene | 2009/06/08 10:10 PM
虹の彼方に・・・
悠雅的生活 | 2009/06/08 10:18 PM
『オーストラリア』を観ました「ムーラン・ルージュ」のオーストラリア人監督バズ・ラーマンが、同郷のニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンを主演に迎え、戦時下の当地を舞台に綴るアドベンチャー・ロマンです>>『オーストラリア』関連原題: AUSTRALIAジャン
おきらく楽天 映画生活 | 2009/06/08 10:28 PM
オーストラリア (ニコール・キッドマン 主演) [DVD]オーストラリア出身の監督・俳優・主要スタッフが、国の威信をかけて作った大河ロマンだ。第二次大戦前夜のオーストラリアにやってきた英国貴族サラと野性的なカウボーイ・ドローヴァーの恋を軸に、悪徳牧場主との対決
映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP | 2009/06/08 11:50 PM
第二次世界大戦前のオーストラリア。広大な原野を舞台に、強く生きる女性の姿を描く「オーストラリア」。二コール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン主演の一大叙事詩だ。 ヒロインの愛と冒険にのみこまれ、大興奮!!__ハラハラ・ドキドキが連続し、うっとり陶
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2009/06/09 12:28 AM
タイトル:オーストラリア 監督:バズ・ラーマン 出演:ニコール・キッドマン/ヒュー・ジャックマン/ブライアン・ブラウン/デヴィッド・ウェンハム/ジャック・トンプソン/デヴィッド・ガルピリル/ブランドン・ウォルターズ 製作:2009年アメリカ イングランドの貴族
気ままに映画日記☆ | 2009/06/09 12:56 AM
試写会絶ちが無事解禁になって、第一弾は、ヒュージャックマンとニコールキッドマン 美しすぎる美男美女カップルの恋愛映画 「オーストラリア」 西部劇的恋愛もの?と、実はさほど興味を示さずに行ったのだけど・・・・・ なんの、なんの、雄大すぎるほどの大自然の
ノルウェー暮らし・イン・London | 2009/06/09 5:25 AM
試写会で 観てきました。「オーストラリア」公式サイトポスターでラブラブの二人を見つつ「だ、大丈夫かなあ私・・」とそもそも不安たっぷり・・ ラブストーリーあんまり得意じゃなくてや、やっぱりこの二人の恋愛には全然興味持てませんでしたすみませんだけど前半、
かいコ。の気ままに生活 | 2009/06/09 11:15 AM
'09.02.08 『オーストラリア』(試写会)@東京厚生年金会館 yaplogで当選。母親が見たいと言うので応募。なのに本人行けないと… 試写状届いたのが木曜日。試写会は日曜日ってことで、これは一人鑑賞かなぁと思いながら友達に連絡。次々断られて5人目でやっと見つかっ
・*・ etoile ・*・ | 2009/06/10 1:27 AM
語り草となる話が必要だ  イギリスの貴婦人レディ・サラ・アシュレイは、オーストラリアの領地を生計の足しに売却しようと旅立ったまま1年も帰ってこない夫を訪ねるため、ロンドンから初めてオーストラリアへ向かう。そして現地に到着すると、夫ではなく、ドローヴァ
CINECHANの映画感想 | 2009/06/10 1:59 AM
どうも、この曲使ってくれた映画って・・・評価が甘くなるんだな(笑)グラスハープのover the rainbow に少年たちの透きとおるコーラスが絡むクライマックス涙出そうだわ〜『オーストラリア』観ました。バズ・ラーマンの久々の大巨編・・・3時間近くも^^;とはいえ
黒猫のうたた寝 | 2009/06/10 2:11 AM
原題:AUSTRALIA監督・原案・脚本:バズ・ラーマン出演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェナム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トンプソン試写会場 : ニッショーホール公式サイトはこちら。<Story>第二次世界大戦前夜のオー
NiceOne!! | 2009/06/10 5:30 AM
本当の自分に出会える場所。  それはここではない、     遠いどこかかもしれない・・・前に進むための涙もある。オーストラリアHPオーストラリア シネマトゥデイ英題:AUSTRALIA製作年:2008年製作国:アメリカ/オーストラリア日本公開:2009年2月28日上映時
猫とHidamariで | 2009/06/11 2:58 PM
「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマン監督による最新作です。 広大なオーストラリアを舞台にしたラブストーリー。 ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマンというオーストラリア出身のスター2人による 共演です。 美男美女だから、ワタシ的には満足!楽
愛猫レオンとシネマな毎日 | 2009/06/11 11:04 PM
     彼らの絆が世界を変える      彼らの愛が運命を変える
☆お気楽♪電影生活☆ | 2009/06/12 9:33 AM
オーストラリア 242本目 2009-3 上映時間 2時間45分 監督 バズ・ラーマン 出演 ニコール・キッドマン ヒュー・ジャックマン ブランドン・ウォルターズ デヴィッド・ウェンハム ジャック・トンプソン デヴィッド・ガルピリル 会場 よみうりホール(試写会 16
メルブロ | 2009/06/13 1:02 PM
 「オーストラリア」泣いて元気になれる試写会とやらに行ってきた。そっかー、じゃあティッシュを用意して準備万端(笑)。 舞台は太平洋戦争直前のオーストラリア北部で、イギリス貴族のレディ・アシュレー(ニコール・キッドマン)が1年以上帰ってこない夫を追ってオー
第1学区 学級日誌 | 2009/06/15 10:20 PM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.