あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
NEW ENTRIES
ブックマーク
あし@
おきてがみ
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
落下の王国
2007 アメリカ 洋画 ファンタジー ドラマ
作品のイメージ:癒される、おしゃれ、スゴイ
出演:リー・ペイス、カティンカ・アンタルー、ジャスティン・ワデル、ダニエル・カルタジローン

とにかく映像が美しい作品(これは、劇場で鑑賞したかったです)。CGを使わず20カ国以上でロケを敢行、タージ・マハル、万里の長城やアンコール・ワットなどの13ヵ所の世界遺産の映像が織り込まれている。オレンジの木から落ちて怪我を負い入院している少女アレクサンドリアは、足の怪我でベッドから起きられない青年ロイと知り合う。ロイは自分の即興のおとぎ話をアレクサンドリアに聞かせ、アレクサンドリアはその話にたちまち夢中になる。しかし、ロイが企んでいたこととは・・。

なぜ原題が”The Fall(落下)“なのだろうということを考えてしまった。ロイもアレクサンドリアも落ちて怪我をしたことが原因で入院している、ということだけではない。これは、ロイが企んでいることも「落下」、ロイが途中で眠りに落ちてしまうのも「落下」、そしてロイの苦しみも「落下」ということになるのだろうか。ロイの物語というのは、6人の勇者が世界を駆け巡り、悪と立ち向かうという壮大な愛と復讐の叙事詩。時にはロマンティックで時にはコミカルな物語の中に、「落ちる」イメージが何度も出てくる。つまり、全篇に亘って「落下」がモチーフとなっている。アレクサンドリアは、物語の中で主人公の死を選ぼうとするロイに対して「殺さないでほしい!」と叫ぶ。つまり、アレクサンドリアは、ロイにとって生から死へと「落下」を阻止することができる「希望」の象徴なのだと思う。

アレクサンドリア役の少女を演じるカティンカ・アンタルーは、これがデビュー作なんだとか。お世辞にもカワイイとは言い難いけど、あどけない少女らしい演技が板についている。あと、物語の異空間の中での映像美と病院内での暗いイメージのコントラスト・・これはまさに幻想と現実の対比を表わしているかのよう。北京オリンピック開会式のコスチュームを手がけた石岡瑛子さんデザインの原色の衣装も、斬新で観る者を魅了する。音楽も映像に合わせて選んだという感じで、ピッタリとはまっている。

世界遺産をすばらしい映像で観れたことだけでも、かなりお得な感じ。ストーリーについては、ちょっとフワフワとした感じで自由発想的というか変貌自在というか。強烈な色彩と絶妙なカメラワークで、ストーリー自体が霞んでしまいそうな感はあるが、「落下」というモチーフがくっきりとした線で浮かび上がっている中に、摩訶不思議な独特の世界観が展開されていて、美しい映像と相まってまさに圧巻。物語の中の登場人物に感情移入するというよりも、映像の中からあらゆる心情を拾い上げていくような感じ。

鑑賞するたびに感じ方が違ってくるかもしれない。また、受け手によって魂の揺さぶられ方が違うといった作品なのだと思う。なので、「とらえどころがない」と感じられる方もおられるかもしれないが、観客が現実と虚構が交錯する中に「何か言葉にはできないもの」を感じ取れれば、監督の狙い通りなのであろう。現実が投影させた即興のおとぎ話がアレクサンドリアの存在によって、ポジティブな展開を見せていく・・それだけでも、勇気を貰うことができる。優しさと温かさで観る者を包み込んでくれるような良作に出逢うことができた。★3.8
スポンサーサイト
- | 16:40 | - | - | - | - |
コメント
from: keyakiya   2009/05/30 12:20 AM
近々、もう一度、劇場で見るチャンスがきます。
あのすばらしい映像をもう一度。
ワクワクしています。
劇場の大画面でたっぷり堪能したいですね。
from: あず沙   2009/05/30 9:27 AM
keyakiyaさん>こんにちは。コメント、ありがとうございます。ええー!劇場で観るチャンスがあるんですか・・?!羨ましいです。私もチャンスがあれば、ぜひ劇場で観たいなぁ☆
from:   2009/06/02 9:32 PM
映像が物語を作っていくような素敵な映画でしたね。
ラストの落ちる映像ばかりを集めたのは圧巻でした。
TBお返しさせていただいたのですが、うまく入らないようなので、urlに残しておきます。
from: あず沙   2009/06/03 12:50 PM
花さん>お気遣いいただき、恐縮です。コメント、ありがとうございます。旅行に行ったような贅沢な気分にさせてくれたのと、不思議な世界観でほんわかとした温かみが感じられる作品でした。こういった作品にたくさん出逢うことができれば、と思います☆
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/151
この映画は孤独な少女が主人公という意味ではここでも紹介した「ベティの小さな秘密」と共通しており、またその孤独な心が空想の物語を生み出すという点では「パンズ・ラビリンス」とも共通している。ただし、「パンズ・ラビリンス」が少女が置かれた状況が極めて絶望的
映画と出会う・世界が変わる | 2009/05/29 5:15 PM
 『君にささげる、 世界にたったひとつの作り話。』  コチラの「落下の王国」は、「ザ・セル」のターセム監督が、13の世界遺産、24カ国以上にロケーションを行い、構想期間26年、撮影期間4年の歳月を費やし、完成させた9/6公開のアーティスティックなアドベンチャ
☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/05/29 5:25 PM
シャンテシネで見た予告編に一目惚れした映画です。絵本のような映像の美しさと現実と幻想が入り交じるような寓話の世界観が魅力的。てっきりシャンテシネでの単館上映かと思ってたらTOHOシネマズで上映されてラッキーでした。 出演はその他に、ジャスティン・ワデル
カノンな日々 | 2009/05/29 6:32 PM
これ全部CGじゃないのか…物凄い映像美です。ほんとにCGじゃないの!? 半身不随のスタントマンが少女に自殺するための薬を盗んできてもらいたくて気を引くために空想の冒険物語を話すってことなんですが、とにかく空想世界の映像がよかったですね。イマジネーション
いやいやえん | 2009/05/29 6:32 PM
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ ターセム監督の新作。 世界遺産で撮影された素晴らしい映像の数々。 観る前は映像だけの映画と思っていたし、映像目的だったんですが お話も 心にしみる良い物語でした。うるっと涙が、、 なんといっても5歳の女の子がよかったです。
NOHOHONブログ | 2009/05/29 7:39 PM
映像の魔術師ターセム監督。その名を再び痛感した、いやこの監督以上に美しい映像を撮れる人はいないのではないか?と思えた映画でした。個人的には物語に感涙することはなく、ひたすら美しい映像に魅せられていましたが、別にそれだけでも十分映画館で見る価値はあると
めでぃあみっくす | 2009/05/29 8:13 PM
公式サイト英題:The Fall。 ターセム監督、リー・ペイス、カティンカ・ウンタール、ジャスティン・ワデル。冒頭、Once upon a time in Los Angelesと来る。ロスと言えば、ハリウッドで、自己言及型の映画としては「インランド・エンパイア」を髣髴させ、この映画も基本
佐藤秀の徒然幻視録 | 2009/05/29 8:59 PM
構想26年、撮影期間4年!__映像の魔術師ターセムが、魂を込めて作り上げた生きる力を喚起させるファンタスティック&リリカルな心の旅。 傷ついた青年と純真無垢な少女、それは、落ちて始る物語。 物語:1915年のアメリカ、オレンジの木から落ちて怪我をし、
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2009/05/29 10:17 PM
映画[ 落下の王国 ]を渋谷CQNで鑑賞。 構想26年、撮影期間4年。 [ ザ・セル ]を手がけたインド出身のターセム監督が、 今回CGによる特殊効果をほぼ封印し、 リアルな映像美にとことんこだわったアンチ・ハリウッドな作品。 映像美もよかですが、個人
アロハ坊主の日がな一日 | 2009/05/29 11:28 PM
まだ映画がサイレントだった時代のアメリカ西海岸の病院。農作業中にオレンジの樹から落ちてしまい腕を骨折して入院している5歳の少女アレクサンドリア(カティンカ・アンタルー)と、映画の撮影中に橋から落ちて大怪我を負いベッドに寝たきりのスタントマン・ロイ(リ
古今東西座 | 2009/05/29 11:30 PM
ザ・フォール/落下の王国 特別版 [DVD]例えるなら万華鏡のような、華麗な美に彩られた映画だ。1915年、大怪我を負って入院中のスタントマンのロイは、失恋で絶望。自殺用の薬を入手するために少女に5人の勇者が登場する壮大な叙事詩を語り始める。CM出身のターセム監
映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP | 2009/05/29 11:35 PM
落下の王国  HP http://www.rakka-movie.com/ 世界遺産を舞台に石岡瑛子さんの衣装デザインが栄える。こんな美しいシーンをたっぷり観れるなんて余りにも幸せ過ぎる。万華鏡のごとく
Art- Mill | 2009/05/30 12:21 AM
9月11日(木) 21:55〜 TOHOシネマズ川崎1 料金:1200円(レイトショー料金) プログラム:600円 『落下の王国』公式サイト ビジュアル系変態映画「ザ・セル」のターセムの映画は、またもやビジュアル系。 前作が、CGのビジュアルだったが、今回は世界遺産、古代
ダイターンクラッシュ!! | 2009/05/30 12:37 AM
絶望から希望への物語  1915年、ハリウッド。映画の撮影中に橋から落ちて大怪我を負い、病室に横たわるスタントマンのロイは自暴自棄になり、自殺願望にとらわれていた。  同じ病院に入院中のアレクサンドリアは、家族を手伝ってオレンジを収穫中に樹から落ちて
CINECHANの映画感想 | 2009/05/30 2:36 AM
【THE FALL】 2006年/印・英・米/ムービーアイ/118分/'09年2月11日DVDリリース 【オフィシャルサイト】 監督:ターセム 出演:リー・ペイス、カティンカ・ウンタール、ジャスティン・ワデル、ダニエル・カルタジローン、レオ・ビル、ショーン・ギルダー、ジュ
kuemama。の<ウェブリブログのへや> | 2009/05/30 9:47 AM
== 落下の王国(2006) == [[attached(1,center)]] 【THE FALL】 [[img(http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/bd/41/jully_ppppp/folder/1567172/img_1567172_34711145_22?1231438518)]] 1915年、ハリウッド。 撮影中の事故で重傷を負い病院のベッドに横たわ
じゅり好み☆ | 2009/05/30 3:28 PM
想像力の持つ、美しさばかりでなく、残酷性、破壊性。本来そこにある無限の可能性って、なんて怖いのだろう。足元の危うい暗さ。『パンズ・ラビリンス』が気に入った人には、是非これも見て欲しい作品。
レザボアCATs | 2009/05/30 7:27 PM
実は、ターセム監督の前作『ザ・セル』はあまり好きではありません。映像美と物語がどうにも頭の中でかみ合わず、またどうしてもあの映像美にジェニファー・ロペスの顔がかみ合わず(ファニー・フェイスだからねぇ・・・)、好きではない、というより、まったく印象に残
しゃべりの王国 | 2009/05/30 11:03 PM
世界遺産で本当に撮影した映像は息を飲む美しさ。 タイトル:落下の王国 監督:ターセム 出演:リー・ペイス/カティンカ・アンタルー/ジャスティン・ワデル 製作:2006年アメリカ モノクロの景色。鉄橋の上にSLが止まっている。馬がクレーンでつり上げられている
気ままに映画日記☆ | 2009/05/30 11:55 PM
腕を骨折して入院していた少女アレキサンドリアは、病院で知り合ったスタントマン・ロイから即興もファンタジー物語を聞かされる。しかしロイは、そのお話をいつもいいところで中断してしまう。ロイはアレキサンドリアに、続きが聞きたかったらおつかいをしてきて欲
5125年映画の旅 | 2009/05/31 7:42 AM
JUGEMテーマ:映画予告編で観た映像の数々が印象的だったので、本日レイトショーで観て来ました。もっとシリアスな内容を想像していました。何と言うか…。ものすごい高級素材をふんだんに 使ったジャンクフード。でも不味くはない…。何ともアンバランスな味わいでした
ハピネス道 | 2009/05/31 10:04 PM
JUGEMテーマ:映画 制作年:2007年  制作国:インド・イギリス・アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:118分  原題:THE FALL  配給:ワーナー・ホーム・ビデオ  監督:ターセム  主演:リー・ペイス      カティンカ・アンタルー    
La.La.La | 2009/06/02 7:31 PM
以前『ザ・セル』という作品を観たときにどこを切っても現代アートになるようなとっても絵画的な構図が好きだったターセム監督の久々の作品『落下の王国』オレンジの木から落ちて腕を骨折した少女アレクサンドリアスタントの仕事で入院中で寝たきりの青年ロイふとしたき
黒猫のうたた寝 | 2009/06/03 10:22 PM
映画「落下の王国」の感想です
ジャスの部屋 -映画とゲーム- | 2009/06/04 11:40 AM
DVD『ザ・フォール/落下の王国』を見たよぉ〜 メディア 映画 上映時間 118分 製作国 インド/イギリス/アメリカ 公開情報 劇場公開(ムービーアイ・エンタテインメント) 初公開年月 2008/09/06 ジャンル アドベンチャー/ファンタジー/アート
オタマ・レベルアップ | 2009/06/04 8:38 PM
原題は「The Fall」・・・「落下」 男は橋から落ち、少女はオレンジの木から落ちました。 この作品、面白いし、美しいし、ファンタジーの世界が広がっているし・・・ 主人公ロイは、ジェームズ・マカヴォイを、もっと端正にしたような美男子。 そして最
愛猫レオンとシネマな毎日 | 2009/06/08 9:20 PM
★原題:The Fall ★監督:ターセム(2006年 インド・イギリス・アメリカ) 梅田ガーデンシ...
犬儒学派的牧歌 | 2009/06/13 10:25 PM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.