あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
キューブ■レッド
2007 スペイン 洋画 ミステリー・サスペンス
作品のイメージ:ためになる
出演:ルイス・オマール、サンティ・ミラン、アレホ・サウラス、エレナ・バレステロス、フェデリコ・ルッピ

正方形の部屋で生き残りを賭けた壮絶な知能戦ドラマと言いたいところだが、数学好きの方におススメなシチュエーション・ドラマ。数学者である四人は、フェルマーという男性から謎の招待状を受け取る。湖畔の山荘に集められた四人の前にフェルマーと名乗る男性が現れて、五人で夕食を共にする。しかし、フェルマーは急用ができたと言って山荘から立ち去る。しばらくして携帯にクイズが送信されてきて、制限時間以内にそれを解かないと正方形の部屋の四方の壁が押し迫ってくるといったお話。

「CUBE」シリーズのパクリというか便乗ものだということはよく言われているので、あまり期待はしていなかったものの、やはり切羽詰まった状況でもなぜか緊迫感があまり感じられない、クイズの内容も既にどこかで聞いたことのあるようなものばかりで斬新さが感じられない、などの不満な感想が残った。また、クイズの制限時間が一分なので、観ている方としては「あぁ、そんなクイズ聞いたことがあるかも」と思っているうちに誰かが答えを言ってしまって、観客が数学者と一緒にクイズを解いていくという醍醐味も味わえず、なんとなく置いてきぼりを食らったような感が。まぁこれじゃあ、DVDスルーになったのも仕方がないでしょう。

とは言え、数学に疎い私は、この作品を通じていろいろ勉強にはなった。まず、フェルマーは過去実際に存在した数学者(1601-1665年)で「フェルマーの最終定理」というものがあるということ、それから「ゴールドバッハの予想」という未解決問題が出てくるんだけど、「ナニソレ?」と思い早速wiki で調べてみたところ、加法的整数論の問題なのだとか。概要を読んではみたものの、あまりというかサッパリ理解できなかった(トホホ・・)。というわけで、数学好きの方は、この作品を楽しめるかもしれない。しかし、いくらなんでも一分でクイズを解くのは至難の業。クイズの内容を理解した後に、一時停止のボタンを押しながら解いていくとかいう楽しみ方もあるのかも。

原題は「フェルマーの部屋」。原題をそのまま邦題にした方が、数学好きの人をターゲットにできるような気がする。それに、その方が「CUBE」シリーズのパクリという汚名も返上され、結構レベルの高い数学的シチュエーション・ドラマとして評価されるのかも。だんだんと極限状態に追い込まれる四人の人間関係と犯人の意図も次第に明かされていくところは、普通のサスペンス・ドラマとしてまずまずの出来だと思ったけど、ラストはちょっと呆気ない感じが。★2.0

―ちなみに、携帯に送信されてくるクイズの一つを、ご参考に供します―
「天国と地獄の門があり、それぞれ門番がいる。一人は正直者で、もう一人は嘘つき。一つだけ質問して、天国の門を通るには?」(といった感じです)
スポンサーサイト
- | 10:21 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/147
【LA HABITACION DE FERMAT/FERMAT'S ROOM】2007年劇場未公開製作国:スペイン監督:ルイス・ピエドライータ、ロドリゴ・ソペーニャ出演:ルイス・オマール、サンティ・ミラン、フェデリコ・ルッピ、アレホ・サウラス、エレーナ・バレステロス
映画鑑賞★日記・・・ | 2009/05/25 12:42 PM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.