あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
NEW ENTRIES
ブックマーク
あし@
おきてがみ
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
ダニエラという女
2005 フランス 洋画 ラブロマンス
作品のイメージ:笑える、ほのぼの、おしゃれ
出演:モニカ・ベルッチ、ベルナール・カンパン、ジェラール・ドパルデュー、ジャン=ピエール・ダルッサン

モニカ・ベルッチの魅力が満載、そしてシャレやブラック・ユーモアをスパイスのように効かせて男女の愛を描いた作品。モニカの単なるPVで終わっていないところがいい感じ。飾り窓の娼婦ダニエラ(モニカ・ベルッチ)は、平凡な男フランソワから宝くじが当たったからお金が続く限り一緒に暮らしてくれと持ちかけられ、一緒に暮らすようになる。しかし、ダニエラはあまりにも妖艶で、娼婦という過去から抜け出すことができず・・。

フランソワの友人である冴えない医者がダニエラの裸体を見てショック死してしまうあたりは、ブラックなんだと思う。そんなユーモアな中にも、男女の究極の愛のかたちがちらっと垣間見えるあたりは、ベルトラン・ブリエ監督の技。本能的な見地から考えた場合、男性が女性を愛するとき、どうしても征服欲というのがはたらく。ダニエラのパトロンとフランソワの会話からも、男性の征服欲というものがはっきりと伺える。また、女性が男性を愛するとき、より力のある男性、またはより自分にお金を使ってくれる男性を選ぶ傾向がある。それはダニエラの行動やセリフ(「私の特技は男性に愛されること」)からもわかるように。女性の場合は、金の切れ目が縁の切れ目になりかねないということも。しかし、これはあくまでも男女の本能的な行動傾向のこと。

では、男女の真実の愛とは・・?ダニエラは、最後に真実の愛を見つけることはできたのか?フランソワの宝くじの話は、果たして本当だったのか?また、フランソワが心臓が弱いと言っていたのは・・?ちなみに、原題の直訳は、「あなたはどれほど私のことが好きですか?」。邦題は邦題でよいが、この原題がこのドラマの本質を語っていると言えるのでは。ダニエラのパトロンが最後に言うセリフ「私は彼女を愛しているから、自由にさせるのだ」が印象的。

モニカの裸体は、同性の私が見ても美しすぎる。なんでも、出産直後に撮った映像なのだとか。それに、モニカの美しさに加えて、彼女の何気ない仕草や豪華なファッションも見どころ。また、モニカがダンスするシーンもある。飾り窓に座るダニエラ、フランソワと暮らし出すダニエラ、パトロンとフランソワの会話に参加するダニエラ・・場面転換の素早さと絶妙な照明の使い方、そして気の利いた会話・・すべてがモニカを引き立てるために計算し尽くされた演出となっている。監督がモニカのために撮った映画と言っても過言ではないかもしれない。

但し、おフランス的な(?)シャレやブラック・ユーモアもたっぷりなので、「ショック死したお医者さんがかわいそう」とか「『私の特技は男性に愛されること』、なんて言えるオンナの神経がわからない」とか真面目にとらえてしまうと、ちょっとキツイ作品になってしまうかも。モニカの美しさを愛でながら、男女の愛のかたちを遊び心で鑑賞してみたい・・そんな気分のときにピッタリな作品なのだと思う。★3.4
スポンサーサイト
- | 21:48 | - | - | - | - |
コメント
from: chikat   2009/05/28 10:18 PM
私はモニカのPVだと感じましたが、彼女は自分にすごく自信があって、見せられるうちに見せようとする意欲があったんですね。
美しさもこの上ないですが、全体からあふれ出る総合的なおアワーがすふぉいと思いました。
from: あず沙   2009/05/29 1:03 AM
chikatさん>モニカのセクシー・ビームがバシバシ感じられる作品でしたよね☆ それに、ブラック・ユーモアも盛り込まれていて、個人的には男女の関係が絶妙に描けている作品としてかなり楽しめました☆
from: margot2005   2009/05/29 8:51 PM
こんばんは!
TBありがとうございました。
こちらjugemにはTB反映されないようです。
モニカ狙いのおじさま映画って感じですが、中々楽しめましたね。
from: あず沙   2009/05/29 11:27 PM
margot2005さん>コメント、ありがとうございます。あはは、その通りですね。でも、期待以上の出来で、まずまず満足しています☆
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/146
ダニエラという女 [DVD]宝くじで大金を手にした地味な男が、飾り窓の娼婦で絶世の美女ダニエラと暮らす契約をかわす。フランス映画らしく、大人の恋愛模様は倫理観をほとんど無視したもの。過去の名作へのオマージュもチラリ。出産直後のモニカ・ベルッチのくずれた体型
映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP | 2009/05/24 11:11 PM
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2005年フランス映画 監督ベルトラン・ブリエ ネタバレあり
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] | 2009/05/24 11:24 PM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.