あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
NEW ENTRIES
ブックマーク
あし@
おきてがみ
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
2008 アメリカ 洋画 ドラマ ファンタジー
作品のイメージ:感動、ほのぼの、切ない
出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、タラジ・P・ヘンソン、ジュリア・オーモンド

第 81回アカデミー賞で最多の13部門にノミネートされたということと、特殊メイクで話題をさらった作品。80代の男性として生まれ、日に日に若返っていくベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)。そんな数奇な人生を生きた男性の物語。ベンジャミンは心を寄せるデイジー(ケイト・ブランシェット)と愛し合うようになるのだが、自分の未来を危惧し別れることになる。そして・・。

ストーリー自体(1920年代にF・スコット・フィッツジェラルドが執筆したもの)は非現実的な着想であるにもかかわらず、何故か心に迫るリアルさを感じた。不条理さのかけらも感じさせない演出には脱帽。精神は年老いて行きながらも、若返っていく肉体。愛する人と一緒に年をとることができない辛さ、愛する人と家庭を築くことができない悲しみ・・そんなベンジャミンの心のうちが痛切に感じられた。最期は皆と同じ死を迎えるはずなのに、人生の時計が逆行するという悲劇によって、ベンジャミンは孤独に生きていくしかない。人生が時間から自由になれないという悲哀、そして人間が生きる時間は限られているという残酷さが、非現実的な中にも現実味を帯びたかたちで描かれている。

人間は、時間から束縛されずに生きていくことはできない。人生は、時計の針によってその一秒一秒が刻まれている。愛する人と結婚し毎日一緒に暮らしていると、相手が空気のような存在に感じられることもあるだろう。そして、一緒にいることが当たり前で、一緒にいることの有難さを忘れがちになる。でも、愛する人と人生の時間が逆行していたら・・?愛する人と巡り合えたという奇跡、そして一緒に過ごす時間の大切さを、静かながらずっしりとしたかたちで観る者に訴えかけてくるよう。長く一緒にいるから、深く愛し合っているとは限らないのだと。167分とちょっと長めの作品ではあるが、その長さを感じさせないのは、作品の流れの一瞬一瞬にも時間の大切さを織り込んだ内容となっているからではないか。

年老いた顔がだんだんとブラピの顔になっていくのにドキドキ・・(ブラピの熱心なファンということでもないのですが)。ケイトのバレリーナ姿もステキ・・。ブラピかケイトのファンであれば、かなりお借り得(またはお買い得)な作品であること間違いない(というか、観るべきでしょう)。人生教訓にもなるセリフをテンコ盛りで一つ一つのセリフが心に沁みるし、しかも観る人をほんわかと温かく包みこんでくれるような雰囲気(なので、「特別ブラピやケイトのファンでもないわ」という方にもおススメできます)。というわけで、ストーリー的にはファンタジーだけど、ある意味「寓意詩」と呼ぶにふさわしいものかもしれない。

洒落たオープニング(ワーナーのロゴに着目・・あ、パラマウントのマークも凝ったものでした)と、細かく演出されたラストも見逃せない。邦題の副題となっている「数奇な人生」は要らないかも。★4.1
スポンサーサイト
- | 10:45 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/144
人生という名のロードムービー。  
Akira's VOICE | 2009/05/22 11:12 AM
 『人生は素晴らしい。』  コチラの「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」は、1920年代に書かれたF・スコット・フィッツジェラルドの短編小説を基に、80歳で生まれ、若返っていく男の物語を映画化した2/7公開のヒューマン・ファンタジーなのですが、試写会で観て来
☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/05/22 11:33 AM
公式サイト。F・スコット・フィッツジェラルド原作、原題:The Curious Case of Benjamin Button。デヴィッド・フィンチャー監督、ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、タラジ・ヘンソン、エリアス・コーティアス、ジェイソン・フレミン
佐藤秀の徒然幻視録 | 2009/05/22 11:41 AM
 1日は映画の日で日曜日。109シネマズ川崎スクリーン1もほぼ満席だ。 映画の話 80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれた男ベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)。時間の流れを止められず、誰とも違う数奇な人生を歩まなく
masalaの辛口映画館 | 2009/05/22 12:49 PM
原題:THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON公開:2009/02/07製作国・年度:アメリカ、2008年上映時間:167分鑑賞日:2009/02/07監督:デヴィッド・フィンチャー出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、ジェイソン・フレミング、イラ
映画鑑賞★日記・・・ | 2009/05/22 1:32 PM
試写会で 観てきました。「ベンジャミン・バトン数奇な人生」公式サイト80代で生まれ、徐々に若返っていく男の数奇な運命。予告でその設定と淡々とした感じは伝わってきてて、さらに2時間47分て長さに退屈しそうな不安があったけど全然心配無用でした。淡々としてるの
かいコ。の気ままに生活 | 2009/05/22 1:34 PM
観たようなものですが(^_^;)体調不良だったため、予定よりも一週遅れの鑑賞です。ウズウズ  めちゃ観たかった〜。  やっぱり観て良かった〜。  本当に数奇な人生でした。  『ベンジャミン・バトン』老人に生まれて若返って行くなんて、どんなストーリーなの
美容師は見た… | 2009/05/22 2:38 PM
原題:THECURIOUSCASEOFBENJAMINBUTTON監督:デビッド・フィンチャー脚本:エリック・ロス出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン公式サイトはこちら。<Story>1920年代にF・スコット・フィッツジェラルドが執筆した、80代で生
NiceOne!! | 2009/05/22 4:01 PM
赤ちゃんなのにお爺ちゃんの姿をしたブラッド・ピットは何度観ても衝撃的でしたね。たぶんここ1,2ヶ月かの間では最もたくさん劇場予告編を目にしたのがこの作品だったと思けど何度観てもこれがいったいどういうお話になるのか予想出来なくて想像力を掻き立てられました
カノンな日々 | 2009/05/22 6:01 PM
それでも人生は素晴らしい。見終わった後に自然とそう感じる完成度の高い映画でした。『フォレスト・ガンプ一期一会』のように一人の男を狂言回しに描いていく人生ファンタジーなんですが、こちらの方がより大人向けといった感じでした。そしてブラッド・ピットファンは
めでぃあみっくす | 2009/05/22 6:12 PM
内容ハリケーンが迫るアメリカ大陸。ある病院にて、余命幾ばくもない老女・デイジー(ケイト・ブランシェット)は、娘のキャロライン(ジュリア・オーモンド)を呼び寄せる。そして、大切にとってあった、一冊の分厚い“日記”を読んでくれるよう頼み込むのだった。その
レベル999のマニアな講義 | 2009/05/22 6:22 PM
【THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON】 2008年/ワーナー/167分 【オフィシャルサイト】 監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、タラジ・ヘンソン、エリアス・コーティアス、ジェイソン・
kuemama。の<ウェブリブログのへや> | 2009/05/22 6:30 PM
人生は驚きの連続。与えられた運命を受け入れて。試写会にて。
悠雅的生活 | 2009/05/22 7:19 PM
=== "ボタン" に意味合いはあったのだろうか? === {{{: 【ベンジャミン・バトン 数奇な人生】 THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON 2008 '''監督''' デヴィッド・フィンチャー     '''製作'
Kaz.Log Cinema | 2009/05/22 8:37 PM
 『タイタニック』のような格調高い構成に、『フォレスト・ガンプ 一期一会』のよう...
シネクリシェ2.0 | 2009/05/22 8:48 PM
☆☆☆☆☆ (5段階評価で 5) 2月7日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 14:10の回を鑑賞。
みはいる・BのB | 2009/05/22 9:23 PM
1人の人の生涯を描こうってんだからそりゃ長くなるけど、2時間47分は長かった〜。80歳で生まれたベンジャミンは老人ホームで育てられ、一度は船上の男となるもののまた老人ホームに戻ってくる。そして幼い頃に出会ったデイジーと再会し、さらに本当の父親とも再会を果
まてぃの徒然映画+雑記 | 2009/05/22 11:36 PM
つれチョイス。 レイトショー。 新居からの新幹線移動、翌日から仕事ということで帰宅が午前さまになる3時間のレイトショーってのがチと不安だったのですが、おもしろかったら疲れないだろうと観賞。 1000円dayだったし。 (でもパンフが900円。高ッ!) わろたのが選
inuneko | 2009/05/22 11:42 PM
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 特別版(2枚組) [DVD]◆プチレビュー◆時を縦糸に愛を横糸にして人生の哀切を紡ぐ秀作。特殊メイクで七変化するブラピは必見だ。 【85点】 ベンジャミン・バトンは、80歳で生まれ徐々に若返っていく不思議な運命の持ち主。恋人デイ
映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP | 2009/05/23 12:20 AM
観る前に期待のハードルを思いっきり上げてしまい、良作ながらそのハードルを越えられなかった…『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』は僕にとってそんな映画である。老人の体で生まれ、年齢を重ねる毎に若返っていくベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)の誕生か
古今東西座 | 2009/05/23 4:20 AM
人生は教訓のてんこ盛り。「人生はチョコレートの箱のようなもの。食べてみるまで分からない」と言ったのはフォレストガンプの母(だったかな?)。本作の主人公・ベンジャミンの育ての母は「人はみな生まれて死ぬ。たどる道が違うだけ」と言う。ガンプと同じように、そ
☆ EL JARDIN SECRETO ☆ | 2009/05/23 9:02 AM
第一次世界大戦末期に、ある願いを込めて時計職人が作った逆回転の時計。まるでそれがきっかけであるかのようにベンジャミンの数奇な人生が始まる・・・。
SOARのパストラーレ♪ | 2009/05/23 9:08 AM
実は2月7日初日に見ました。監督:デビッド・フィンチャー脚本:エリック・ロス出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン今まで映画評を書かなかったのは、この映画をあんまり悪く書きたくなかったから。まじめな映画だと思う。「数奇な
再出発日記 | 2009/05/23 1:14 PM
あらすじ80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれた男ベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)は、愛する人との出会いと別れを経験していくが・・・。感想映画の日に、久しぶりに劇場鑑賞。『セブン』、『ファイト・クラブ』のデヴィ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2009/05/23 2:16 PM
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/アメリカ 監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ブラッド・ピット    ケイト・ブランシェット    ティルダ・スウィントン    ジェイソン・フレミング    イライアス・コティーズ    ジュリア・オーモ
Lovely Cinema | 2009/05/23 4:45 PM
JUGEMテーマ:映画 2009年2月7日 公開 ★★★★★ 特殊メイクも含め見応えありで星5! バトンのボタン まずオープニングのワーナーのロゴがボタンになってたのが、どういう意味なんだろうと思っていたら・・・。 ご鑑賞がまだの方はネ
UkiUkiれいんぼーデイ | 2009/05/23 6:22 PM
THECURIOUSCASEOFBENJAMINBUTTON「ベンジャミン、あなたが教えてくれた 人は皆、出逢っては別れ、愛する者を失うそれでもー人生は素晴らしい」上映時間167分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2009/02/07ジャンルドラマ/ミステリー/ファンタジー【
CinemaCollection | 2009/05/23 10:52 PM
今年初の試写会です{%キラリwebry%}
白ブタさん | 2009/05/23 11:10 PM
1918年。ニューオーリンズの老人ホームに、一人の赤ん坊が捨てられていた。その子は、生まれたばかりにも関わらず、80歳の老人の身体をしていた。ベンジャミンと名付けられた彼は、数年の命と言われながらもすくすくと成長していった。さらに彼は、歳を重ねる
5125年映画の旅 | 2009/05/24 9:45 PM
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』を観ました『セブン』『ファイト・クラブ』に続いて3度目のコンビを組んだデヴィッド・フィンチャー監督、ブラッド・ピット主演で贈る感動ヒューマン・ファンタジーです>>『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』関連原題: THECUR
おきらく楽天 映画生活 | 2009/05/24 9:58 PM
歳をとるにつれて若くなる  1918年、ニューオーリンズ。ある一組のカップルの間に男の子が産まれる。しかし、その赤ん坊は80歳の老人と見まがうほど奇異な容貌をしていた。ショックを受けた男は困り果てた末、赤ん坊を老人養護施設に置き去りにしてしまう。そして、施
CINECHANの映画感想 | 2009/05/25 12:20 AM
人生は素晴らしい。80歳で生まれ、若返っていく   数奇な人生を生きた、ある男の物語ベンジャミン・バトン 数奇な人生HPベンジャミン・バトン数奇な人生 シネマトゥデイ英題:THECURIOUSCASEOFBENJAMINBUTTON製作年:2008年製作国:アメリカ日本公開:2009年2
猫とHidamariで | 2009/05/25 5:40 PM
JUGEMテーマ:映画&nbsp; 今年のアカデミー賞で最多の13部門ノミネート。素晴らしい作品でした!1920年代に書かれたフィッツジェラルドの短編小説が基になっているとのことですが、これは脚色の力でしょう…第一次世界大戦が終わる1918年から、ニューオーリンズ
ハピネス道 | 2009/05/25 5:54 PM
80歳で生まれ、若返っていく 数奇な人生を生きた、ある男の物語
シネマのある生活〜とウダウダな日々 | 2009/06/14 11:22 PM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.