あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
NEW ENTRIES
ブックマーク
あし@
おきてがみ
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
悲しみが乾くまで
2007 アメリカ 洋画 ドラマ ラブロマンス
作品のイメージ:ほのぼの、切ない
出演:ハル・ベリー、ベニチオ・デル・トロ、デヴィッド・ドゥカブニー、アリソン・ローマン

デンマークの鬼才スサンネ・ビア監督が、ハリウッド進出を果たした作品。オードリー(ハル・ベリー)は、夫と二人の子供たちと幸せな日々を送っていた。ある日、夫は人助けをしようとして事件に巻き込まれ、帰らぬ人となる。夫の葬儀の日にオードリーは夫の幼馴染で親友のジェリー(ベニチオ・デル・トロ)の存在を思い出し、自分の弟に彼に連絡してくれるように頼む。かつて敏腕弁護士だったジェリーは、今はドラッグに溺れるジャンキー。そんなジェリーに対して、オードリーは一緒に暮らさないかと持ちかけるのだが・・。

スサンネ・ビア監督の作品は、「しあわせな孤独」「ある愛の風景」「アフター・ウェディング」と鑑賞し本作で四作目の鑑賞となるが、共通した特徴がある。目や口をクローズアップすることによって、人物の心の機微を繊細に捉えているという点。本作においては、演出に専念したビア監督。彼女の入念な心象描写は、これまでの作品にさらに磨きがかかったものと言えよう。ストーリーだけを考えると、夫を亡くした心の隙間をジェリーの存在で埋めようとするオードリーの身勝手さが気になるところではある。

そもそも、ビア監督の作品のストーリー自体は、首を傾げたくなるところが多い(「アフター・ウェディング」のラストもそうでした)。しかし、ビア監督の作品はストーリーに焦点を当てて鑑賞するものではなく、「動きのあるドキュメンタリー」として鑑賞するものなのだと思う。喪失感や悲しみから立ち直り再生へと向かうオードリーの雑草のような姿が、いろんな角度から撮られている。ハル自身も、主人公の女性の気持ちを多様なかたちで表現するように工夫したのだとか。オードリーがジェリーに、「あなたがどのように私の助けになるかは、わからない。でも、とにかく助けてほしい。今は眠りたい」と語る表情は、ハルの迫真の演技とビア監督の精巧な演出の賜物。

もう一つの共通点は、悲しみの中にも希望が必ず描かれていること。絶望の後に再生への一筋の光が差し込んでいるところは、本作も例外ではない。ジェリーの薬物依存症の克服とオードリーの悲しみからの回復が、”Accept the Good”(善を受け入れる)というフレーズで象徴されている。二人が生きることに少しずつ希望を見出していくところで流れが収束するかたちは、「ある愛の風景」の構図とほぼ同じ。しかし、他の作品においては、男女四人の人生がある一つの事件によって狂っていくというパターンであるのに対して、本作ではオードリーとジェリーの二人が完全主体に。ジェリーのドラッグによる現実逃避、禁断症状の苦痛、そして克服へのプロセスを、オードリーの悲しみからの再生への道とダブらせるという新しいパターンが、取り入れられている。

人間が絶望から再生へ向かうという普遍的なテーマを扱いながら、映像と構図に拘ったかたちで人物の心象をこれほど繊細に描けるのは、ビア監督の他にいないのではないだろうか。ありきたりなラブ・ロマンスに持っていっていないところも、評価できる。相変わらず派手さはないしプロットに意外性もないが、「喪失」と「再生」というテーマが骨太な感じで作品に埋め込まれていて、二大俳優の円熟した演技を通じて鮮やかな光を放っているような感じ。「人は独りでは生きていけない。時には誰かを必要とし誰かに寄りかかりながら立ち直るものなのだ」という飾り気のないメッセージが、ビア監督の独特のカラーでしっかりと伝わってきた。ハリウッドでビア監督の力量を証明する作品となったのでは(次回作が楽しみです。ぜひまたハリウッドでお願いします)。

特典映像として、未公開シーンがふんだんに収録されている。ビア監督が、時間を惜しんで主役の二人をカメラで追った証し。その中に、オードリーがジェリーに「あなたが車の中の現金を盗んだと疑っていたの。ごめんなさい。これは、お詫びのしるしよ」といって手作りのものをプレゼントするシーンがあるが、これは本篇に含めても良いような気がする。オードリーが心の鎧を解くモチーフにもなるので。★3.6
スポンサーサイト
- | 14:15 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/139
 『そう、きっとあなたを利用した。 夫を亡くした女は、夫の親友と暮らし始めた。』  コチラの「悲しみが乾くまで」は、「アフター・ウェディング」で、2007年のアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたデンマークの俊英スサンネ・ビア監督がハリウッド進出を
☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/03/23 5:05 PM
映画[ 悲しみが乾くまで ]をシネカノン有楽町で鑑賞。 この監督の手にかかれば、メロドラマが、単なるメロドラマで終わらない。 デンマーク出身の女性監督、スサンネ・ビア。去年観た [ ある愛の風景 ](04)、[ アフター・ウェディング ](06)がよかったので
アロハ坊主の日がな一日 | 2009/03/23 5:46 PM
=== スサンネ・ビア監督、ハリウッド進出の一作目 『悲しみが乾くまで』 === {{{: 【悲しみが乾くまで】 THINGS WE LOST IN THE FIRE 2008 '''監督''' スサンネ・ビア  '''製作''' サム・メン
Kaz.Log ☞ Loft Cinema | 2009/03/23 7:14 PM
公式サイト。原題Things We Lost in the Fire(私たちが火事で失ったもの)。スサンネ・ビア監督、ハル・ベリー、ベニチオ・デルトロ。舞台がシアトルの住宅街だけで2時間の作品。一見、焦点が定まらないように見えるが、2人の葛藤が濃密な時間の中で流れている。
佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン | 2009/03/23 7:42 PM
JUGEMテーマ:映画 2001年に「トラフィック」で助演男優賞を受賞した ベニチオ・デル・トロと 2002年に「チョコレート」で主演女優賞を受賞した ハル・ベリー。 この二人の共演ということで、予告編を見て以来、楽しみにしていました。 予告編を見る限り
ハピネス道 | 2009/03/23 9:10 PM
「アフターウェディング」を監督したデンマークの俊英、スサンネ・ビア監督作品です。といっても「アフターウェディング」は迷ったあげく、行きつけてない劇場での公開だったこともあって観てないんです。後々に評判が良かったのを知って後悔しました。という事で今度は
カノンな日々 | 2009/03/23 9:58 PM
悲しみが乾くまで スペシャル・エディション [DVD]◆プチレビュー◆デンマークの俊英女性監督がハリウッド進出。喪失感を抱えた男女の感情を描く静かな人間ドラマだ。 【70点】 美しい主婦オードリーは平凡だが幸せに暮らしていた。だが突如、夫のブライアンが事件に
映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 | 2009/03/23 11:53 PM
予告編を見て、ハル・ベリーだし、この手の話は好きだからと見てきました。 タイトル:悲しみが乾くまで 監督:スサンネ・ビア 出演:ハル・ベリー/ベニチオ・デル・トロ/デヴィッド・ドゥカヴニー 製作:2007年アメリカ ハーパーとドーリーの二人の子供に恵まれ幸
気ままに映画日記☆ | 2009/03/24 12:42 AM
監督:スサンネ・ビア キャスト オードリー・バーク☆ハル・ベリー ジェリー・サンボーン☆ベニチオ・デル・トロ ブライアン・バーク☆デヴィッド・ドゥカヴニー ハーパー・バーク☆アレクシス・ルウェリン ドリー・バーク☆ミカ・ベリー ハワード・グラスマン
あーうぃ だにぇっと | 2009/03/24 11:36 AM
Red desire 悲しみを焼き尽くせ 公式サイト デンマークの女性監督スサンネ・ビアの、ハリウッド進出第一弾作品。 家族を題材に、人物の対比や投影表現を駆使して苦難や克服を描くヒューマンドラマ、との基本スタイルは変わらないが、これまでの本国作品の域を出
(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) | 2009/03/24 8:11 PM
夫が死んだ。私には彼が必要だった。愛する者を失った二人が、互いに寄り添った奇跡の時間。失うことと、生きること。悲しみを乗り越えようとする男と女。 物語:オードリーは、夫のブライアンと二人の子供たちに囲まれ、平凡だが幸せな日々を送っていた。 だが、
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2009/03/25 1:05 AM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.