あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
ジェリーフィッシュ
2007 イスラエル, フランス 洋画 ドラマ
作品のイメージ:ほのぼの、切ない、萌え、ためになる
出演:サラ・アドラー、ニコール・レイドマン、ノア・クノラー、ゲラ・サンドラー

美しくも哀しい詩のような作品。初見では、それこそクラゲ(jellyfish)のようにフワフワしていて捉えどころがない作品だと思った。しかし、監督のインタヴューやメイキングを見てから再度鑑賞したところ、作品の観方が変わった。新しい映画鑑賞のしかたを教えてもらったような気がする。

美しい海辺の町テルアビブを舞台に、三人の女性の日常が淡々と撮られている。結婚式場で働く粗忽なバティアは、海辺で浮輪をつけた何も話さない少女に出会う。また、ケレンは結婚式を挙げたばかりだったが、いろんな災難に遭い不平不満ばかりを言っている。そして、フィリピン人のジョイは、息子をフィリピンに残したままイスラエルにやって来て、ホームヘルパーの仕事に就いている。この三人の話はそれぞれ独立したもので、特に接点はない。しかし、大切な相手に自分の気持ちをうまく伝えることができないという共通点がある。何かを介して相手とコミュニケーションをとっていく・・そんな三人の不器用さが現実と非現実とが交錯するようなかたちで描かれている。

イスラエル大使館が後援しているということもあり、イスラエルの社会背景がしっかりと盛り込まれているところも見逃せない。シリア人に対する反感、多種多様な言語と文化の混合、フィリピンなどから出稼ぎに来る外国人労働者の急増などなど。また、映像については、無駄なものを削ぎ落として必要なものだけを被写体にすることを心がけたのだとか。なるほど、繊細なカメラワークが活きて、被写体だけに焦点が絞られている。色彩へのこだわりも、活きている。現実と幻想の世界を行き来する霞がかった雰囲気を醸し出すために、登場人物の演技のエネルギーをわざと抑えるような工夫も凝らしてある。そこまで計算された演出だったとは・・。詩的曖昧さという淡い光で、作品全体を照らしているよう。

ケレンとケレンの夫マイケルがホテルで出会う女性が遺書を残して自らの命を絶つのだが、その遺書がまるで作品のテーマの中核のようになっている。「瓶の中の船は沈まない・・船底に漂うクラゲがただ揺れるだけ・・」人は過去を受け入れることにより、自由に生きることができるのだろうか?「みんな何かの第二世代よ」というセリフが出てくるが、人は過去に縛られること、過去に押し流されること、過去から現在・未来に導かれるということを超越できるのか否か・・と問いかけられているような感じ。果たして、瓶の中の船は大海原へと漕ぎ出せるのか。

浮輪の女の子が、天使のようにかわいい。そう言えば、インタヴューで「将来は女優さんになりたいの?」と聞かれて、首を横に振って「もう女優だもん」と言っていた(・・ごもっともです)。「萌え」「切ない」「ほのぼの」「ためになる」のタグを一緒に付ける作品は、そう多くないのではないか。2007年カンヌ国際映画祭で賞をとった云々は抜きにして、心にぼんやりと明かりを灯してくれるような異色作品に出遭えた。★3.3
スポンサーサイト
- | 16:43 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/135
イスラエル映画を始めて観た。 しかしイスラエル映画だからなのではない。始めて観るタイプの映画。 すごい・・・・・すごい映画だった。 完璧に練り上げられた、寸分の隙もない映画。 波間にゆらゆらと身を任せるクラゲのように、ゆるゆると穏やかに話は進むのに、
ノルウェー暮らし・イン・ジャパン | 2009/03/13 10:10 PM
この映画についてはほとんど何も知らなくて、映画紹介記事でイスラエルを舞台にした群像劇風の作品でカンヌでカメラドールを受賞したという程度の情報だけで観に行ってちゃいました。最近の中東を舞台にした作品は好印象なのが多いので何気に期待してみました。 出演
カノンな日々 | 2009/03/13 10:17 PM
ジェリーフィッシュ [DVD]曖昧さが魅力の美しい小品。テルアビブを舞台に、傷つきながら幸せを夢想する男女の3つの物語だ。3話は独立しており、わずかにすれ違うだけ。海をモチーフにした心象風景のスケッチのように描く。恋人と別れた女性が自分の分身である浮き輪を
映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 | 2009/03/13 11:33 PM
          イスラエル映画の「ジェリーフィッシュ」を観に行く。07年のカンヌのカメラドール受賞作品。 3つの話がゆるやかにつながりを持つ群像劇というつくり。複雑なわけではないので、こんがらがったりはしない。光を当てられてい
気まぐれ映画日記 | 2009/03/14 12:22 AM
原題:MEDUZOT/JELLYFISH監督:エトガー・ケレット、シーラ・ゲフェン脚本:シーラ・ゲフェン出演:サラ・アドラー、ニコル・ライドマン、ゲラ・サンドラー、ノア・クノラー、マネニータ・デ・ラトーレ鑑賞劇場 : シネ・アミューズイースト/ウエスト公式サイトはこち
NiceOne!! | 2009/03/14 5:43 AM
予告編の浮き輪を持った女の子が気になって、気になって・・・ タイトル:ジェリーフィッシュ 監督:エトガー・ケレット、シーラ・ゲフェン 出演:サラ・アドラー、ニコール・レイドマン、ノア・クノラー 製作:2007年イスラエル・フランス テルアビブの結婚式場で
気ままに映画日記☆ | 2009/03/15 7:59 AM
自分の肌の内側にジワリと侵食されたような感覚を味わった。そして、忘れていた様々なことを思い出した。そんな映画は久しぶり。決して多くの人にススメることは出来ないけれど・・・
レザボアCATs | 2009/03/25 9:45 PM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.