あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
フォロウィング
1998 イギリス 洋画 ミステリー・サスペンス ドラマ
作品のイメージ:ドキドキ・ハラハラ、怖い、おしゃれ、スゴイ
出演:ジェレミー・セオボルド、アレックス・ハウ、ルーシー・ラッセル、ジョン・ノーラン、ディック・ブラッドセル

クリストファー・ノーラン監督の初監督長編作品。作家を目指していたビルには、知らない人を尾行するという奇怪な趣味があった。ある日尾行していた男に気付かれ、その男コッブと知り合いになる。コッブにも、また奇怪な趣味があった。コッブは、知らない人の家に無断で侵入してはその人のプライベートを覗き見たり、物を盗んだりしていたのだ。ビルは、そんなコッブにだんだん感化されていく。

出だしの部分はあり得ない設定ということで、ちょっと圧倒されてしまった。まず、コッブの身なりやしゃべり方から、かなり洗練された教養のある人物のように思える。とても、人の物を盗んで生計を立てているようには思えない。それに、人の物を盗んで売りさばいたところで(CDとか)、そんなにお金になるとも思えない・・とか思っていると、中盤から一気に引き込まれた。ビルは尾行していたある女性と親しい関係になり、そしてコッブの存在が二人の関係に絡んでくる。三人の関係を観客に人物の行動で判断させるような視覚的な描き方をしているところは、ノーラン監督の狙いなのだろう。そして、三人の関係が徐々に明らかになってくる。そう考えると、出だしの斬新さもノーラン監督の計算に入っている効果なのかもしれない。

モノクロであることや70分の短いドラマであることは、限られた予算と限られた時間という制限があったから、とノーラン監督はインタヴューで語っている。監督を含むスタッフとキャストは当時別の仕事を持っていたため、撮影にもあまり時間を割けなかったらしい。毎週土曜日に集まって、20数週かけて撮り終えたとか。時間軸がバラバラになった連続性の無い展開やドキュメンタリー風であることも、そういった環境から必然的に生まれたものとノーラン監督は説明しているのだが、どうも監督の「ご謙遜」のように思えてしかたがない。

本作も「メメント」同様、ボーナス・トラックにクロノジカル・シークエンス(時系列)のバージョンが収録されていて、それで復習してみた(本作については、「メメント」ほど複雑ではないので復習の必要はないかなと思ったのですが、念の為に観てみました)。すると、やはり細かなところまで巧妙に伏線が張られていることがわかった。なので、どれもノーラン監督が緻密に計算した結果の産物のように思える。モノクロであることも、ロンドンのスタイリッシュさを引き立てているし、モダン・クラシックな香りを放たせ、フィルム・ノワール的な演出にも一役買っている。

脚本もノーラン監督が自ら手がけたものであることも、嬉しい。「人は失ってはじめて、その物の真価に気付く」というコッブのセリフが意味深長。また、ビルが検察官に対して最初に発するセリフは、“The following is my explanation.”(これからしゃべることが、僕の身に起こったことです)。ここでの”following”(フォロウィング:以下)と、尾行を意味するフォロウィング、そして人に感化されるというフォロウィング、の三つの意味がタイトルになっているように思える。また、“The following is my explanation.”は、「フォロウィングという言葉でしか説明できません」という意味にもとれ、この部分は作品鑑賞後になって「なるほど」と頷けるセリフである。細部にまで意味を持たせているといった手抜きのない入念さは、ノーラン監督作品の魅力。

数限りない伏線、観客の予測を超えたいくつものどんでん返し、過去から未来へのフラッシュ・フォアードと未来から過去へのフラッシュ・バックの混和など、ノーラン監督の独創性はそれぞれの作品で活きているが、本作が「メメント」「プレステージ」など他作品の原点になっていることは間違いない。★4.2
スポンサーサイト
- | 12:15 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/131
 コチラの「フォロウィング」は、「メメント」のクリストファー・ノーラン監督が、製作・監督・脚本・編集・撮影をこなしたデビュー作です。  最近では、「バットマン・ビギンズ」、「プレステージ」といった大作にスイッチしてしまってますが、こういった複雑に絡
☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/03/05 12:43 PM
'''クリストファー・ノーラン'''監督デビュー作ですね〜。 {{{「メメント」}}}、{{{「インソムニア」}}}でその非凡な才能を見せた監督ですが、このデビュー作品でそれを表わしています。1998年の作品。 「メメント」では時間軸を
Kaz.Log ☞ Loft Cinema | 2009/03/05 7:08 PM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.