あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
アフター・ウェディング
2006 デンマーク 洋画 ドラマ ラブロマンス
作品のイメージ:切ない、カッコいい
出演:マッツ・ミケルセン、ロルフ・ラッセゴード、シセ・バベット・クヌッセン、スティーネ・フィッシャー・クリステンセン

マッツ・ミケルセンの魅力満載のスサンネ・ビア監督作品。インドで孤児たちの支援活動を行っているヤコブ(マッツ・ミケルセン)は、母国デンマークの実業家ヨルゲンから多額の寄付金のオファーを受ける。デンマークに帰国しヨルゲンに会ったヤコブは、ヨルゲンから娘の結婚式に出席してほしいと言われる。その結婚式でかつての恋人ヘレネに再会するヤコブ。ヘレネはヨルゲンの妻になっていて、娘のアナはヨルゲンの実の娘ではないことを知る。アナの実の父は、なんとヤコブだったのだ。この再会は偶然なのか、ヨルゲンが意図したものだったのか・・。

ストーリーは凡庸で、結婚式の娘のスピーチでその後の筋書きが見えてしまう。それに、結婚式だというのに過去の出生の秘密なんか穿るか・・というところが現実離れしている。新婚なのに、新郎を放っておいて実の父のことばかり考えているアナもいかがなものか。そんなだから、浮気されてもしようがない。また、結婚するくらいのいい歳になっているのに、両親と実の父に甘えてばかりのアナには、ちょっと鼻白んでしまった。ラストも、「インドの子供たちは一体どうなっちゃうのよ」と思ってしまった。インドの孤児たちを家族のように思っていたヤコブでは・・?やはり血の繋がりを選んじゃうの・・?それとも、ヨルゲンとの約束があったから・・?インドの子供たちへの想いがあったからこそ、家族の大切さや守るべきものを認識したから・・?

とは言え、スサンネ・ビアの作品だけあって、人物の感情が映像を通じて豊かに表現されている。目や口元の表情がクローズアップされて、そこからそれぞれの心情が痛いほど観客に伝わってくるような感じ。花や植物のフラッシュの挿入が心象風景の一部となっているのも見事。主要な四人の気持を緻密に丁寧になぞるように描いているところは、「ある愛の風景」「しあわせな孤独」と共通するものがある(アナの夫がこの四人の中に入っていないのは、ちょっとかわいそう)。脚本も悪くない。「愛していても、お互い傷つけ合うだけ」というヘレネのセリフが印象的。また、ヨルゲンにある決断を迫られたヤコブはそれと同様にインドの少年にある決断を迫るという相似形の構図を、自然に取り入れている。

本来ならばヨルゲンに感情移入して、「やるせない」と感じるべき作品なのだろうが、ちょっと別方向から鑑賞してしまった(以下、やや冷静さを欠きつつデレデレな感じで書きます)。内容はさておき、個人的には大満足の作品。というのは、マッツ・ミケルセンが光っている。もう、マッツ・ミケルセンのための作品と言っても良いのではないか。四人の中でのいちばんの主役は、ヨルゲンではなくヤコブだと思う。「キング・アーサー」では完全な脇だったのでしかたなかったとしても、「しあわせな孤独」では印象薄、「007 カジノ・ロワイヤル」のル・シッフル役では「カッコいい悪役だな」くらいの感想だったのが、本作で完全にゾッコンになってしまった。元プロダンサーだけあって、すごい体してるし。パーティーでダンスするシーンがあって、なぜか本作に不似合いな曲(The Weather Girlsの「ハレルヤ・ハリケーン」(“It’s Raining Men”)がかかるんだけど、マッツがその曲でアナ役のスティーネ・フィッシャー・クリステンセンとダンスする・・マジで彼女が羨ましかったわ〜。「007 カジノ・ロワイヤル」を再見して、マッツの魅力を検証せねば。

というわけで、作品自体は★3.3くらいなのだが、マッツの魅力のボーナス(+0.5)を加えて、★3.8。
スポンサーサイト
- | 17:20 | - | - | - | - |
コメント
from: rinzu   2009/03/05 9:20 AM
こんにちわ、おじゃまします〜。
この映画はちょっと好き嫌いが分かれる作品ですよね。
スサンネ・ビア監督のものは皆そうだと思います。(彼女の作品の中では「ある愛の風景」が一番一般受けするのかしら・・・。)
デンマークの国民性も日本人とちょっと異なるところがあるので、違和感を覚える部分もあるのでしょうね。(「しあわせな孤独」のお誕生会とか、今作の結婚式でのカミング・アウトとか・・)

でもマッツがカワイイから全部赦す!!(^_^;)となってしまう位にスーツ姿のマッツさんが素敵でした。
マッツ仲間が増えて嬉しいです〜〜〜。(^_^)/

from: あず沙   2009/03/05 12:09 PM
rinzuさん、こんにちは。コメント、ありがとうございます。確かに、デンマークと日本のお国柄の違いもあって、「あれ」と感じる部分もあるかもしれませんね☆ でも、「ある愛の風景」も含めてスサンネ・ビア監督の作品は、どれもお気に入りです。本作も、鑑賞直後よりも、しばらくしてからの方が良さがじわじわと感じられます。やはり、ヨルゲンでもアナでもなく、ヤコブに力点を置いて観るのが正しいことを確信しました。いや〜、それにしても、日焼けしたマッツのお姿が目に焼きつきました。娘役のスティーネも、マッツとダンスをするシーンで、娘役にもかかわらず(くどいようですが)目がハートになっていたような・・(笑)。マッツ・ファン初心者ですが、今後ともどうぞよろしくお願いします。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/130
 『愛は、死なない。 命の終わる日を知った時、 大切な人に残したいものがある。』  コチラの「アフター・ウェディング」は、"デンマークが生んだ恐るべき才能"スザンネ・ビア監督が"日常に潜む運命に絡めとられていく男と女の究極の愛のカタチ"を描いた10/27公
☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/03/04 5:53 PM
製作年:2005年 製作国:デンマーク UK 監督:スザンネ・ビエール(しあわせな孤独) 出演:マッツ・ミケルセン SIDSE BABETT KNUDSEN ROLF LASSFGARD 海外DVD ★− オフィシャルサイト Storyインドで孤児達の生活を改善する為に活動するヤコブは、資金援助
amapola | 2009/03/04 5:55 PM
「おくりびと」のアンコール上映が、満員御礼なんですってねえ。良いことです。モッくんの所作の美しさを見てください^^)☆アフター・ウェディング☆(2006)スザンネ・ビア監督マッツ・ミケルセンロルフ・ラッセゴードストーリー インドで孤児たちの救援事業に従事
ぷち てんてん | 2009/03/04 5:55 PM
アフター・ウェディング スペシャル・エディションマッツ・ミケルセン, ロルフ・ラッセゴード, シセ・バベット・クヌッセン, スティーネ・フィッシャー・クリステンセン, スサンネ・ビア角川エンタテインメント 2009-01-09by G-Tools ヤコブはインドの孤児院で救助
菫色映画 | 2009/03/04 9:01 PM
12月18日(火) 21:05〜 シネカノン有楽町2丁目 料金:1300円(会員料金) パンフ:700円 『アフター・ウェディング』公式サイト アカデミー外国語映画賞ノミネート。 デンマーク映画。デンマークというとラース・フォン・トリアー。あんな変な奴の作品とは
ダイターンクラッシュ!! | 2009/03/04 10:23 PM
アフター・ウェディング スペシャル・エディション [DVD]一見地味だが、深みのあるドラマに感動する秀作デンマーク映画。何気ない描写から驚きの展開へと進むミステリアスな脚本に感心させられる。インドの孤児院で働く主人公が、ある実業家の申し出た寄付のため母国デ
映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 | 2009/03/04 11:42 PM
試写会で見ました。始めは、ドイツの映画だと思いました。途中でデンマーク云々て言わ
urouro日記 | 2009/03/05 1:31 AM
 デンマークの映画が上映されるのはめずらしいが、内容はごく一般的な家庭劇である。インドで孤児の救済活動をしているヤコブは、故郷デンマークに帰って実業家ヨルゲンに資金援助を依頼するが、ふとしたはずみに彼の娘アナの結婚式に招待されてしまう。だがなんとヨル
After the Pleistocene | 2009/03/05 8:41 AM
あー父さん母さーん あー感謝してーますー♪ 公式サイト デンマークの女性監督スサンネ・ビアによる、米アカデミー外国語映画賞ノミネート作品。同監督の『しあわせな孤独』にも出演していたマッツ・ミケルセンが主演となる。 幸せなラブストーリーを想起させる
(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) | 2009/03/05 10:54 PM
心に沁みる物語だ。人が生きる上で、一番向き合わなければいけないことを、静かに、だが確実に、どっしりと響くように描いている。
レザボアCATs | 2009/03/24 3:26 PM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.