あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
プレステージ
2006 アメリカ 洋画 ミステリー・サスペンス ドラマ
作品のイメージ:ドキドキ・ハラハラ、スゴイ
出演:ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、スカーレット・ヨハンソン

クリストファー・プリーストの小説「奇術師」を、クリストファー・ノーラン監督が映画化した作品。本作自体が一つのマジックのような仕組みになっていて、監督から観客への挑戦状のように感じられる。集中して観ないと監督の仕掛けた細かいトリックを一回で全て見破るのは難しいが、その入り組んだような深甚さは見応えがある。「メメント」と同様に、複数回の鑑賞に耐え得る作品でもある。

19世紀末のロンドン、若き二人の男性、アンジャー(ヒュー・ジャックマン)とボーデン(クリスチャン・ベイル)は、ある奇術師(マイケル・ケイン)のもとで一緒に修業を積んでいた。アンジャーの妻は二人の助手を務めており、水中脱出のマジックの舞台で失敗し溺死してしまう。アンジャーは、妻の溺死の原因はボーデンのロープの結び方だと思い、ボーデンを恨むことに。それ以来、二人は互いに奇術を競い合い、騙し合い、邪魔し合うようになる・・といった感じのストーリー。但し、時間軸がバラバラになっていて、アンジャーの妻が溺死する前後が交錯している。

タイトルとなっている「プレステージ」とは、手品における最終段階のことを指すらしい。(観客に種も仕掛けも無いことを証明するヽ稜А淵廛譽奪検法▲僖侫ーマンスを行う展開(ターン)、そしてマジックショーを完成させる0龍函淵廛譽好董璽検砲劉の段階に当てはまる)。パフォーマンスを得意とするエンターテイナーのアンジャーとアイデアに優れたボーデン。二人の騙し合いが見物。巧みな頭脳戦と心理戦。いくつかのどんでん返し。ラストで種明かしがされるのだが、それを聞いた観客は一つ一つのシーンの意味を思い出しながら飲み込む、といった作業を要求される。時代と舞台設定においては「幻影師アイゼンハイム」と共通する部分はあるが、プロット自体は本作の方が複雑で、内容もドロドロとしている。そして、たくさんの伏線が張り巡らされてある。その張り方も見事。

伏線を明かすとネタバレになってしまうので、キー・アイテムだけを列挙すると:日記、瞬間移動、鳥籠、替え玉、スパイ、水槽、猫、シルクハットなど。スパイ(スカーレット・ヨハンソン)については、どちらからどちらへのスパイなのか・・?誰が誰の替え玉なのか・・?ボーデンは自分の妻に対して、嘘をついているのかいないのか・・?日記はいつの時点のものか・・?ボーデンは、アンジャーの妻の死因となったロープの結び方を本当に覚えていないのか・・?といったところが、作品鑑賞後に話が弾むところだと思う。

キャストも豪華。主役の二人とスカーレット・ヨハンソンに加えて、マイケル・ケインも重要な役割を演じている。マイケル・ケインのセリフの一つ一つに注目しながら、細かいところを再度検証してみたいくらい。そして、本作にSFの要素を加えているテスラ博士役で、デヴィッド・ボウイが出てきたのにはビックリ!(しかも、フツーのおじさんって感じで役をこなしていました)

今月はノーラン監督強化月間ということで(彼の作品を観るたびに、毎度同じことを書くようで恐縮ですが)、またまたノーラン監督の世界に浸ってしまった。本作については、「SFの要素まで入れるなんて、そんなのあり?」「おおよそのオチの見当はついてしまう」「いろいろ伏線を張り過ぎていて、途中で眠たくなる」などのご意見もあるかと思うが、釈然としないというか謎だらけのこういった作風は、私は結構好きかも。★4.1
スポンサーサイト
- | 16:16 | - | - | - | - |
コメント
from: wv040262   2009/02/28 11:55 PM
TBありがとうございます!
キャストが豪華でしたね。
デヴィッド・ボウイは、普通な感じでちょっと残念でした。
from: あず沙   2009/03/01 12:17 AM
wv040262さん>いや〜、豪華なキャストでした☆ 内容も面白くて、自分としては結構満足度の高い作品です。
from: hal   2009/03/02 9:34 AM
TBありがとうございました。
マジックのおもしろさとサスペンスがいりまじったおもしろい作品でしたね。
マジックの黎明期は大変だったのだなあとつくづく思いました。
from: ヨヨ   2009/03/02 4:45 PM
こんにちは!

この作品役者陣は非常に豪華ですし大変魅力的だったんですが、
…ですが ><
あの魔法の機械の存在で 全てぶち壊しになっちゃったなあと非常に残念に思った作品でした
最初からそういうものだと思えばそうでもなかったのかもしれませんが、やはり、予告での「パフォーマーVSトリッカー」のだますかだまされるかな男2人のマジシャン対決ぽい演出で、完全にライバルのマジシャンふたりの愛憎対決の作品だと思い込まされちゃっていたんでしょうね;
from: あず沙   2009/03/02 8:51 PM
halさん、こんにちは。こちらこそ、コメントありがとうございます。ノーラン監督に見事に騙されちゃいました☆ マジックの内容も当時の時代背景を盛り込んでいて、よく練られているなぁ・・と思いました。
from: あず沙   2009/03/02 8:54 PM
ヨヨさん>あら〜そうでしたか。そういう評価の方も多いようです☆ あのマシンが、二人の対決にそぐわない・・ということですよね。確かに、テスラ博士と共にあのマシンが登場したときは、「あれ」という感じはしました。
from: chikat   2009/03/05 9:32 PM
こんばんは

アナログなネタでも驚かされました。
今では無理でしょうが、その頃はみんなだまされたんでしょうね。
そういう時代の流れを感じ取るのも楽しいのかも知れませんね。
from: hyoutan2005   2009/03/05 10:03 PM
こんばんは!
TBありがとうございました。
クリスチャンとヒューの出演作と言うこともプラスされて、私はかなり気に入っている作品です。
途中でトリックはわかってしまいましたが、楽しめました。
from: あず沙   2009/03/08 10:56 PM
chikatさん>一つ一つのネタもおもしろかったですね☆ 時代の雰囲気に合っていて、制作側の創意工夫が感じられるものばかりでした。
from: あず沙   2009/03/08 10:58 PM
hyoutan2005さん>バットマン対ウルヴァリンなんて言われてますよね☆ スカーレット・ヨハンソンも本作に花を添えています。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/127
 『運命さえトリック』  コチラの「プレステージ」は、6/9公開になったヒュー・ジャックマンとクリスチャン・ベイルがイリュージョン対決!そして、そこにスカーレット・ヨハンソンが華を沿える世紀のイリュージョン・エンターテインメントなのですが、早速観て来
☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/02/27 4:37 PM
派手さはなくても,先を読む興奮はぎっしり。
Akira's VOICE | 2009/02/27 4:40 PM
ストーリーはそこそこ面白いはずなのに映画としては・・・でした。どんなに凄いネタのマジックでも見せ方が下手であればつまらないものに見えてしまうように、この映画も見せ方がまずかったのが大きな要因だった気がします。 オープニングからいきなり『シックス・セ
めでぃあみっくす | 2009/02/27 5:30 PM
奇術師同士がその技を競い合うだけでなく、 ボーデンのせいでアンジャーの妻が死んでしまってから、 名誉と威厳だけでなく、生命をかけた激しいものとなっていく。 相手を出し抜こうと、人生の全てをかけて臨むマジックは、 体を傷つけることになっても、止まれな
*モナミ* SMAP・映画・本 | 2009/02/27 5:31 PM
天才vs奇才 世紀のイリュージョンバトル!! 130分すべてを疑え!二人のマジシャンが命を懸けたトリックバトル!! 「メメント」のC・ノーラン監督による奇想天外なミステリー。ヒュー・ジャックマンとクリスチャン・ベールが演じる2人の人気マジシャンが、難解
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2009/02/27 5:53 PM
一流のマジックは、3つのパートから成る1. プレッジ(確認)   2. ターン(展開)   3. プレステージ(偉業)本当のプレステージとは 犠牲の上に成り立つものなのかふむふむ....。゚+..。゚+.  .。゚+..。゚+『プレステージ』2006年アメリカ作品 監督:
ANNE'SHOUSE-since1990- | 2009/02/27 6:58 PM
 30日、内幸町のイイノホールにて「プレステージ」の試写会に参加した。 今回の主権は東京ニュース通信社とタカラトミーで、上映前に大抽選会が実施された。司会はフリーアナウンサーの黒宮千香子さん。抽選で10名にタカラトミーからマジックセットや人生ゲームが
masalaの辛口映画館 | 2009/02/27 7:15 PM
えっこれは…。ラストで思いっきりひいてしまった…。 華麗で煌びやかなパフォーマンサーVS地味だけど上手いトリッカーという華やかな愛憎劇を想像としていたので、だいぶ印象が違いました。概略の「イリュージョン」といわれるほどのパフォーマンスでもなかったで
いやいやえん | 2009/02/27 7:34 PM
☆☆☆−− (5段階評価で 3) 6月9日(土) 109シネマズHAT神戸シアター5にて 13:20の回を鑑賞。{%thunder_a%} 午前中大雨だったんですけど、昼から晴れてよかったぁ(^^)
みはいる・BのB | 2009/02/27 9:45 PM
あらすじロバート(ヒュー・ジャックマン)とアルフレッド(クリスチャン・ベイル)は、マジシャン(マイケル・ケイン)の助手をしていた。ある晩、舞台の事故でロバートの妻が亡くなったことが原因で二人は敵対するようになる・・・。感想アカデミー賞2部門(撮影賞、
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2009/02/27 10:43 PM
監督・脚本:クリストファー・ノーラン脚本:ジョナサン・ノーラン出演:ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、    スカーレット・ヨハンソン、パイパー・ペラーボ公式サイトはこちら。<Story>19世紀末のロンドン。若き奇術師アン
NiceOne!! | 2009/02/27 11:39 PM
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2006年アメリカ=イギリス映画 監督クリストファー・ノーラン 重要なネタバレ多し、未見の方はご注意あれ。
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] | 2009/02/28 12:10 AM
2009年の1本目{%流れ星webry%} 華やかな雰囲気でよいかと思ってチョイス。
白ブタさん | 2009/02/28 12:23 AM
『プレステージ』を観ました世界幻想文学大賞を受賞を受賞したクリストファー・プリーストの傑作『奇術師』を、「メメント」「バットマンビギンズ」のクリストファー・ノーラン監督が映画化したミステリアス・ファンタジー・サスペンスです>>『プレステージ』関連原題:
おきらく楽天 映画生活 | 2009/02/28 12:56 AM
6月24日(日) 16:20〜 日比谷スカラ座 料金:1250円(有楽町の金券屋で前売りを購入) パンフ:600円 『プレステージ』公式サイト 「シックスセンス」以来の、「映画の結末は、誰にも話すな。」という忠告が出た。 それほど、驚いたかというと、「おー、そう
ダイターンクラッシュ!! | 2009/02/28 2:58 AM
【THE PRESTIGE】2006年/ギャガ・コミュニケーションズ/130分 【オフィシャルサイト】 監督:クリストファー・ノーラン 出演:ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベイル、スカーレット・ヨハンソン、マイケル・ケイン、デヴィッド・ボウイ、パイパー・ペラー
kuemama。の<ウェブリブログのへや> | 2009/02/28 10:02 AM
***STORY***             2006年  アメリカ 19世紀末のロンドン。若き奇術師アンジャーとボーデンは、中堅どころの奇術師ミルトンの元で修行をしていた。しかしある日、アンジャーの妻で助手のジュリアが水中脱出に失敗し死亡。事故の原因は
Cartouche | 2009/02/28 10:06 AM
クリスチャン・ベール VS ヒュー・ジャックマン 素晴らしい俳優対決に満足の一本でした。 宣伝等で煽っているストーリーそのもののトリックは、 正直言って「?」です。 むしろマジックに情熱を燃やす二人の天才マジシャンの人間ドラマこそが、この作品の
ハピネス道 | 2009/02/28 10:12 AM
アブラカタブラ
悠雅的生活 | 2009/02/28 3:53 PM
=== この映画の結末は決して誰にも言わないでください === という、キャッチに惹かれたわけではなかったのですけどね。 世紀のイリュージョン対決ときたものだから、 これは私たちの今月の鑑賞会の映画にぴったり〜〜だわ。 このイージーさが、不幸を招いたんで
に げ ら の お 庭 | 2009/02/28 7:02 PM
子供の頃、マジックと言えばこの人でした! ゼンジー北京さ〜ん♪ 「はい、ちょとゴソゴソするあるよ。」不自然なカタコトが師匠の芸風でもありましたねぇ。 本編で金魚鉢出してたのゼンジー北京さんじゃなかったですか(笑) 予告を観て興味津々で鑑賞に行っ
UkiUkiれいんぼーデイ | 2009/03/01 3:16 PM
THEPRESTIGE運命さえトリック上映時間130分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ)初公開年月2007/06/09ジャンルミステリー/ファンタジー/サスペンス【解説】世界幻想文学大賞を受賞を受賞したクリストファー・プリーストの傑作『奇術師』を、
CinemaCollection | 2009/03/01 5:07 PM
どちらが勝つのか最後まで分からない。でもどちらが勝っても納得いかない。舞台は19世紀末。マジック業界を取り巻く状況が本当にこんなだったのかはよく分かりませんが、非常に趣きのある設定。若く才能ある2人の奇術師、アンジャーとボーデン。常にあまり前情報を持た
☆ EL JARDIN SECRETO ☆ | 2009/03/01 8:39 PM
【THEPRESTIGE:2007/06/09】06/09鑑賞製作国:アメリカ監督:クリストファー・ノーラン原作:クリストファー・プリースト『奇術師』(早川書房刊)出演:ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベイル、スカーレット・ヨハンソン、マイケル・ケイン、デヴィッド・ボウイ
映画鑑賞★日記・・・ | 2009/03/01 10:37 PM
現実は想像を超える  19世紀のロンドン。?グレート・ダントン?と呼ばれるマジシャン、ロバート・アンジャーがマジックの最中溺死する。名声を賭け張り合っていたライバル?プロフェッサー?ことアルフレッド・ボーデンの目の前で。ボーデンは殺人の罪で逮捕され、冤罪
CINECHANの映画感想 | 2009/03/02 12:50 AM
映画「プレステージ」の感想です
ジャスの部屋 -映画とゲーム- | 2009/03/02 1:14 PM
マイナスオーラ全開な奇術師たちなので、見ていて気持ちのいい物語ではなかった。トリックは面白いが、人間の描き方が浅い感じ。なぜ、あそこまでライバル意識があるのか、確執の理由も分からず、子供のケンカみたい。スカーレット・ヨハンソンの役どころも微妙。たくさ
こぶたのベイブウ映画日記 | 2009/03/03 12:56 PM
7月4日は「梨の日」。
毎日が映画記念日 | 2009/03/05 8:46 PM
【鑑賞】新宿バルト9 【日本公開日】2007年6月9日 【製作年/製作国】2006/アメリカ 【監督】クリストファー・ノーラン 【出演】クリスチャン・ベール/ヒュー・ジャックマン/スカーレット・ヨハンソン/マイケル・ケイン/デヴィッド・ボウイ 19世紀末のロン
映画とキャラメル* | 2009/03/06 10:09 PM
DEPOTのおすすめ度:★★★☆☆ 公開日:2007年6月9日 配給:ギャガ・コミュニケーションズ 監督:クリストファー・ノーラン 出演:ヒュー・ジャックマン,クリスチャン・ベール,マイケル・ケイン 鑑賞日:2007年6月9日 MOVIX三郷 シアター7(座席数130)
CINEMA DEPOT's BLOG | 2009/03/15 4:14 PM
冒頭で”この映画の結末は決して誰にも言わないでください”と 監督からのメッセージが表示される映画って久しぶりかも。 それが、あの「メメント」の監督、クリストファー・ノーランとあっては 期待が膨らむというものです。 と言うことで、ヒュー・ジャックマ
ほぼ映画感想、ときどき舞台レビュー | 2009/03/28 10:53 PM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.