あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
NEW ENTRIES
ブックマーク
あし@
おきてがみ
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
シッコ
2007 アメリカ 洋画 その他
作品のイメージ:ためになる
出演:マイケル・ムーア

マイケル・ムーア監督がアメリカの医療制度の問題をWEBサイトで取り上げ、実際に寄せられた話をもとに制作したドキュメンタリー。先進国で唯一「国民皆保険制度」が導入されていない国、アメリカ。その実情に迫りながら、観客に問題提起するといった、まさにムーア監督的な作品。保険の加入を拒否される人、医療費が高すぎて払えなくなる人、治療が必要なのにもかかわらず加療してもらえない人の悲惨な状態が撮られている。医療費節約のために怪我をした膝の傷口を自分で縫う人が冒頭に出てくるのだが、これはあまりにもグロすぎて正視に堪えなかった。隣国であるカナダ、キューバやヨーロッパ諸国の恵まれた医療制度との比較もされていて、アメリカの医療制度が国民にとっていかに冷酷なものかがわかる。

しかし、内容自体はそれほど斬新なものではない。既にヒラリー・クリントンが問題視しているものなので、ごもっともなメッセージでしかない。驚愕の事実を鋭く抉ったドキュメンタリーとは言い難い。それに、9.11のボランティアの人たちの治療費免除認定の問題にまで話を膨らませているのだが、本作では純粋に医療制度の問題に焦点を絞った方がピントがぼやけなかったのではないか。あと、アメリカ人の平均寿命が他国に比べて短いのは、医療制度のせいだけではないと思う。「ファーストフード・ネイション」「スーパーサイズ・ミー」にもあるように、食の問題が大きく影響しているのでは。興味深かったのは、医療費個人負担をゼロにするために、隣国まで行きカナダ人と結婚を考える人が出てきたりするところ。そして「カナダ人を釣ろうぜ」というWEBサイトのURLをエンドロールで紹介している辺りは、ムーア監督のシニシズムなのだろう。

日本の医療制度は、今のところアメリカの医療制度に比べたらまだマシなのかもしれない。でも、将来こんな風になっていくのかと悲観してしまった。高齢化する社会、総合病院の医師数の減少、医療費個人負担の増加、国民健康保険の財政難、保険会社の保険不払い問題などなど・・どう考えても明るい要素はない。将来病気になり働けなくなって切り捨てられかもしれない・・そんな危機感を改めて覚えさせられた(この作品を観て、再認識させられたという感じです)。では、どうすればそんな危機から逃れられるのか?医療という分野に利益至上主義を持ち込むから、こんなことになってしまうのか。

ブッシュ政権批判でよく知られるムーア監督。オバマ大統領を支持することを表明した今後、どんな映画を制作していくのだろう。新作の”Slacker Uprising”(怠け者の反乱)は、2004年の大統領選中にどちらの候補を支持するかで揺れる62都市を回り、人々の反応や声などを集めて記録したものらしい(北米在住者ではないので、ダウンロードして観れないのが悔しいです)。その後は、彼の公式HP (http://www.michaelmoore.com/)でも触れられているように、ウォール街に端を発した金融崩壊の全容でも撮る気なのだろうか。いずれにしろ、社会派ジャーナリストとしても映画監督としても、目が離せない人物である。★3.2
スポンサーサイト
- | 19:00 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/125
 『ムーア先生、急患です。』  コチラの「シッコ」は、「ボウリング・フォー・コロンバイン」や「華氏911」のマイケル・ムーア監督が『テロより怖い、医療問題。』に斬り込んだ8/25公開の社会派ドキュメンタリーなのですが、劇場鑑賞券が当たったので、観て来ちゃ
☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/02/25 7:59 PM
監督 マイケル・ムーア アメリカで一番正義感が強くておもろいおっさんマイケル・ムーアのドキュメンタリー。内容 先進国中、唯一公的な医療保険が存在しない国アメリカ。4700万人が無保険者だが、民間保険に入っているからといって安心はできない。保険会社が認めな
ももたろうサブライ | 2009/02/25 8:33 PM
「ボーリング・フォー・コロンバイン」では銃社会。 「華氏911」では石油業界との癒着。 これまでアメリカの病巣を“アポなし突撃”スタイルで描いてきたマイケル・ムーアの新作「シッコ(Sicko)」は、これまでの中でも一番深刻な病が映し出されていました。 こ
ハピネス道 | 2009/02/25 9:19 PM
映画 続いちゃってスミマセン・・更新 すっかり遅れてマス。8/23 試写会で 観てきました。「シッコ」公式サイトマイケル・ムーア 最新作。「米国の医療制度は ビョーキ(Sicko)だ!!」 とユーモアたっぷりに描いてます。アメリカでは医療保険が民営化されて
かいコ。の気ままに生活 | 2009/02/25 10:36 PM
監督、主演、編集 マイケル・ムーアなんともうまい編集である。インタビューで相手がさりげなく「そういえば、医療費だけじゃなく(フランスでは)妊娠中の子守も保障されているわ」といえば、その直後にはその取材場面に切り替わる。そうやって次々と皆保険のない米国
再出発日記 | 2009/02/25 10:48 PM
『シッコ』を観ました『ボウリング・フォー・コロンバイン』『華氏911』のマイケル・ムーア監督が、今度はアメリカの医療保険問題に鋭いメスを入れる社会派ドキュメンタリーです>>『シッコ』関連原題: SICKOジャンル: ドキュメンタリー上映時間:123分製作国: 
おきらく楽天 映画生活 | 2009/02/25 10:52 PM
インディーズなイメージだったのに今じゃすっかりドキュメンタリー映画の巨匠のような存在になってるマイケル・ムーア監督。今回、彼が鋭くメスを斬り込んだのはアメリカの医療システム。これまでのアメリカの銃社会や政治をテーマにした作品は、興味は持てても実感しに
カノンな日々 | 2009/02/25 11:08 PM
Sickから派生したSickoというスラングって、ちょうど漢字の「病気」と片仮名の「ビョーキ」の関係に近いニュアンスがあるらしい。そして、また日本人的には、オシッコを出す時の精神分析学的爽快さ、カタルシスにも通じるようであって、なかなか微妙なタイトルではある
佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン | 2009/02/25 11:16 PM
シッコ [DVD]◆プチレビュー◆大企業の悪と政治の罪をあぶりだすムーア得意の戦法だが、かつての毒気は薄め。口に出して言いたくない邦題に苦笑する。【75点】 あまりにも国民に背を向けたアメリカの医療制度の実態を、インタビューや体験談、さらに英・仏・加の制度
映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 | 2009/02/26 12:02 AM
JUGEMテーマ:映画 2007年8月25日 公開作品 2008年4月4日 DVDリリース ★★★★☆ 星4っつです! アメリカ合衆国では虫歯にもなれません。 人間って絶対に老いていきます。 誰しも病気になる可能性はある。 いや、病気は気をつ
UkiUkiれいんぼーデイ | 2009/02/26 8:37 AM
【SiCKO】2007年/ギャガ・コミュニケーションズ、博報堂DYメディアパートナーズ/123分 【オフィシャルサイト】 監督・出演:マイケル・ムーア
kuemama。の<ウェブリブログのへや> | 2009/02/26 9:25 AM
【SICKO】2007/08/25公開(09/01鑑賞)製作国:アメリカ監督・製作・脚本:マイケル・ムーア出演:マイケル・ムーア医療保障の破滅によって崩壊し、粉々にされ、場合によっては絶たれてしまったごく普通のアメリカ人数名のプロファイルで幕をあける本作は、その危機的状
映画鑑賞★日記・・・ | 2009/02/26 9:51 AM
また肉離れ 公式サイト 『華氏911』など、アメリカの政治、体制批判のためのプロパガンダ映画を作り続ける活動家、マイケル・ムーアによる最新作。今回はアメリカの医療保険制度が題材となっており、タイトルの"sicko"とは病人を表す俗称。 ムーアの作品は、その
(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) | 2009/02/26 3:00 PM
アメリカ合衆国の医療制度は日本のような国民全員が加入する皆保険制度ではない。国民一人一人が自分にあった保険会社に加入する仕組みになっている。一見自由に見えるこのシステム。しかし実は、アメリカの医療システムは根底から崩壊していたのだ!アメリカ医療の
5125年映画の旅 | 2009/02/26 5:32 PM
病的なアメリカ。マイケル・ムーア監督の最新作がアメリカの医療保険のおかしさに迫る。マイケル・ムーア監督は、社会主義的な国民皆保険制度が信じられない、と各国を取材する。カナダ、イギリス、フランス、キューバ。キューバ以外は普通の民主主義国で市場経済の国だ
まてぃの徒然映画+雑記 | 2009/02/26 9:03 PM
各国の医療事情が分かって興味深い。マイケル・ムーアの突撃精神も面白かった。カナダ、イギリス、フランス、キューバは国民全員が医療費無料だなんてうらやましいな。私の○○は、毎月100万円ぐらいかかってるし、医療費の負担が大きくて治療を控えている友人もいるん
こぶたのベイブウ映画日記 | 2009/03/03 1:01 PM
マイケル・ムーア独自のドキュメンタリータッチで、 分かりやすくユーモアたっぷりの作風。 アメリカの医療費はバカ高い〜〜ということは知っていたが、 正直ここまで酷い現状には驚き。。。 「国民皆保険」は公的制度として一部負担はあるものの、日本ではほぼ
future world | 2009/03/11 11:29 PM
★監督:マイケル・ムーア(2007年 アメリカ作品) 京都シネマにて。 ★あらすじ(Yahoo!ムー...
犬儒学派的牧歌 | 2009/03/22 9:18 PM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.