あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
インソムニア
2002 アメリカ 洋画 ミステリー・サスペンス ドラマ
作品のイメージ:ドキドキ・ハラハラ、怖い
出演:アル・パチーノ、ロビン・ウィリアムズ、ヒラリー・スワンク、モーラ・ティアニー

ノルウェーのオリジナル版「不眠症」を、クリストファー・ノーラン監督がリメイクした作品。アラスカの町ナイトミュートで殺人事件が起き、ロス市警から辣腕刑事のド―マー(アル・パチーノ)と同僚のハップが派遣される。犯人を追い詰めることに成功した二人だが、深い霧の中でドーマーが撃った弾がハップに当たり、ハップは死亡してしまう。ドーマーは、自責の念と白夜の明るさから不眠症に悩まされ、眠れない日が続く。そんなところへ、誤射事件を目撃したという謎の男(ロビン・ウィリアムズ)から電話が・・。

寝不足でだんだん神経が参っていく様子が、アル・パチーノの演技からよく見てとれる。一瞬夢の世界に行ってしまうような幻覚のカットインや光の眩しさの巧みな視覚効果により、観客は自分が寝不足になったような感覚に陥ってしまう。「メメント」では10分おきに遡っていくというストーリー展開で観客が前向性健忘症になったかのように錯覚してしまうのに対し、本作では観客自ら不眠症を体験しているかのように感じる。

本作を観て、「未必の故意」という言葉が頭に浮かんだ。ドーマーに、殺意は本当になかったのか・・?ハップを撃ったのは、本当に誤射だったのだろうか・・?ということを考えると、ゾッとしてしまった。そもそも、ドーマーの不眠症はいつから始まっていたのか・・?ハップの死亡事故からなのか、あるいはナイトミュートに到着した時点からなのか・・それとも・・?「良い警官は謎を解くときに眠れないが、悪い警官は良心から眠れなくなる」、「目的は手段を正当化する」や「人は正しいと思ったことを受け入れるべき」などのセリフが、それらの疑問を解くカギとなっているような気がする。

突き詰めていくと、「正義と悪」「故意と過失」について、深く考えさせられる。犯罪という結果を積極的に希望するものではないが、自分の行為により結果として生じてもかまわないと思った場合は「未必の故意」に相当。一方で、結果発生の可能性を予測しているが、その結果が発生しないであろうと軽信した場合は「認識ある過失」に相当する。ドーマーの潜在意識の中に、過去の「ある汚点」とハップがそのことを知っていた事実が刻まれていたと考えると・・?

本作は、ミステリーではないことは確か。人間の奥深い心理を鋭く描いたドラマである。判断力を失ったグレー・ゾーンにある心理状態が、ドーマーを通じて一人称視点で描かれている。使命感に燃える若い女性刑事(ヒラリー・スワンク)の存在は人間の正義感を意味すると考えると、ロビン・ウィリアムズ演ずる謎の男の存在が象徴するものとは・・?白夜の白い光が人間の潔癖感を表すとすれば、不眠症に陥ったドーマーが光の眩しさで安眠できないということも納得できる。

という訳で、本作でもノーラン監督の世界に酔いしれてしまった。人間の心の深みを探るようなドラマの制作おいては、彼の右に出るものはいないのではないかと思う。強いて難点を挙げるとすれば、ロビン・ウィリアムズのイメージが役柄にしっくりきていないこと(演技は文句なしなんですけどね)と、今回ノーラン監督自ら脚本を手掛けたわけではないことくらい。★4.3
スポンサーサイト
- | 13:20 | - | - | - | - |
コメント
from: 南国育ち   2009/02/24 6:09 PM
私の好きな感じの映画です。
アル・パチーノも好きだし、今度ツタヤに行くときは探してみよう♪
そういえばダークナイトのヒース・レジャーがオスカー獲りましたね。
あず沙さんが絶賛されてたので、やっぱりと思いました。
from: あず沙   2009/02/24 7:38 PM
南国育ちさん>ぜひぜひ、お時間のあるときに鑑賞してみてください☆ ノーラン監督らしい奥深さが感じられる作品です。いや〜、見事に受賞しましたね、ヒース・レジャー。天国でオスカー像を掲げている姿を思い浮かべ、また涙が出てしまいました。
from: ☆るどるふ☆   2009/02/24 8:25 PM
あず沙さま>Trackbackありがとうございました。私のチャラっとした感想しか書いていない映画ブログにお立ち寄りいただき、恐縮でございます。
一連のシリーズを観ていないので二の足を踏んでいた「ダークナイト」ですが、思い切って観ることにしました。観想をアップするのは随分先になると思いますが、またお立ち寄りください。
from: あず沙   2009/02/24 10:08 PM
☆るどるふ☆さん>こちらこそ、コメントありがとうございます☆ 「ダークナイト」は、ヒース・レジャーの怪演が活きたノーラン監督の渾身の作だと思います。おススメします。またご訪問させてください。☆るどるふ☆さんの「ダークナイト」のレビュー、楽しみにしています。
from: Youth-K   2009/03/02 12:53 AM
はじめまして。Youth-Kと申します。
せっかくTBを頂戴したのですが、こちらからお返しを試みても空振りで終わってしまいました。タイムラグがあって、重複リクエストがありましたら申し訳ございません…。
鋭いご考察…。この作品は漫然と観てしまったために、ノーランらしさに浸ることすら忘れてしまいました。感化されました。再観賞します:-)
from: あず沙   2009/03/02 1:42 AM
Youth-Kさん、こんにちは。こちらこそ、コメントありがとうございます。そう言っていただいて、とても嬉しいです☆ 最近、ノーラン監督の作品を立て続けに観ています。どの作品も、ノーラン監督らしい独特の世界が繰り広げられています。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/124
罪を犯し、嘘を重ね、良心の呵責に耐える刑事アル・パチーノの表情は、始終とても厳しい。その葛藤ゆえ不眠症になり、彼が生きている間、いつも苦しそうな、ひどく疲れた表情をしている。そんな彼が、自らの罪を認め、死にゆく時、初めて安らかな安堵感あふれる表情にな
こぶたのベイブウ映画日記 | 2009/02/24 2:22 PM
あらすじアラスカに、少女の殺人事件の捜査に来たLAの刑事、ドーマーとハップだが捜査の途中にドーマーは誤って、相棒のハップを射殺してしまう。誰にも見られていないので、咄嗟に犯人の仕業にするドーマー。しかし、彼は白夜と罪の意識から、不眠症に悩まされる・・・
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2009/02/24 8:02 PM
《ストーリー》アラスカ・ナイトミュート。白夜の晩に女子高生が殺害された。猟奇殺人事件を得意にするロス警察のウィルと相棒のハップが助っ人としてアラスカへ。白夜のせいで眠れないまま捜査により犯人を追い詰めるウィルだが、犯人と思い銃の引き金をひいた相手は
☆るどるふ☆のかたよった映画生活 | 2009/02/24 8:19 PM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.