あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
あの日の指輪を待つきみへ
2007 イギリス, カナダ, アメリカ 洋画 ラブロマンス ドラマ
作品のイメージ:切ない
出演:シャーリー・マクレーン、クリストファー・プラマー、ミーシャ・バートン、スティーヴン・アメル

実話からヒントを得て制作されたドラマ。夫を亡くしたばかりのエセル(シャーリー・マクレーン/回想シーンはミーシャ・バートン)は、突然アイルランドの青年から電話を受ける。青年は、ベルファストの丘で、エセルとテディ(エセルの昔の恋人)の名前が刻まれた指輪を見つけたというのだ。そして、そのエセルの指輪の思い出が、50年前の過去と現在が交錯する感じで展開される。その展開のしかたは、「いつか眠りにつく前に」に類似。第二次世界大戦や北アイルランド紛争などを舞台背景にしている点や、アメリカとアイルランドという二つの国を跨いでの大がかりな設定が、本作に広がりを持たせている。と同時に、少し浮いた感じもする。もう少し、戦争・紛争とドラマの内容をリンクさせる要素が欲しいところ。

ストーリーは「哀しくも美しい愛の物語」という表現が似合うのかもしれないが、ヒロインであるエセルへの感情移入が難しい作品であった。まず、「私の人生は21歳のときに終わった」というエセルの言葉に、あまり共感できない。若い頃愛する人が亡くなって、ずっとその人への想いに囚われ続けているというのはわかる。が、その後再婚もして子供もいるわけだから、そんな自暴自棄なことを堂々と口にするのは家族に対して失礼なのでは・・。心の奥底に自分の想いとしてそっとしまっておく、というのであれば理解できるが。それに、夫のお葬式だというのに、夫の死を悼むのでもなく過去の思い出にずっと浸っているなんて、独り善がりのように感じられた。

本来こういったドラマでヒロインに感情移入できないと、ちょっとキツイ。しかし、本作では、脇の男性陣であるジャック(クリストファー・プラマー)とクィンラン(ピート・ポスルスウェイト)の気持ちが痛いほど伝わってきた。友人としてエセルを長年見守り続けたジャックは、どんな思いで50年間を過ごしてきたのか。そして、ベルファストの丘でかつて墜落した飛行機の残骸を掘り続けているクィンランと指輪とのかかわり合いは・・。二人の男性の悔恨と自責の念に、胸が締め付けられるような切なさを感じた。アッテンボロー監督の豊かな心情描写には脱帽。

ともかく、長い邦題。原題は、“Closing the Ring”で、”Ring”は指輪と年輪という意味を掛けているように思う。つまり、「指輪の思い出をふっ切る」ということと「50年という年輪にピリオドを打つ」ということを指しているのか。いずれにせよ、「囚われた想いや約束からの解放」という意味に解釈。キャスティングについては、三人の名優がドラマに渋い香りを加えているような感じ(また、アイルランドの青年の祖母役であるブレンダ・フリッカーも見たことがある女優さんだなと思ったら、「ホーム・アローン2」、「評決のとき」や「ヴェロニカ・ゲリン」などに出演していたんですね)。それぞれベテランの風格が滲み出ているような演技が、味わい深い。上述のように、ヒロインのキャラクターが気になるところではあるが、もう少し年を重ねてから再見してみたいような感じの作品である。それにしても、指輪の持ち主を必死で探し続けたアイルランドの青年の律義さには感服。★3.1
スポンサーサイト
- | 18:14 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/121
ミーシャ・バートンきれいでした{%キラキラwebry%}
白ブタさん | 2009/02/17 8:27 PM
第二次世界大戦で恋人を失った女性と、彼女を取り巻く男友達の物語。 夫チャックが病死しても悲しみを見せないエセル・アン(シャーリー・マクレーン)。実は彼女にはかつて永遠の愛を誓った恋人テディがいて、テディは自分が万一の時に彼女を支えるよう親友チャック
シネマ大好き | 2009/02/17 9:37 PM
どの登場人物の気持ちもスッと伝わってきて、少女マンガのような物語にどっぷりハマった。夫が死んでも泣けない妻っていっぱいいるけど、エセルのように3人の男から愛された女って?なかなかいないと思いますよ。その人だけを、永遠に愛し続けるという約束を守れる女も
こぶたのベイブウ映画日記 | 2009/02/17 11:36 PM
7月21日(月) 13:20〜 テアトルタイムズスクエア 料金:1000円(Club-Cテアトル会員料金) パンフレット:700円 『あの日の指輪を待つきみへ』公式サイト 相当の御大リチャード・アッテンボローの新作。 第二次大戦から1991年までを繋ぐラブ・ストーリーだ。 何
ダイターンクラッシュ!! | 2009/02/18 12:01 AM
CLOSINGTHERING運命の愛は、一度きりじゃない。上映時間118分製作国イギリス/カナダ/アメリカ公開情報劇場公開(松竹)初公開年月2008/07/19ジャンルドラマ/ロマンス【解説】第二次世界大戦前夜の1941年と50年後の1991年を舞台に、一つの指輪に秘められた男女の切ない
CinemaCollection | 2009/02/18 3:36 PM
原題:CLOSINGTHERING監督:リチャード・アッテンボロー出演:シャーリー・マクレーン、クリストファ・プラマー、ミーシャ・バートン、ピート・ポスルスウェイト、ブレンダ・フリッカー、ネーヴ・キャンベル、グレゴリー・スミス公式サイトはこちら。<Story>1991
NiceOne!! | 2009/02/18 9:13 PM
50年の約束  1991年、アメリカ・ミシガン州ブラナガン。長年連れ添った夫・チャックを亡くしたばかりのエセル・アンの下に、アイルランド・ベルファストのジミーという青年から連絡が入る。ベルファストの丘で彼女の名が刻まれた指輪が発見されたという。  1
CINECHANの映画感想 | 2009/02/19 1:04 AM
JUGEMテーマ:映画 戦死した恋人が残した指輪をめぐるロマンティックな物語。 予告編を観て、そのような印象を持ち鑑賞しましたが予想外にスケールが大きく、意外なストーリー展開に引き込まれてしまいました。 この作品のテーマは「約束」です。 人と人と
ハピネス道 | 2009/02/19 9:53 AM
運命の愛は、一度きりじゃない。アイルランドの丘で発見された指輪。  50年間眠り続けた愛の秘密が今、目覚める・・・・・あの日の指輪を待つきみへHP実話から生まれた感動のラブストーリーあの日の指輪を待つきみへ-goo映画監督リチャード・アッテンボロー出演シ
猫とHidamariで | 2009/02/20 12:36 AM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.