あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
13デイズ
2000 アメリカ 洋画 ミステリー・サスペンス ドラマ
作品のイメージ:ドキドキ・ハラハラ、スゴイ、ためになる
出演:ケビン・コスナー、ブルース・グリーンウッド、スティーヴン・カルプ、ディラン・ベイカー、ルシンダ・ジェニー

1962 年のキューバ危機をアメリカ・サイドから描いた、かなり興味深い政治ドラマ。一歩間違えば第三次世界大戦に発展しかねなかった米ソ間の国際緊張の13日間が、ドキュメンタリー形式ではなくドラマ形式で綴られている。ケヴィン・コスナー主演で同じドラマ形式の「JFK」では途中で寝てしまったものの、本作は緊迫感に満ちていて途中飽きることは全然なかった(145分とちょっと長めの作品ですが)。「キューバへの空爆→第三次世界大戦→核の使用→人類滅亡」という最悪のシナリオを念頭に置きながらそれを避けるために奮闘した人たちのギリギリの攻防が、見事に描かれている。もしあの時第三次世界大戦に発展していれば、自分自身はこの世に存在していなかったのだと思うと、なんだか他人事とは思えない。

しかし、あくまでもアメリカ映画なので、キューバやソ連側の言い分もあるだろうとは思う。当時、ソ連と黒海を隔てて向き合うトルコには、NATO軍の核ミサイルが配備されていた。ところが、ソ連には直接アメリカ本国を標的とするミサイルはなかった。フルシチョフは、キューバ革命の知らせを聞いて、キューバを社会主義化して衛星国の一つにすることを考えたのだろう。そうすれば、アメリカに脅威を与えることができる。ソ連は、キューバに対し通商協定の締結を持ちかけ、カストロはそれを受け入れる。アメリカは、そんなキューバに対して国交断絶という手段で対抗しようとし、反革命軍を支援してキューバ上陸作戦を敢行する(ピッグス湾事件:しかし、これは失敗に終わる)。カストロはこの事件を機に、社会主義革命宣言を行う。ということは、ピッグス湾での失敗が尾を引いて、キューバ危機という緊急事態に陥ってしまったわけで、アメリカが蒔いた種が勃発したという見方もできる。

好戦的で暴走する軍部に押されぎみの国家安全保障会議執行委員会(エクスコム)のメンバーたち。大統領特別補佐官(ケヴィン・コスナー)をヒロイックに描き過ぎているところが若干気にはなるものの、ケヴィン・コスナーが主役を張っているということで、その辺はいたしかたないのかもしれない。会議で将軍たちとケネディ兄弟、あるいは大統領特別補佐官とのやりとりが白熱するところも見どころではあるが、いちばん観ていてスカッとしたのは、国連会議でアメリカの国連大使がソ連の代表をやり込めるシーン。ここが、一番の盛り上がりではないだろうか。また、ラストには「人類の平和を願う」的な陳腐なメッセージが織り込まれているのだが、その陳腐さを感じさせないのは、そのために奮励努力した人たちの姿があってのことだろう。

キャスティングについては、ケヴィン・コスナーも適役だが、ジョン・F・ケネディをうまい具合に演じたブルース・グリーンウッドも光っている。見た感じも、そっくり。気になった点は、当時の実録でもないのに途中映像がモノクロになったり、またカラーに戻ったりすること。DVDプレーヤーの故障か?・・と思ったが、同じような感想を書いている人がいたので安心。それにしても、一部だけモノクロにしたのは何の意味があるのかしら。★3.8
スポンサーサイト
- | 16:16 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/120
 コチラの「13デイズ」は、米ソ冷戦時代における最大級の軍事的緊張の高まりを見せた”キューバ危機”の13日間を、「ゲッタウェイ」のロジャー・ドナルドソン監督が、描いた社会派サスペンスです。  主演は、ケヴィン・コスナー。大統領特別補佐官ケニー・オドネル
☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/02/16 4:43 PM
 制作年:2000年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:145分  原題:THIRTEEN DAYS  配給:ポニーキャニオン  監督:ロジャー・ドナルドソン  主演:ケビン・コスナー      ブルース・グリーンウッド      ディラン・ベイ
La.La.La | 2009/02/16 7:38 PM
1962年10月16日、今から43年前、米ソ両国のみならず、世界を第3次世界大戦の瀬戸際まで追い詰めた、いわゆる{{{ "キューバ危機 "}}} の真相に迫ったポリティカル・サスペンス映画。 監督は'''ロジャー・ドナルドソン''
Kaz.Log ☞ Loft Cinema | 2009/02/16 8:36 PM
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(36) 13デイズ 時々無性に観たくなる映画がある。 13デイズ! ケネディ大統領がキューバ危機の時に核戦争を回避したという話を映画にしたもの。 この映画のどんな点がそんなにj
ヒューマン=ブラック・ボックス | 2009/02/17 4:33 PM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.