あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
NEW ENTRIES
ブックマーク
あし@
おきてがみ
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
チャーリーとチョコレート工場

2005 アメリカ 洋画 ファンタジー アドベンチャー
作品のイメージ:癒される、かわいい
出演:ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、デヴィッド・ケリー、ヘレナ・ボナム=カーター

童話を絵本にしたような作品。寒い夜にシチューを食べながら、子供と一緒に安心して家族みんなで楽しめそうな。ジョニー・デップのチャーリー役も、まるでティム・バートンの世界の案内役のピエロを見ているみたい。

観ていて確かに癒される。でもそれ以上の期待をして観ない方がよいかも。
スポンサーサイト
- | 22:46 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/12
見所はとにかくウンパ・ルンパですね♪ 幼稚園のときにこの作品(原作)を読み、それから友人から本をもらうまでずーっと探していたんですが、まさかこれが映像化されるなんてねえ…。グロテスクでシュールな世界観は、とても現代では映像にできないんじゃないかな〜
いやいやえん | 2009/02/14 7:07 PM
あらすじ 町外れの貧しい家で両親とそれぞれの祖父母と暮らすチャーリー(フレディ・ハイモア)。彼が住む町には、15年前から人の出入りがまったく見られなくなったのに 出荷だけは続いている謎の巨大チョコレート工場があった。 ある日、そのチョコレートの会社
filmをめぐって | 2009/03/04 3:06 AM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.