あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
NEW ENTRIES
ブックマーク
あし@
おきてがみ
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
グーグーだって猫である
2008 日本 邦画 ドラマ
作品のイメージ:ほのぼの、癒される、かわいい、切ない
出演:小泉今日子、上野樹里、加瀬亮、大島美幸

漫画家の大島弓子が愛猫との日々を綴った自伝を映画化した作品。ちょっぴり切なく、心が温まるエッセイ風。猫露出は最初と最後に集中していて、タイトルとジャケットからイメージするほどは多くない。それに、グーグー(猫)が主体となっているというより、ヒロインである小島麻子(小泉今日子)とサバ(麻子がグーグーの前に飼っていた猫)の関係に焦点が当てられている。

猫(というか動物)を飼うことについて、いろいろ考えさせられた。あと、自分がよく行く吉祥寺が舞台になっているということ、麻子が自分に似た境遇であるということで、親近感を感じた・・などなど、個人的には収穫の多い作品だった。いや、親近感を感じたというより、もう後半は感情移入しすぎて、切なくなってしまった。

「猫は人間よりもすごいスピードで年をとる」という麻子の言葉が、麻子がサバの死以来久しぶりに取り組む漫画作品の内容とダブり、「老い」について考えさせられる内容になっている。そう言えば、高齢者の生活を疑似体験するための器具(シミュレーター)を貸し出す公共サービスもあるらしい(本作で、知りました)。

「ペットが病気になって死んでしまう前に、どうして早く気づいてあげられなかったのか」というやるせない気持ち、そして「果たして自分はペットの最期を看取ることができるのか」という不安な気持ちは、ペットを飼っている人なら誰でも抱くものだと思う。そして、自分の老いとペットの死・老いという避けられない影が、作品全体に立体性を加えているような感じ。

森三中が脇役として盛り上げるし、小林亜星や楳図かずおもちらっと出演している。何故か英会話講師が出てきてストーリーの合間合間に吉祥寺を紹介する様子も、ほのぼのしていてよい。音楽は、細野晴臣が担当していて、ほんわかとした感じの曲が多い。しかし、ラブ・ロマンスの要素まで入っているところが、本作には不似合いのような・・。いずれにしても、大島弓子の漫画、随筆や絵本も読んでみようという気になった。★3.6
スポンサーサイト
- | 16:27 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigafan.jugem.jp/trackback/115
 天才漫画家、麻子さんとグーグーの日常
悠雅的生活 | 2009/02/08 6:16 PM
監督・脚本:犬童一心原作:大島弓子出演:小泉今日子、上野樹里、加瀬亮、大島美幸、村上知子公式サイトはこちら。<Story>愛猫サバを亡くした女性漫画家の麻子(小泉今日子)は、悲しみで漫画を描けなくなってしまう。ナオミ(上野樹里)らアシスタントも心配で
NiceOne!! | 2009/02/08 6:30 PM
大島弓子さんの自伝的エッセイ漫画を原作に犬童一心監督がキョンキョンを主演に映画化した作品です。犬派な私もこの映画はとても楽しみにしてたんですよね。特に大島弓子さんのファンというわけではないけど記憶にあるのは『綿の国星』と『毎日が夏休み』かな? 出演
カノンな日々 | 2009/02/08 10:00 PM
映画「グーグーだって猫である」公式サイト 原作:大島弓子 監督・脚本:犬童一心 出演:小泉今日子 、上野樹里 、加瀬亮 、大島美幸 、村上知子 2008年/日本/116分 おはなし Yahoo!映画 吉祥寺在住の漫画家、麻子(小泉今日子)が締め切りに追
Rabiovsky計画 | 2009/02/08 10:54 PM
グーグーだって猫である ニャンダフル・ディスク付き(初回限定特別版) [DVD]犬童一心は悲しみを含んだ幸福を描くのが本当に上手い。繊細で内向的な天才漫画家の麻子は愛猫のサバが息をひきとったことがショックで漫画が書けなくなるが、ペットショップで出会った子猫グ
映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 | 2009/02/08 11:25 PM
グーグーだって猫である’08:日本 ◆監督・脚本: 犬童一心「眉山 -びざん-」「メゾン・ド・ヒミコ」◆出演: 小泉今日子、上野樹里、加瀬亮、大島美幸、村上知子、黒沢かずこ、林直次郎◆STORY◆愛猫サバを亡くした女性漫画家の麻子は、悲しみで漫画を描けな
☆C'est joli〜ここちいい毎日を〜☆ | 2009/02/09 11:22 PM
グーグーだって猫である ニャンダフル・ディスク付き(初回限定特別版) [DVD]小泉今日子, 上野樹里, 加瀬亮, 大島美幸(森三中), 犬童一心角川エンタテインメント 2009-02-06by G-Tools 漫画家の麻子は十数年飼っていた愛猫のサバを亡くす。 次に迎えた猫は、体にう
菫色映画 | 2009/02/10 1:41 PM
小さな幸せにあふれている女性まんが家とネコの愛おしい日々! 天才漫画家、麻子さんの家に新しい仲間がやって来ました。愛猫グーグー!一人と一匹の、なんとも愛しく、幸せな日々。毎日がちょっぴり楽しくなる、新鮮な感動をもらちゃう作品です。 物語:人気漫画
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2009/02/11 4:32 PM
日本映画は一部の監督と作品を除き相性がよくないのかもしれない。。。ストーリーとしては、人気漫画家小島麻子(小泉今日子)のアシスタントであるナオミ(上野樹里)の視点から、とある一定期間の出来事を描いているんだけど、不満というか、もっとこうしたほうがいい
まてぃの徒然映画+雑記 | 2009/02/27 10:13 PM
たぶん悪い映画ではない、とかってに予測していた。だって監督・脚本は「ジョゼと虎と魚たち(2003)」の犬童一心。主演は「空中庭園(2005)」の小泉今日子それに共演に最近成長著しい上野樹里、「それでもボクはやってない」「硫黄島からの手紙」の加瀬亮が出ているのだ。
再出発日記 | 2009/03/01 12:06 AM
2ヶ月ぶりの舞台挨拶は、公開2週目に異例の追加舞台挨拶となった『グーグーだって猫である』である(爆)先週の初日は、加瀬亮ファンとこれを持って芸能界から引退となった林直次郎(平川地一丁目)のファンで埋め尽くされたからかな? それとも興行的にいまひとつな
|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο | 2009/03/01 6:20 PM
【鑑賞】試写会 【公開日】2008年9月6日 【製作年/製作国】2008/日本 【監督】犬童一心 【出演】小泉今日子/上野樹里/加瀬亮 【原作】大島弓子 【STORY】 麻子は吉祥寺に住む天才漫画家。愛猫のサバを亡くした悲しみで、漫画を描けなくなってしまう。そん
映画とキャラメル* | 2009/03/06 9:41 PM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.