あず沙の映画レビュー・ノート

しばらくお休みしておりましたが、そろそろ再開いたしました
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
出口のない海
2006  日本  邦画  ドラマ  戦争  
作品のイメージ:泣ける、切ない
出演:市川海老蔵、伊勢谷友介、上野樹里、塩谷瞬
 

横山秀夫原作ということで鑑賞したが、「半落ち」「クライマーズ・ハイ」「ルパンの消息」「震度0と作風がまるっきり違った作品。「静かな戦争映画」といった印象。時代は太平洋戦争末期、海の特攻兵器と呼ばれた人間魚雷「回天」に乗って敵艦に激突するという極秘任務を志願した青年たちの姿が、切なく等身大に描かれている。甲子園の優勝投手であった並木浩二(市川海老蔵)も、その中の一人。並木は、野球に熱中していた頃や、戦争に行くと決めた日々を思い出しながら、艦長の出撃命令を待っていた・・。

 

回天の操縦方法の学習する青年たちの姿、潜水艦内の熱さや空気の薄さに耐え忍ぶ姿や自分が出撃する前に仲間が出撃していくのを目の当たりにする姿が、生々しくリアルに描出されている。操縦方法が結構難しいこと、出撃しても海底に激突して失敗に終わることもあること、また回天が故障しやすいものであることまで、丁寧に説明されている。

 

艦長(香川照之)が敵船を見つけ発進させるシーン、爆発音を聞いた時に整備員たちが目をつぶって合掌するシーンでは、涙が溢れた。後半はこのように心に迫るシーンが多かったのだが、前半はやや冗長な感じが。リアリズムにこだわりすぎたのかもしれない。主人公の行く末(ネタバレ自粛のため書けませんが)も、本当にあった話がベースになっているのだとか。

 

夢を追い続けた青年たちは、なぜ二度と戻れぬ作戦に身を投じたのか・・。愛する人を守れると信じ、お国のためと信じ、人間魚雷なるものが存在したことを自らの命で後世に伝えようとした青年たち。派手に「反戦」を掲げた作品ではないが、静かな流れに、自ら志願して散って行った青年たちの姿を通じて戦争の悲惨さが物語られているような気がする。

 

生きて帰れば卑怯者と蔑まれ、お国のために散って行くことが立派とされたこの時代・・死への恐怖と死ねないことへの恥辱の間で葛藤する並木という青年を描いている点では、組織の中で葛藤する人間の姿を描いた横山秀夫の他の作品と共通する部分がある。個人と「国家という組織」の間で揺れる一人の人間の心が、しっかりと見えるのである。並木が父親に「国家とはなんですか?」「敵とは誰ですか?」と尋ねるシーンがある。

 

当たり前の話だが、戦争とは国と国との戦いである。戦争の相手国の個人個人にも家族があり、戦争がもたらす悲しみはどの国の個人にとっても一緒のはずである。個人で考えた場合、「戦争はよくない」ということになっても、国と国になった場合なぜ争いは起きてしまうのだろうか?個人としては、皆が幸せに生きることを祈っていても、国という組織になった場合「お国のために死ぬ」ことを尊いとし、死ぬことを運命づけられる青年たちが実際存在したわけだ。脱出不能の海底の人間魚雷に閉じ込められる恐怖に晒された青年たち・・その不条理さに、控え目なトーンではあるが観る者にこくこくと迫ってくるような感じで、圧倒された。エンドロールに流れる竹内まりやが歌う主題歌「返信」自体は良い曲なのだが、作品のイメージに合っていないような。原作者横山秀夫の観客へのせっかくの問いかけが、このエンドロールの曲によって掻き消されたような印象を受けた。★3.4

ユメ十夜

2006 日本 邦画 ドラマ ファンタジー
作品のイメージ:笑える、切ない、怖い、スゴイ
出演:松尾スズキ、小泉今日子、香椎由宇、阿部サダヲ、山本耕史

漱石の短編集「夢十夜」のオムニバス・ムービー。毎晩2夜ずつくらい鑑賞しようかと思っていたら、意外に引き込まれてしまい一気に観てしまった作品。独自の解釈や脚色が施されている部分も多いので、漱石ファンの方の中には違和感を感じる方もおられるかもしれない。しかし、これはこれとして楽しんでもいいのでは・・という気もする。原作の再読意欲をかき立ててくれる、不思議な世界にトリップできる、豪華なキャスト、いろんな監督の作品が楽しめる、という意味では、かなりお得な一本ではないか。

但し、それぞれ監督が違うだけに、良かったと思える作品とそうでないものとの開きが大きい。それぞれの評価・コメントは:

第1夜(★3):幻想的な世界に浸れるが、百年の愛の深さの演出がちょっと足りない感じ。「ツィゴイネルワイゼン」は良かった。
第2夜(★5):市川崑監督作品(モノクロ映像)。深いテーマがシンプルに表現されている。
第3夜(★2):怖さがあまり伝わってこない。原作では第3夜がいちばん気に入っているので、期待の方が大きかったか。
第4夜(★4):昔体験したことが夢に出てくるという懐かしい感覚が味わえる。
第5夜(★2):「天探女」のデフォルメがちゃちいような。
第6夜(★5)松尾スズキ監督作品(モノクロ映像)。テンポが良い。ダンスと音楽も楽しめる。
第7夜(★4):3Dアニメで、何故か英語。色彩が豊かで映像がすばらしい。
第8夜(★2):自由奔放なイメージが展開される。左脳ではなく右脳で感じてほしいということか。
第9夜(★3):ソツがない描き方だが、漱石の「夫婦」のコンセプトとは違うかも。
第10夜(★1):ほとんどお笑いの世界。お笑いは好きだけど、これはちょっとやり過ぎ。

・・というわけで、第2夜と第6夜が良かった。特に、第6夜がダントツ。第6夜でTOZAWAのダンスが観れたのは、(かなり個人的趣味になりますが)自分にとってボーナスだった。あと、プロローグ・エピローグは別に必要ないのではという気が。

総じて、評価は★3.6(上記平均+TOZAWAのダンスが楽しめた分のボーナス0.5)。
嫌われ松子の一生

2006 日本 邦画 ドラマ コメディ
作品のイメージ:かわいい
出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之

悲哀・・?それとも、ブラック・ユーモア・・?
コメディーと聞いて鑑賞したが、笑えなかった作品。かなり消化不良な感じ(なので、敢えてこの評価です)。

純粋だが浅はかなヒロイン松子(中谷美紀)が、それ故に不幸な目に遭いながらもそのピュアさを失わないというストーリー。実際にこういう人にはお目にかかったことがないので、かなり現実離れしているような。

幸せは人が決めるものではなく、自分の気持ちを持ちようということなのか。人を恨むことなく夢を見続ける松子は、不幸そうに見えても実は幸せなのか。松子の内面的なファンタジーがポップな色の演出で表わされているのは、確かにおもしろい。

映像、音楽、ストーリー、脚本・・・すべてビックリ箱の中にある珍しいおもちゃ・・みたいな感じで楽しめばよかったのか。

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.